« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月27日 (日)

久保直美さんが京都ホワイトキューブギャラリーで作品を展示

皆さん、11月最後の週末はいかがでした?

早いもので、今年も後一月ほどです。本当に、あっという間に一年が終わろうとしておりますが、正直、どうもピンと来ません。ただ毎日が加速がついたように異常にあわただしく過ぎ去っていく感じの今日この頃・・・。んなことは横に置いておいて、

さて、ちょっと遠いのですが、京都のギャラリーが開催する企画展をご紹介します。

11/22から、ホワイトキューブ京都というギャラリーで、「アートマカロニ」という展示会が開催されています。

・ホワイトキューブ京都
〒 604-8035 京都市中京区新京極通三条下ル詩の小路ビル4F
TEL/FAX 075-241-0118  地図

なんでそんなとこの展示会を紹介するの?と言われそうですが、実は、11/29から、北九州の銅版画家である久保直美さんが出展されるのです。

いいですね。こうやって北九州のアーティストが、どんどん東京や大阪・京都などで作品を発表するべきだと思います。作家と観客は、相互連関のスパイラルな関係だと思いますから、目の肥えた客の前に展示できることは絶対に作者に得るものがある機会だと思います。

そういえば、京都に行ったのは、三年前かなぁ・・・。
またじっくり腰をすえて街めぐりやらギャラリーめぐりしたいなぁ・・・。

ギャラリーのwebsite

久保直美さんのwebsite

2005_11_artmakaroni1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

麻生八咫さんが功山寺に登場 &+不満(AISASとか言わないけど・・・)

今頃紹介しても遅いのですが、

昨日のパーティにも出席いただいた麻生八咫さんが、本日夕刻功山寺の万灯会で活弁をされるそうです。

お時間のある方は、ぜひ。

それにしても、このイベント、ちょっとblogに書いて紹介しようとしたら、どこにも情報がない。
ほとほと困りました。検索して出てくるのは去年の記事ばかりで、今年何をするのかさっぱりわからない。何時麻生さんが登場するのかも、やっぱりわからない。
探し回ってようやく見つけたのはmixiの長府コミュニティでポスター一枚(黒子さんありがとう!!)。最後は、電話で照会しました。

AISASとか面倒なことはいいませんが、集客したいのなら、せめてテキスト一行でいいポスター画像一枚でいいですから、ネットに置いてください。googleに掴ませてください。と切にお願いしたい気持ちになりました。
(あっ、ポスター画像は、文字が読めるサイズでお願いしますね^^;)

AISISという概念については、こちらとかこちらとかご参考にどうぞ。私は、イベントなどでも参考にできる考え方だと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松永さんの出版記念パーティ

昨晩は、松永さんの著作「望郷子守唄~バナちゃん節のルーツを探る」の出版記念パーティにお邪魔してきました。
にぎやかな、良いパーティでした。

後半は大話術大会の趣が・・・

方城斎天山流のオリンピック全参加国暗誦とバナナの叩き売り実演。楽しかったです。北京オリンピックの時は天安門広場で実演、ぜひ実現させてください。
そして、春に「無法松の一生朗読会」に出演いただいた麻生八咫さんが活弁の一節を披露。NHKの向さんによるアナウンサー特訓用の早口言葉の紹介と、口伝の技を堪能しました。

最後に松永さんがギター演奏。私は、初めて聴かせていただきました。

楽しい時間でした。

さて、会場で撮影した画像の配布する準備をしなければならないかな。

画像 左:方城斎天山流バナナの叩き売り
    右:松永さんのギター演奏

2005_1126_PICT6000 2005_1126_PICT6098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

ながの縁日祭

昨日、自然大学校に顔を出したときに広報チラシ貰ってきました。

小倉南区の長野緑地で日曜日に色々やるみたいです。

天気がよければいいですね。

お時間のある方、遊びにいかれたらいかがでしょうか?

2005_1127nagano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

FantasyとしてのEco

北九州エコライフステージ2005の一環として開催されている

「FantasyとしてのEco  ~エコロジーデザインを考えるための講評型展覧会~」

に行ってきました。

北九州エコライフステージ2005というイベントは、そのスケジュール表を見ると、正直「これ、エコ?」と首をひねらざるを得ないイベントもありますが、この展覧会は、ストレートにエコとして考えていいな、と思います。(誤解のないように一言添えておくなら、個々のイベントの内容・質について云々と言っているのではなく、"エコ"というくくり方が変ではないか?と思えてならない、ということです。正直、"北九州エコライフステージ"というイベントそれ自体のトータルテーマが見えないのです)

"FantasyとしてのEco"は、技術的、経済的な側面から効率性の良さばかり追求されるか、倫理的な側面から賞賛、あるいは断罪する基準とされるばかりで"Eco"というものを捉えてよいのか?Ecoである生活とは、どういうものを使いどういうスタイルで暮らすことなのかを考えるべきではないか、という問いかけと、それに対するデザイナーたちの回答です。無論、その中にはただの夢物語(Fantasy)もありますが、こうやって問いかけ答えることで、Ecoである生活のイメージを掴んでいこう、という試みです。

たとえて言えば、Ecoである生活のiPodを探す試み、とでも言えばいいかもしれません。

携帯版のデジタルオーディオプレーヤーは星の数ほどありますが、マックのiPodほどそれを象徴しているものはありません。iPodの登場とその圧倒的な人気により、デジタルオーティオプレーヤーはカセット・CDを駆逐し、音楽を聴く携帯メディアの主流として認知された、といってもいいでしょう。
逆に、iPodという製品がなければ、「携帯メディアで音楽を聴く」という行為が=デジタルオーティオプレーヤーを使うのが普通、という認識はされなかったかもしれません。携帯メディアで音楽を聴く「方法のひとつ」でしかなかったかもしれません。

Ecoというものも、それがこれからの我々の生活のあり方である、というのなら、生活=Ecoの配慮があるべきもの、という認識を人々の心に植えつける象徴的な何かが必要でしょう。それは、「家」という箱かもしれないし、都市計画というソフトかもしれない。それを考えて、探して、提示してみよう、という試みは、意味がある、と思いました。

この展覧会は、11/22から11/27まで。
会場は、馬借のd3(ディーキューブギャラリー)とcream。

この週末、小倉の市街に遊びにいかれるなら、ちょっと足を伸ばしてみませんか?

地図(クリックで拡大されます)
2005_11FantsyECO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

角文研の支部をmixiに開設

角打文化研究会のコミュニティをmixiに開設しました。

先日の将来検討委員会で、事務方のkimさんの負担を減らせるから、と提案した手前、言いだしっぺとしてコミュニティを作ったのですが、考えてみれば作る=管理人でした。

自分の首絞めたかも、と今頃気がつくバカモノ^^;

まぁ全然OKですけど。

さっきの娘の画像がカウンターでの角打を彷彿とさせるので、ちょっとワルノリ。

2005_1119_DSCN1861

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の近況

もうすぐ七ヶ月。最近、摑まり立ちができるようになりました。

我が家は大きなちゃぶ台を使っているのですが、摑まるのに丁度よい具合のようです。

もう、これで机の上も大人の聖域ではなくなりました。食事をしていると這いよっきておかずの皿も味噌汁も隙あらば手を伸ばして握ろうとします(そしてひっくり返す)。

暫くすると、足が縺れて倒れます。ゴン、という鈍い音を聞くと、心臓が止まる思いです。身動きできなくなって泣きだす声をきく方がなんぼもましです。

大人は翻弄される毎日です^^;

2005_1119_DSCN1858

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

リバーサイドコンサートの模様公開しました

10月8に開催された「リバーサイドコンサート」の模様を公開しました。

http://kitakyushu.tv/~mojiko/2005_1008RSlive/index.htm

スミマセン、ようやく作りました^^;

実は、動画の取り込み自体は早々に済ませていたのですが、PCが次々とクラッシュしたりで、中々作業できませんでした。(ついでに私のテンショも妙に低空飛行続きだったものですから・・・)

それに、ムービー形式も悩みがありまして。そろそろiPod用に書き出す必要があるかなぁ、と。
ところが、よいソフトがないんですね。
QTがあるじゃん、と思ったのですが、エンコードにでたらめ時間がかかって・・・
なんで40分の動画のエンコードが4時間かけて半分しか終わらないの?ダメじゃん。
とか、やっているうちに時間がズルズルとたって今頃公開になってしまいました。

スミマセン^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

西蓮寺の人形劇公演終わる

昨日、11月13日は、もうひとつ、川村さんの西蓮寺の野外人形劇「龍神と義経」の最終日でした。スタッフの皆さん、ほぼ半年の長丁場、お疲れ様でした。

初日について書いた記事
西蓮寺のサイト

最終公演終了の記念写真(レトロ室の皆さんとスタッフ)

005_1112_PICT5768

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねんりんピックのおもてなし企画ということで

ねんりんピックのおもてなし企画ということで、日曜の朝はゴミ拾いをしてきました。

自然大学校の岡本さんから呼びかけがあったもので、私としては今年なかった「ギネスに挑戦」のかわりです。

それにしても、ゴミのほとんどはタバコの吸殻ですね。やはり紙巻タバコの販売はやめましょう。吸いたい人は、パイプや煙管にすればどうでしょね?

画像と関係サイトへのリンク

昨日のゴミ拾いのスナップ
アースマンのゴミ拾い
199沿いで探しているところ

昨年の「ギネスに挑戦ゴミ拾い」のゴミ集積所スナップ
(実は私が店番志願するまで門司港は集積所が設定されてなかった^^;)

昨年のごみ拾いが世界記録となったことを紹介した記事

ねんりんピックのサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

福岡ヒーローフェスタにアースマン登場

この週末、博多で「FUKUOKAヒーローフェスタ2005 ~国際ヒーロー映画祭~」という催しが開催されます。

この催しは、「アジアとの交流玄関都市である福岡を、世界への“ヒーロー”ジャンルのコンテンツの情報発信基地とし、同時に地域の観光・文化及び産業資源として育成することを目的に」した映画祭で、その一環として、ヒーローキャラの集合をしよう、というものです。
実行委員長は、藤岡弘さん。

で、ご当地ヒーロー、環境戦士アースマンも参加して、11日のプレイベントであるヒーローパレード等、イベント期間中各所に登場するとのこと。

アースマンチーム、頑張れ!!
なんとかお手伝いにいきたいけど、諸々仕事もあるし、年賀の配達もあるし、今週は動けない・・・。残念!!
藤岡探検隊長の真剣演武見たかった~。

FUKUOKAヒーローフェスタ2005オフィシャルサイトはこちら

アースマン活動の母体「北九州tv」はこちら
こちらでイベント開催の発表記者会見の模様を放映中

考えてみれば、この分野って日本のソフトパワーが一番世界進出している分野のひとつなんですよね。ちなみに、13日にはご当地怪獣ラドンの上映もあります。さて、この怪獣を憶えている人、いるかなぁ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

「いわみかおりとオールトの雲」ライブ

mojiko.comの魚住です。

この春から西蓮寺さんが行ってきた義経の野外人形劇が13日で終了です。(ココ)

野外ですから、色々神経をつかうことが多かった、と思います。皆様、お疲れ様でした。

さて、その人形劇に夏から「いわみかおり」さんという、地元で活動されているボーカリストの方が参加していますが、そのいわみさんのライブが、週末黒崎であります。

「いわみかおりとオールトの雲」ライブ

場所は北九州市八幡西区引野2丁目6−3 (google map)
11月12日(土曜日) OPEN19:30 START20:00 

オリジナルバンドでの今年最後のライブで、
オリジナル曲と邦楽洋楽のカバーなどをするということです。

お近くの方、お時間のある方、ぜひ。

いわみさんのwebsite & blog

・いわみさんの登場ししている西蓮寺の人形劇のポスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

バイオ帰る 年賀はがきの販売始まる

mojiko.comの魚住です。

里帰りしたバイオU、無事に戻ってきました。

壊れた理由は、ACアダプターが壊れて供給電圧が下がりっぱなしになったので保護回路が働いていたそうです。
Mailログも無事戻って、とりあえずホッとしています。それにしても、んなもの普通壊れるだろうか・・・?
SONYさん、こういうところの「華奢」さが「SONYタイマー」という都市伝説に繋がっていると思うのですが・・・。

それはともかく、11月になりました・・・。

11月といえば、もうこれですよ。

「年賀はがき販売」これです。

今年も郵便局員が年賀葉書の販売に狂奔する季節がやってまいりました。
皆様も、ぜひ
私から買ってくださいね
清くなくてもいいですから、一票いや一言ご連絡お待ちしておりますm(..)m

ご購入いただいた皆様には、経済的に意味のある相応のお礼をする余力がないものですから、毎年、ささやかなお礼として壁紙画像をプレゼントしております。

今年のプレゼント画像は、こちらから4カット選んで頂こうという趣向です。

「写真としてどうよ?」と聞かれても困るのですが、まぁどこで買っても同じ商品ですから、画像はついで、ということでよろしければぜひ私からどうぞ。

あぁ、それにしても、タマ(商品)がちゃんと届くということは、いいことですねぇ。ホント、こうして安心して話題にできるのは、去年くらいからですよ。まぁ一部新しい商品は、相変わらず「いつも見た光景」なんですけど、あれで最終的には売れ残った、にならないことを切に祈ります。

お年玉年賀はがきと宝くじを合体させたら、面白いだろうなぁ・・・ボソ
まぁ私の趣味じゃないけど・・・。でも個人的にやってみようかな。ご購入者抽選で一名様に「純米酒UOZUMI」プレゼント、とか^^;

その純米酒UOZUMI 、リニューアルします。こんど書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »