« 久しぶりに画像を | トップページ | 11月4日の最後の同窓会に参加予定 »

2006年11月 1日 (水)

アメリカでマイクロファイナンスを仕掛ける日本のバンカー

良いレポートだな、と思いましたのでメモ。

ノーベル平和賞で話題のマイクロファイナンス
東京銀行出身者が米国で活躍
「支援ではなくビジネスとして成功すれば普及する」

日経ビジネスのBPオンラインから。
バングラデシュのグラミン銀行とその創設者、ムハマド・ユヌス氏のノーベル平和賞受賞で注目を集める少額の金融サービス(マイクロファイナンス)。実はこの分野で日本人が活躍している。旧東京銀行(三菱東京UFJ銀行)勤務の枋迫篤昌(とちさこ・あつまさ)さん、53歳だ。
3年前に米ワシントンDCで
「マイクロファイナンス・インターナショナル・コーポレーションを設立、社長を務める。顧客は米国で働くラテンアメリカ系移民と本国にいる彼らの家族だ。枋迫さんに起業の動機と事業内容を聞いた。
以下リンク先をご覧ください。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20061030/112688/?P=1

|

« 久しぶりに画像を | トップページ | 11月4日の最後の同窓会に参加予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/12510058

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカでマイクロファイナンスを仕掛ける日本のバンカー:

« 久しぶりに画像を | トップページ | 11月4日の最後の同窓会に参加予定 »