« 門司港に足りないもの | トップページ | Googleで自分の名前を引いてみる »

2006年5月16日 (火)

ようやく手に入れた「上品で美しい国家」

いつもwebを拝見している伊藤洋一さんが「上品で美しい国家」という対談集を上程された、ということでGW前から探していたのですが、日曜日にようやく本を手に入れることができました。小倉伊勢丹の喜多屋さんに、本当に一冊だけ残っていた。

ところで、魚町本屋めぐりをやってみて愕然。

ナガリ閉店しているじゃないですか!!

この間、福屋がリバーウォークに移転したし、魚町はついに本屋のない商店街になってしまったのですか・・・。

悲しすぎる

前回の伊藤洋一さんの著作について触れたエントリーはこちら

|

« 門司港に足りないもの | トップページ | Googleで自分の名前を引いてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/10093590

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく手に入れた「上品で美しい国家」:

» 日本人のものづくりの美意識 [日々是桜]
「最近、日本が他の国と違う点に一つ気がつきました。それは小学生のアンケート調査です。第一生命が、小学生3000人に、将来、何になりたいかをずっと調べていて、1998年に、「大工さん」が男子小学生のトップになったことがありました。 伊藤洋一「上品で美しい国家」より引用... [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 22時37分

« 門司港に足りないもの | トップページ | Googleで自分の名前を引いてみる »