« 弘中さんの新刊「顧客と語らえ」 | トップページ | これからのコンビニエンスストア(コンビニの未来像) »

2005年9月20日 (火)

「レンズの見た夢」

小倉リバーウォーク北九州の5階にある北九州美術館の分館で、

『レンズの見た夢...記憶を持った鏡の歴史 島根県立美術館所蔵写真展』

という写真展が開催されています。会期は9月10日(土)から10月16日(日)まで。

1839年に写真が公表されてから、160年以上が経ちます。ダゲレオタイプ(今回、本物がみれます)で産声をあげた写真は「記憶を持った鏡」と言われ、うつろう時の瞬間を留めようとする人々の情熱によってたゆまなく進化し続け、今や誰もが利用するメディアとなりました。洋の東西を問わず、写真ほどこのような短期間で発達し、さまざまなスタイルを確立してきた美術分野はありません。
 本展は、国内有数の写真所蔵を誇る島根県立美術館の欧米写真のコレクションをお借りして、写真の制作年代を追って詳しくご紹介するものです。その短いようでいてバラエティに富んだ写真の歴史と魅力を、ごゆっくりお楽しみいただければと思います。

おそらく九州発の本格的写真展覧会、とのことですが、はっきりいってオススメです

北九州美術館を見直しました^^;ぜひ一度は会場に足を運んでください。私も、期間中もう一度か二度いきたい、と思っています。

北九州市立美術館 分館
北九州市小倉北区室町一丁目1番1号リバーウォーク北九州5階
電話:093-562-3215
ホ-ムペ-ジ:http://kmma.jp/

リクエストとしては、ぜひ次は日本の写真史を振り返る展示を考えてください。
特に、戦前の作家たちの作品をぜひ。お願いします。

ところで、実は私も今日から写真の展示をします

今年8/5に百万祭りの一環として開催された「わっしょいYOSAKOI 2005」の様子をプリントして展示しています。場所は、門司港郵便局のコミュニティルーム"ぽると"です。よろしければ遊びにきてください。

明日、もうちょっと詳しく書きます。

|

« 弘中さんの新刊「顧客と語らえ」 | トップページ | これからのコンビニエンスストア(コンビニの未来像) »

コメント

御来館ありがとうございました〜!!!歓喜
私も仕事を越えて超おすすめです。
でもこの自主企画展覧会が実数として成功するか否かで
今後の美術館と写真との関係に至るので、ぜひ多くの来館者様にいらしていただかなくてはなりません。。。
私は今月末まで勤務しておりま〜す、ぜひぜひまたいらしてくださいね。
そして来月には、ところ近くして「銀・ギラ・Ag」を開催します。こちらもおこしくださいね。

投稿: mihoko F | 2005年9月20日 (火) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/6028187

この記事へのトラックバック一覧です: 「レンズの見た夢」:

« 弘中さんの新刊「顧客と語らえ」 | トップページ | これからのコンビニエンスストア(コンビニの未来像) »