« 占領下岐阜として分割統治を | トップページ | 秋のライブをいくつか。 そして最後にピタゴラスイッチ »

2006年10月 2日 (月)

東京は三百人劇場で無法松の一生朗読会

おはようございます。門司港の魚住です。

朝、目が覚めたとき、まだ暗くて陽が昇っていないことに、しみじみ秋を感じる今日この頃です。

ところで、少し早いのですが、月末のイベントを一つご紹介。

「麻生八咫(やた)さんの活弁と朗読パフォーマンス」in東京三百人劇場

去年の春、シネマサロンが開催した「無法松の一生朗読会」が、東京は文京区本駒込の三百人劇場で31日に再演されます。
(無法松の一生朗読会については、こちら。当日の麻生さんのゲストトークはこちらです)

このパフォーマンスを見る北九州空港からの観覧ツアーも企画され、参加者を募集中です。
題して、「三百人劇場鑑賞と帝国ホテル2日間」。

月末で勤め人はひじょーに厳しい(私自身参加できない(T.T))のですが、皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加をお願い申し上げますm(..)m

この件についての西日本新聞の紹介記事はこちら
出し物のパンフレットと、鑑賞ツアーのパンフレットは下記の通りです。
(右クリックで拡大してご覧ください)
2006_10_aso2 2006_10_aso1

|

« 占領下岐阜として分割統治を | トップページ | 秋のライブをいくつか。 そして最後にピタゴラスイッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/12120165

この記事へのトラックバック一覧です: 東京は三百人劇場で無法松の一生朗読会:

« 占領下岐阜として分割統治を | トップページ | 秋のライブをいくつか。 そして最後にピタゴラスイッチ »