« 若松の麻生商会ビルを見に行った | トップページ | IDEURAが手に入った »

2006年12月11日 (月)

「はやぶさ2」実現に向けて

タッチダウンを決めながら寄り道してなかなか帰ってこないおちゃめな小惑星探査衛星「はやぶさ」君の二号機の打ち上げがあやうくなっているとのこと。

ロケットジャーナリストの松浦 晋也氏がblog・mixiで実現に向けての応援を呼びかけています。

「はやぶさ2」実現に向けて

私は、特に定見はありません。ただ、数をこなして失敗という教訓の蓄積ができてこそ、技術は進歩してそれに関わる人も育つのでしょう。このくらいの実験の続行すらできないなら、経済力を誇るなど恥ずかしい話だろうな、と思います。

私も何方かにmailしたい、と思います。

|

« 若松の麻生商会ビルを見に行った | トップページ | IDEURAが手に入った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/13023196

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ2」実現に向けて:

» [はやぶさニュース] はやぶさ2応援メールはまだまだ有効です [はやぶさまとめニュース]
10 月末をとりあえずの区切りとしていたはやぶさ2応援メールですが,11 月以降もまだまだ有効とのことで,松浦さんが引き続き呼びかけておられます. 松浦晋也のL/D: はやぶさ2の現状とはやぶさ これから送ってみようかという方もおられるかも知れませんので,リンクはっと... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 00時30分

« 若松の麻生商会ビルを見に行った | トップページ | IDEURAが手に入った »