« 昨日の商い塾の件、続き 勝手な野望 | トップページ | 環境戦士アースマンのショー »

2006年8月25日 (金)

シリーズもの にできるかな? うちの会社の首領はどんな人やねん 郵便事業会社編

仕事で、「局内報」といううちの職場(門司港局)限定の支部報をつくっているのですが、ネタに困って来年誕生する郵便4会社のトップに治まる人の紹介をしております。ネットで調べて。
んな記事いらんこと、といわれればまさしくそうなんですが^^;

で、今月号でまずは郵便事業会社の北村 憲雄氏のことを取り上げました。
わりとよく書けたかな、と思いますので、備忘をかねてここにおいときます。

門司港郵便局 局内報 平成18年8月号 から
<新会社CEOはどんな人?> 

 先月、新会社CEOが決定したニュースをお知らせしました。今月からは、各社の新しいトップがどのような方か、ご紹介していこうと思います。今月は、第一回として、
郵便事業会社のCEOになられる北村憲雄さんって、どんな人?

 北村憲雄は現在イタリアトヨタの会長を務める方。
 トヨタといえば「カンバン方式」というように製造ラインの経営努力が有名だが、イタリアトヨタは純然たる販売会社であり、生産は行っていない。
 北村が1996年1月に社長としてイタリアトヨタに就任した当時、イタリアでのトヨタ車の年間の販売台数は1万5200台だった。それが昨年は13万500台。実に8.5倍も拡大している。
 拡大した要因の一つは「ヤリス(日本名ヴィツ)」という優秀な商品の成功である。ヤリスはイタリアの車名別登録ランキングで昨年4位に入る大ヒット車となっている。
 しかし北村に「ヤリスは売れていますね」と言ったインタビュアーは「売っている、と言って欲しい」と切り返されたという。1996年からの十年間は、商品力だけで過ごした順風満帆な時代ではなかった。
 そもそも、欧州では、日本車は各種「自主規制」がかけられ、その規制の中でイタリアでは「ランドクルーザー」が売れていた。需要はあっても供給は拡大しない(できない)歪な構造の中、ディーラーは営業の労が少なくとも少量の車を高く売ることができる「利益志向」を当然としていた。
 その中で、北村は2000年からスタートする日本から欧州への輸出の完全自由化にむけて、販売体制の「量販志向」への切替を断行する。
 それは、当時94店あった販売店のスクラップ・アンド・ビルト。44店舗には辞めてもらい、76店をアサイン。イタリア全土を131のテリトリーに分け、大型店とその支店・ショールームという末端を置くネットワーク体制を確立する、という大規模なものだった。
 結果、以前は1店の売上平均は161台だったものを、890台平均まで伸ばした。が、改革の途上では、社員組合との軋轢(あつれき)、ディーラー協会との軋轢が頻発したという。時に怒りの電話がかかり、郵便受けにいろんな書類を投げ込まれ、車のガラスが3週連続で割られることもあったという。
 その中でも、「私はみんなの生活のためにやっている。業績を伸ばしていこうとする背景に、トヨタに勤める皆の家族がハッピーになり、トヨタの車に乗ったイタリア人がハッピーになってほしいという気持ちがある。みんなの夢を実現するためにやっている」そのための改革だと説明を続けてきたという。
 「人事刷新」「リーダーの入れ替え」を行い、「本社屋の建て替え」まで打ち出して一歩も引くことなく「量販志向」への改革を実現しながら、その一方で「トヨタのやり方を無理やり押し付けることはできません」とも言う。「(日本とイタリアの)両方の良さを融合することを模索したのです」と。
 イタリアトヨタの170人の社員のうち、日本人は北村を含めわずか4人しかいない。徹底したローカライズをしながら、「座っていてはだめ。自らの足で歩いて把握せよ」と社員に繰り返し説き「イタリアにある日本企業であると同時にイタリアの良き市民であり続けたい」と語り、豊田工科青年学校を作った創業者の故事にならうように、イタリア全土の職業訓練学校16校に自動車技術を学ぶコースを開講させ、車から作業着までさまざまな教材も提供して次世代の就業支援も行う、そういう経営者である。

資料としたwebサイトは下記のサイトです。感謝m(..)m
asahi.com イタリアトヨタに潜入成功
http://www.asahi.com/car/italycolumn/TKY200607140256.html
エルネオス  北村憲雄・イタリアトヨタ社長に聞く
http://www.elneos.co.jp/0203sf2.html
白梅亭 in Frankfurt am Main
http://umezawa.cocolog-nifty.com/blog/2004/08/post_2.html

次回は、郵便局会社の川  茂夫氏(現 イトーヨーカ堂執行役員)を紹介しようか、と思っているのですが、これがネットあさってもろくに情報がない。
ちょっと困っています^^;
どなたか、情報ください。ご協力お願い申し上げますm(..)m

|

« 昨日の商い塾の件、続き 勝手な野望 | トップページ | 環境戦士アースマンのショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/11599708

この記事へのトラックバック一覧です: シリーズもの にできるかな? うちの会社の首領はどんな人やねん 郵便事業会社編:

« 昨日の商い塾の件、続き 勝手な野望 | トップページ | 環境戦士アースマンのショー »