« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

バリアフリーとユニバーサル

もうかなり昔に受けた講演のことを記憶で書くのでいい加減なこと書くかもしれませんが。

昔、ユニバーサルデザインというものについて、アメリカの方が解説する講演会があったのですが、その時、講演者が最初に言ったのが、「10mの道を3mづつ、健常者用、盲人用、車椅子用と分けてもバリアフリーです。それに対して、10mの道をどんな人でも使えるようにするのがユニバーサルの思想です。」ということでした。専用化すれば段々細分化が求められて、やがて非効率の袋小路に迷い込む。ならば、全員で同じものを使いやすいようにしたらよいではないか、という思想に膝を打つ思いでした。

その後、「なぜアメリカ人はそう発想するか」ということに解説が進んだのですが、その根本は「法の下の平等」という意識だと。

「合衆国連邦政府には、アメリカ市民権をもつ人間に対して、平等に社会サービスを提供する義務がある」からだ、というのです。

もし、ある市民が足が萎えているからといってそれだけで不便である、というのなら、それは合衆国連邦政府が彼からの信託に答えていない怠慢ではないか、そう発想するというのです。

先週から明らかになった某ホテルチェーンの建設時の虚偽申告と違法改造、脱力しそうな社長の「なんか、いけないの?」といいたそうな記者会見を目にして、ふと思い出したので備忘録かわりに書いてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

レンズを買った

新しいレンズを買いました。

タムロン製造コニカミノルタ社チューニングのアルファ版11-18広角ズーム。

この時期にタムロン銘のレンズでは悲しいので、わざわざ高いコニカミノルタ銘を購入。

本当は、こんなレンズよりも六甲レンズの生き残りを急いで買うべきなのだが、とりあえずこれで広角から望遠までフルレンジ確保。

さて、実はこれとは別に実は試しにネットでSTFを購入してみたのですが、STF生産終了で在庫なし、と返事がきおった・・・。

自社サイトのレンズラインナップにちゃんとまだ出しているだろうが!!
最近のレンズラインナップの貧相さにも寂しい思いをしていたのですが、事ここにいたって作らないからないよ、と答えるそのやる気の無さに脱力。

だらしのない日本海軍ですら、大和を特攻させる時は「死にに行く奴に腹いっぱい食わせんとは許せん」と現場の連中が蓄えはたいて満タンに燃料積ませたぞ。
一本でも多くこの世にレンズを残そうとは思わんのか!!

なぜ、この老舗が看板を下ろすのか?

やる気まるで無くして、放り投げたのだとよく分かった。

経営で給与もらっていたやつらは3月末をもって全員吊るされろ!!
魔女の鍋で煮られろ!!食われてしまえ!!

と、一晩一人で罵って少しすっきり。

で、今日は二日酔い・・・

2006_01_PICT6262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

シンポジウム  お役所仕事にもの申す

mojiko.comの魚住です。

月曜日に、職場の方に北九州ミズ21委員会というところの方が来られて、掲示用ポスターとチラシをお預かりしたので、勝手ながらこちらでも紹介しておきます。

第9期北九州ミズ21委員会活動報告会  ~お役所仕事にもの申す~

内容:「お役所仕事改善プラン21」2年間の活動成果報告

日時:平成18年1月27日(金) 13:30~16:30(受付13:00~)
会場:北九州芸術劇場(中劇場) リバーウォーク北九州6階

【プログラム】

(基調講演) 13:40~
題目:21世紀型公務員のあり方
                ~スーパー公務員養成塾を通じての考察
講師:鈴木 英敬 氏
           (経済産業省資源エネルギー庁電力・ガス事業部
            電力市場整備課 課長補佐)

(活動報告会)15:00~
「縦割り行政の改革」、「市民・行政・企業の役割」、
「PR・情報発信」、「職員の意識改革」、「施設のあり方」

※入場無料、託児あり(要予約・有料)

お問い合わせ、申し込み先 (お電話・ファクス)
北九州市企画政策室企画政策課
TEL:093-582-2153
FAX:093-582-2176

講師をされる鈴木英敬氏についてのプロフィールはこちらに。
今までの活動について触れられているblogとしてこちらこちらをgoogleで見つけました。

"アントレプレナーシップを持った「公務員」"

とても興味を惹かれますが、私は部外者ですし、平日ですから、お邪魔するわけにもいきません。残念。

2006_01miz1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

悲しいニュース さようならミノルタ

http://konicaminolta.jp/about/release/kmhd/2006/0119_04_01.html

二十年連れ添った目玉を失うことになったようです。残念です。

十代の終わりに大病をして、生きて娑婆に戻れたら、一生付き合える納得できるカメラシステムが欲しいな、とか思って選んだのが老舗ミノルタのアルファシステムでした。その終わりの日を見ることになりました・・・。

実は待ちに待った7Dを買うと同時に、入れ違うように9000が息絶えたのですが、ゴミとして捨てることができずにオブジェになっています。9xiも、多分二度と撮影に使うことはないだろうと分かっていながら、処分できません。

二十代・三十代初めの頃は、この二台にわざわざコニカのフィルムを取り寄せて装填して撮っていたものです。

アデュ、プアマンズライカ!!

アルファシステムは主の命令通りその能力を失うまで撮影せり。
六甲レンズの再興を祈る

-DAK(ドイチェランドアフリカンコープ)の最後の報告文のパクリ ^^;) -

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

土曜日に旧百三十銀行ギャラリーで

mojiko.comの魚住です。

mixiで門司港についてあつい議論が沸き起こっている今日この頃。

ホリAモンのところに正義の味方とやらが現れ、随分ちんけな罪状で家捜しを始まる前から、家宅捜索開始と報道する風説の流布が巻き起こり、ここぞとばかりに遺恨を晴らすまねっくずに追い立てられ、追証を入れるため現金かき集めるデイトレーダーの必死の形相に怯えた博打場の胴元が筵に包まって目と耳ふさぐ今日この頃。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

こんな火事場のど真ん中でGSの投信買った私はバカでしょうか?

それはともかく、mixiの方でイベントの案内をもらったのでご紹介します。

展覧会名  BEYOND NEW YORK ~果てしなき夢へ向かって~

会期 2006年 1月18日(水)~ 27日(金)

オープニングレセプション 2006年 1月21日(土)5pm~8pm

場所 旧百三十銀行ギャラリー 

   住所 北九州市八幡東区西本町1丁目20番地の2
   電話 093-661-9130
   E-mail gallery130@r8.dion.ne.jp

企画 A-forest Project / A-forest Gallery NY
E-mail info@a-forestgallery.com
HP  www.a-forestgallery.com

主催者ご挨拶の転載

世界のアートの中心都市ニューヨーク。そこでは、数多くのアーティストたちが世界各国から集い、各々、母国の文化を背景に創作活動に勤しんでいます。そんなニューヨークの作家20名の作品を一堂に会し、国際的文化交流を趣旨とした美術展覧会「BEYOND NEW YORK ~果てしなき夢へ向かって~」を下記のとおり、開催する運びとなりました。これまで、直接触れ合うことの少なかった、アメリカNYの美術を福岡の方々に紹介させていただき、現代のアートの中心都市NYと福岡とをダイレクトに結合させる場を提供させていただければと存じます。それにより、国際交流の促進はもちろんのこと、東西両都市の新たな文化的パイプラインの形成に寄与できることを切に願っております。更に、この企画が僅かながらでも、新時代の美術を切り開くきっかけとなることを期待してやみません。                                   

エー・フォレスト プロジェクト

土曜日は、角打文化研究会の総会ですから、参加できません。

残念。

でも、時間を見つけて、この展覧会には足をのばしたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

Mitchanさんのライブ

mojiko.comの魚住です。

今度の土曜日、1月21日に、MitchanさんのLiveがあります。

ポスター画像

Mitchanさんとは、このライブを取材して知り合いました。年に数回の割合で、コンスタントに門司港でライブを続けて、今回でもう31回目になります。

Mitchanさんご自身のサイトブログでも触れていただいてますが、実はこのポスター、私がデザインしました。

よいものができたと喜んでいただいているのですが、私の方は恐縮しておりまして・・・。

というのも、実は最初に「ポスター、あぁ私の方で作りますよ」とお約束したのが去年の11月の末。そのときは、12月の遅くとも中旬にはお渡しできるだろう、と高をくくっていたのですが、その直後から思わぬことで忙しくなり、中々製作が手につかず、ようやくデータCDを送付できたのがなんと先週・・・。

私のトロさのせいで広報時間が思いっきり短くなってしまい、大変申し訳なく思っております。それで、お詫びもかねて私の方でもA-3ノビサイズで印刷して、ランドホーさんとドルチェ (どるちぇ )さんに掲示をお願いしております。

さて、土曜日にお時間のある方、門司港に遊びにこられるご予定の方、よろしければフラリとライブを覗いてみられたらいかがでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

情報2つ ひな人形募集と古賀ゆきひとさんの講演会

mojiko.comの魚住です。

藻谷さんから先日と15日に下関で行った講演資料のパワポファイルをいただきました。

ご興味のある方、ご連絡ください。

さて、今朝は簡単ながらインフォメーションを二つ

1.ひな飾りを集めているそうです。

2月・3月にレトロ地区で飾る「ひなまつり」に使うおひなさまを、募集しているそうです。詳細は分かりませんから、下記にお問い合わせください。

・レトロパーク門司港 093-331-1260

2.古賀ゆきひとさんの講演会

FBSのアナウンサー古賀ゆきひと氏の講演会が開催されるとのこと。

・題  「今、どうなっているの」 メディアとの付き合い方について

・講師 古賀ゆきひと (FBSアナウンサー)

・日時 2月4日 13時30分~15時まで

・場所 門司区下馬寄 レディス門司

要予約 先着80名、入場無料

参加申し込み レディス門司 093-371-4649

今年も、ひな人形が街の各所に飾られるのでしょうね。

こんな感じに 1 , 2

少し楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

東門司のキューピー堂が閉店してました

mojiko.comの魚住です。

東門司のお寿司屋さん、キューピー堂。
清滝に生まれ育った私にはあまり縁はなかったお店ですが、清見の人にとっては馴染み深いお店ではないでしょうか?

そのキューピー堂、昨年の12月で閉店していたそうです。 画像

街角の商店が櫛の歯が欠けるようになくなっていくのは寂しいものです。

ところで、東門司近辺、幹線道路から一歩入ったあたりといえば、住宅とお寺・教会の町というイメージですが、意外にお店もあったりします。

最近撮影していないリハビリも兼ねて、とりあえずお散歩photoを何枚か撮影。

画像1

画像2

画像3

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

モロッコのラガービール カサブランカ

mojiko.comの魚住です。

昔作っていた門司港NOWのコーナーで、番外編として作ったノスタルヂアさんのお店紹介に久しぶりに手を入れました。

と、いうのも、先日、「角打文化研究会」月例会の最終終結地にノスタルヂアさんになってもらってワイワイやったときに飲んだビールがとても美味しかったから、ちょっと紹介したくなったもので・・・。

モロッコって、イスラム圏なのにお酒作っているのですね。

よくこんなお酒見つけてきたなぁ、と思いました。なんでも輸入元もフランスワイン買い付けのついでに買ってみたものらしいのですが、これは当たりだと思います。ドライ戦争と無縁の世界から来た、たいへん美味しいビールでした。オススメです。

そのビールの画像はこちらにあります。
門司港 NOW 番外編  たまに遊びに行く近所のお店

付記

ロンドン在住の方からトラックバックを頂きました。
モロッコのこと、色々紹介されています。料理の紹介読んで小腹が空きました^^:

なんか美味しそうなもので・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

今日は藻谷さんの講演。

今日は、藻谷さんの講演会。

集客が心配です。何人集まってくれるかなぁ・・・。

日本政策投資銀行の藻谷浩介氏の街づくりについての講演会が
門司港で開催。

日時 1月10日(火)18時30分~20時
場所 港ハウス
先着150名
入場無料
申し込み 門司区役所まちづくり推進課
       TEL 331-1881(内線)260

夕方お時間のある方、ぜひご参加をm(..)m

追記

講演は無事に終了しました。

無事じゃなかったかな?空調にタバコの煙が染み付いていて、講師は辛そうでした。こんなかんじでタバコのおそろしさを見るとは思いませんでした。

それはともかく、とても勉強になる講演会でした。blogではこの講演会について取り上げているのはこちらだけみたいですが、mixiの方などではけっこう書き込みがありました。

下記は講師へのお礼のつもりで書いた私のmailです。貰ったmailは公開できませんけど、こっちはいいでしょう。資料としてここにおいて置きます。

> mojiko.comの魚住です。
> お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
> 一昨日の港ハウスのご講演、ありがとうございました。
>
> 観光客は生活文化を消費する、だから、その街の人
> 自体がどんな生活文化を育てるが大切、というご指摘、
> 肝に銘じます。
>
> といって私に何ができるわけでもないので、せめて、
> 「夕日を浴びながら散歩しませんか?私はそれが大好き
> ですから」といつものように言い続けます。
> 後は、門司港で発表する活動、それがライブであれ、個展
> であれ、少しでも協力して支援したい、とか思っています。
> もっとも、これも相変わらずの代わり映えのない活動ですし、
> 昔みたいに「モンマルトルやソーホーもただの安宿・ボロ倉
> 庫、住んだ貧乏アーティストが当たったからブランドになった
> だけ、なぜ北九州がそうならないと決め付ける?」なんて大口
> は叩きません。
> ハコの新設も魅力も、暫時衰える以上、パフォーマンスの場
> としての魅力で発表者とつながりのある人を大切にもてなし
> ていく以外、手はないだろう、という気はしますが、正直な話、
> 門司港の未来を考えるとき、閉塞感は否めません。
>
> ところで、門司港の観光開発は小樽の街づくりを参考にし
> たそうですが、友人の時計屋に小樽の方が来て、小樽は
> 今では全く面白みが無いし、訪れる客も減ってしまった、と
> 嘆かれたそうです。
>
http://mojikostyle.blog16.fc2.com/
> ちょっと驚きました。
> 人々が飽きることなく消費する生活文化は、少々のことで
> はとても育成できるものではないな、と思います。
>
> それにしても、若者が今よりさらに50パーセント減というのは、
> 厳しい未来だなぁ、と改めて思います。"Thought Leader"*1の
> 生まれる余地のない一足先に死んだ社会になってしまいそう
> な予感がします。門司港も、日本全体も。
> 特にこれから70代になる世代は、サラリーマン的な成功意識
> と階級序列意識の強い人々で、そういう人が参加すると、横
> に連携して事を成すボランティア的な集りを変に歪めて困る、
> という話も耳に挟んだことがありますし。
>
> 少ない若者が、良い意味で街の若様になって、良い長老たち
> (*2に出てくる米長さんや樋口さん)が彼らを伸ばす、そういう
> 未来になって欲しいな、と思うのですが、サラリーマン的成功
> 意識と階級序列意識って、妙な怨念というか、嫉妬を育てます
> から・・・。難しいかもしれない、と思います。
>
> *1
>
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/17/easo_1207.html
> *2
>
http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/ae6aebce87268f189b807dacbe92b1b5
>
> スミマセン、お礼のmailで、妙なことを口走ってしまい。
>

改めて、藻谷先生、ありがとうございましたm(..)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

けーばらさんの仮装大賞出演

seamoonHYPERさんとこで知りました。

門司在住のけーばらさんが久しぶりに欽ちゃんの仮装大賞に出演されたそうです。

で、今晩、放映されるとのこと。

お時間のある方はぜひご覧ください。

けーばらさんのwebsite「恋輝の裏通り

*こうやってお知らせできるのも久しぶりです。懐かしいな。
(追記) moveがnet内に残っていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショック!! 下関駅が炎上

朝一番、MSNで毎日新聞のニュースをみて愕然。

JR下関駅(山口県下関市竹崎町)で午前2時5分ごろ出火、強風にあおられて激しく炎上し、木造4階建ての駅舎と乗務員センター、隣接する飲食店などを焼き、約3時間後に鎮火した、とのことです。

これにともない、山陽線の小月-門司間と山陰線長門-下関間で始発から運転を見合わせている、とのこと。

NEWSはこちら

びっくりしました。

*現場に写真撮りにいこうか、とも思ったのですが、タダの野次馬ですから、止めました

追記

もう迷惑にはなるまい、と思い15時頃に下関駅前に行ってみました。

これが、本日午後の現場の映像です。2006_0107_PICT7549

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

今日から普通の日常

さて、今日から普通の日常です。

溜池通信が新年そうそう「惰性の偉大さ」を説いているのを拝見。「惰性」という言い方は適当な語かなぁ、と思いますが、「習慣」と言い換えれば、まったくその通りだな、と思います。習慣化してスケジュール化することが続けていくこと大事なポイントだと、そう思いますし、続けていくことでしか生産できないもの、というものはあるものだと思います。

そういえば、★SMILE★さんに「七つの習慣」とかいう本を勧められていたので、こんど読んでみようかな・・・

習慣といえば、最近「撮影する習慣」が減りつつあることに危機感を憶える私です。

悲しいかな、写真屋はカメラという道具がないと何もできない。そして、カメラを携行することが明らかに減っている・・・。自然、撮らない。という少々まずいスパイラルになりつつあります。

アンリ・カルティエ=ブレッソンだったか、達し押しも押されぬ大家となった晩年、若いカメラマンが常日頃からカメラを携行していないのを見ると、「お前はそれでもカメラマンか!!」と一喝していたそうですが、今の私なんぞ一喝されてもしかたがない性根のゆるさ^^;これは、なんとかしなければ・・・。

年末に見つけたのですが、こういうとってもいい写真のblogがありました。

こういう写真を撮ることを、blogを書くことを惰性化(習慣化)しなければなぁ・・・。

反省ばかりの年のスタートです。

追伸

いつも読んでいる雪斎さんという方のサイト、新年最初のエントリーが勝海舟の引用で始まっています。

これは良いものを読めました。「氷川清話」と「海舟座談」は三十代(-もう三十代ではない(T.T;) -)の愛読書でしたから、嬉しいです。

さて出勤だべさ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

お正月終わる 初湯をしている銭湯と初日の出クルーズ

mojiko.comの魚住です。

2006年のお正月も今日で終わり。なんか、慌しく過ぎてしまいました。

今、せっせと新年の挨拶とお詫びを書いているのですが、慌しさに負けて年賀状売っているくせにはがき一枚も出せずに年を越してしまった、という体たらくでして・・・。

結局三が日も何やら慌しくしているうちに過ぎてしまいました。とほほ。

それにしても、一日から、すさまじいところでは大晦日カウントダウンと共に初売り開始、というお店もあり、なにか年々正月らしさなんて薄らいでいるような気がしてなりません・・・。

まぁそういう世にあって変わらずお正月らしさを感じるのは、銭湯の初湯で二日の朝風呂に入ることでしょうか?

門司港の銭湯も減ってしまいましたが、昨日は以下の三店がお店を開いていました。

・庄司町のみどり湯 (photo)

・ご存知錦町の梅の湯 (photo) こんなblogもあります

・清見のきく湯 (photo)

やはり大の字になって暖まれる大きいお風呂はよいものです。皆さんもぜひ一度それぞれのお店で入浴を楽しまれてみてください。

残念ながら中の撮影を許してもらえたのは梅の湯の脱衣場だけですが、よろしければそれもご覧ください。

画像 1, 2, (子供の頃、この上に恐々と立ってこれを眺めたものです)
     3, 4,

ところで、mixiで知ったのですが、1日の朝『巌流島初日の出クルーズ』というイベントがあったそうです。

7時に唐戸を出航、巌流島で初日の出を拝んで、巌流島の『舟島神社』に参拝後、船上から『和布刈神社』と『赤間神宮』に参拝する1時間・3000円のクルーズだったそうです。

うーん、行きたかったなぁ^^;

こういう企画があるなら、昔から色々なとこで喋っている「お月見クルーズ」、門司港の岸壁で夕日を見て、船上から古城山・関門橋に昇る満月をめでるクルーズもぜひ実現して欲しいなぁ・・・。とか思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

2006 迎春

おはようございます。mojiko.comの魚住です。

謹んで新春のお慶びを申しあげます。

mojiko.comの方に、新年のご挨拶を掲示いたしました。

あの程度の画像しか用意できずに申し訳ないのですが、ご笑覧いただければ幸いです。

本年もどうぞよろしくお付き合いのほどを、お願い申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »