« 「砲台」といっても高射砲では? | トップページ | 楽しみだな、門司港コミュのカレンダー »

2006年11月29日 (水)

本の紹介 『北九州の近代化遺産』

昔、「鉄の街」と呼ばれ、大陸への玄関口だった北九州。
19世紀の、「白人でなければ近代化できない」という当時の常識を打ち破って近代産業社会を築き上げ、「できるんだよ」と世界に身を持って示した日本という国の、輝かしさも払った代償の痛ましさも、角々に眠らせている街。

そんな街の角々で眠るように建っている、或いは矍鑠と働いている建物たちのことを、丹念に探し出して記録している本です。

今から十年の後、二十年の後、それらの建物の歴史を語り継ぎながら、新しい命を与えて建物として使い続けていくことができるか、壊して忘れ去ることになるか、どうなるかは分かりません。
が、せめてこの一冊は書棚に置いておきたいものだと思います。

「昔、それがあり、人がいた」という自分の記憶を忘れぬために。
「昔、それがあり、人がいた」ということを知らない人たちに教えるために。

まぁできるなら将来この本を片手に学生となった娘と見学ツアーをしたいものです。
建っている、人々がそこで働いている建物を見学するツアーを。

本のご注文はこちらでどうぞ。
私に連絡していただいても、手に入れてお送りします。
運ぶこと。それが私の仕事ですしね^^;)
送料は払ってね^0^

スミマセン、きちんとした紹介サイトはこちらをご覧ください。

それからオフィシャルサイトです。(お疲れ様でした)

『北九州の近代化遺産』
北九州地域史研究会 編、弦書房 
定価 2200円+税 
A5判・並製・272頁(カラー160頁) 
ISBN4-902116-71-5 C0026
Kitakyukindaikaisan

|

« 「砲台」といっても高射砲では? | トップページ | 楽しみだな、門司港コミュのカレンダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/12867464

この記事へのトラックバック一覧です: 本の紹介 『北九州の近代化遺産』:

« 「砲台」といっても高射砲では? | トップページ | 楽しみだな、門司港コミュのカレンダー »