« 目が痛い。明日の福岡行きに備えて早く寝よ | トップページ | α-DIGITALIST »

2006年6月23日 (金)

ワールドカップの敗退を見て

ワールドカップ、負けちゃいましたねぇ・・・。

見ていて思ったのですが、日本人って、世界一打たれ弱くないかな?

「こうしなきゃいけない」「シナリオから外れてはいけない」「失敗してはいけない」って感じの脅迫観念が強すぎて、失敗したらそこから先がゼロになる、動けなくなる、そこで畳み込まれる・・・。なんとなく、選手とチームにそんなパターンを感じました。

でもねぇ、描いている未来のシナリオも、それから外れた姿を「失敗」って思ってアタフタするのも、こっちの都合にすぎないわけで・・・。

だから、世界一打たれ弱いというのは、逆に言えば世界一得手勝手な思い込みが強い=世界一傲慢な頭をもっている、ということと同じでは?

なんとなく、選手がもっと個人としてゲームの流れ、ボールを取ったり取られたりをエンジョイしてほしいな、と思いました。サッカーには守備位置とか打順なんて決め事はないのですし、あらかじめ決めた「正しい姿」からどれだけミスをして離れたかを減点していく競争でもない。足だけでどれだけ点を取るか、の加算の競争ですから。
だから、ボール持ったらどんどん相手の只中に切り込んでいって、取り合いを楽しんで欲しい。世界一の場で世界一の連中とそれをすることを許された一握りのエリートなんだから、シュートでもビンチでも、嬉しいなり悔しいなりを、やってる選手が一番その状況を楽しんでほしい、という気がしました。

そういうある意味「傲慢な余裕」を感じられなかった選手たちの生真面目さと線の細さが気がかりな、超早起きの朝。

6/24付記

らくちんさんのこの批評はぜひ一読を

もう一つ付記

いいセリフだと思うのでここから転載
「野性的な身のこなし、攻撃的な精神、ディフェンスをかいくぐりゴールキーパーを交わしてゴールを奪う嗅覚。これらを備えた選手は、まさに神からの贈り物だ。日本にもいつの日か、このギフトが届くことを願うよ」

育てるとか、育成とか、日本では粘土細工か何かのように安易に語られますが、そもそも他人が他人を「育てる」なんて無理な話で傲慢な態度というものです。人にできるのは、「神からの贈り物」が伸びるさまを守ることと補助することだけでしょう。
だから、私も次期監督の選出は大事だと思います。(今の候補の方は、良い方ではないの?)

|

« 目が痛い。明日の福岡行きに備えて早く寝よ | トップページ | α-DIGITALIST »

コメント

やはり、ブラジルの技量は日本より格段に優れていると実感しましたね。ボールの支配率がはるかに日本を上回っていたと思います。確かに精神面から判断するとプレッシャーと悲壮感が日本の選手には漂っていたと感じました。

投稿: とくさん | 2006年6月23日 (金) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/10642534

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップの敗退を見て:

« 目が痛い。明日の福岡行きに備えて早く寝よ | トップページ | α-DIGITALIST »