« ようやく手に入れた「上品で美しい国家」 | トップページ | GTDの教科書「ストレスフリーの仕事術」 »

2006年5月17日 (水)

Googleで自分の名前を引いてみる

mojiko.comの魚住です。

伊藤洋一さんが日経ビジネストレンドでアイディンティティ管理が必要になった現代ということで、「まず自分の名前をgoogleで引いてみましょう」と言われていたのを通勤中バイオU(おぉ、元祖OrigamiタイプUが商品ラインナップに復活!! α一眼と共にモノづくりSONY復活の狼煙となってくれ!?)のiTunesで聴いたのを思い出し、さっき久しぶりにやってみました。googleが初めて日本に上陸の頃、面白がってやった記憶があるのですが、何年ぶりだろう?

で、結果ですが、いやけっこう面白かったです。

社会起業家フォーラムへの投稿なんて、全く忘れていました^^;
最近、街づくりの要は、その街で住み暮らして活動を続ける人間の育成だという思いを強くしております」 云々などと、なかなかしゃらくさいことをこの頃からほざいていたか^^;
地域限定ですが、この街を面白くする人が食べていけるようなことでお役にたてれば、と思っておりますとか、読んでいていささか顔が赤くなりそうです。

まぁ、そういう私にプレゼントしてもらえる言葉があるとしたら、九分九厘
「その位にあらざるもの、その政を語らず」
ってところでしょうか^o^:)

それはともかく、ジョージ・オーウェル(George Orwell)関連リンクに私の駄文であるデジクリ・トーク DVDと「1984年」 がリンクされているのを発見。これは知らなかった。

つらつらと見ているに、けっこう昔のhttp://www2e.biglobe.ne.jp/~uozumi/へのリンクが残っているのですね。全部、mojiko.comへのリンクに書き換えてもらえたら、検索上相当有利になるのかも^^;

とかとか、先日のパークサイドコンサートを収録したDVデータをエンコードしながらのヒマ話でした。

|

« ようやく手に入れた「上品で美しい国家」 | トップページ | GTDの教科書「ストレスフリーの仕事術」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/10117386

この記事へのトラックバック一覧です: Googleで自分の名前を引いてみる:

« ようやく手に入れた「上品で美しい国家」 | トップページ | GTDの教科書「ストレスフリーの仕事術」 »