« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

「不都合な真実」の不都合な真実?

この指摘、「不都合な真実」の語られざる真実の一端かも。

ぐっちー氏のblog「代価エネルギー」

あら、株の世界は大調整開始ですか・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年2月27日 (火)

面白うて、やがて哀しき話 NBOnlineの「地方の闇」

さっき読んだ日経ビジネスNBOnlineの記事「地方の闇~詐偽師Xと夕張市~」がなんとも面白いのでご紹介。

こちらです。ぜひご覧ください。

「生涯一詐欺師」が「村おこし屋」を自称してうまくある町に食い込んだが、税金を吸い取る地元の「地方の闇」のあまりの深さに「地方には懲りた。俺は地方にはもう手を出さない」と言い出す、という魑魅魍魎の世界・・・。

面白うて、やがて哀しき、です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「じゃらんnetB級ご当地グルメグランプリ」に焼きカレーが登場とのこと

北九州ファン倶楽部のMLで教えてもらった情報です。

じゃらんnetに「B級ご当地グルメグランプリ」というコーナーがあり、門司港ホテルの焼きカレーが決選投票に残っているそうです。

http://www.watchme.tv/e/bgp/

このコーナーで総合10位以内に入ると、「じゃらん」に掲載されて全国にPRできるそうですから、皆さんもぜひ投票を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月22日 (木)

「ITとカースト」と「小冊子作成講座」 が博多土産

魚住@門司港の自宅です。

出張帰りに博多駅のヨドバシに寄ったところで、中に大きな書店があるので探していた本買えました。

伊藤洋一さんの 「ITとカースト―インド・成長の秘密と苦悩

それと、マイミクのはなまるライターさん
「お客の心をぎゅっとつかむ! 小冊子作成講座」

博多土産は本ばかり^^; ・・・。

そういえば、小冊子といえば、このファッションショーの時、チケットと一緒に製本して配った冊子、今も一冊くらいは捨てられずに誰かの本棚の隅に残っているのかなぁ・・・。

昨晩は、こっちに帰ってきて「門司商い塾」の最終会に途中から駆け込み成功。
けっきょくこんなこと考えながら、アイディアだけに終わって実現できなかったのが残念。

まぁ今からちゃんと企画として育てよう、と思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

そういえばロシア料理の店があったんだよなぁ

おはようございます。門司港の魚住@天神の朝です。

小泉さんが鈍感力を勧める裏(関連blog)で、歌手のマイクパフォーマンスを作詞家が許さん歌わせんといきまく今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
(レコードに吹き込んだわけではないでしょう・・・。一字一句俺の言うとおりにしろ、という要求は"大人気ない"ような気がするのだが・・・)

それはともかく、まぁなんとなく、研修一日目を終わり、博多の夜を過ごしました。ジュンク堂にも行けたし。
でも、探していたこの本が売り切れてなかったのは残念。
かわりにライフハックの本を二冊。なんか、つまらんもの買っているなぁ。

大体、私物PCどころか携帯電話も防犯の目的で携行禁止の職場にいる私に、ライフハックの数々のTipsがどれだけ実施可能なのだろうか???
(私のいるとこは国防総省でも陸軍省でもなくただの郵便局の総務課)

まぁ、「けっこうくだらない関心が人を救う」とこの方もおっしゃっておられますし、それも人生の真実をついているものだ、と思います。

それはともかく、今朝になって気がついたこと。

そういえば天神にはロシア料理の店があったな、行けばよかった・・・

今、ここを読んでロシアティを飲みたくなったからって、朝から思いついたことがそれかよ!!

さぁ、ホテルの朝ご飯食べて、大濠公園のところまでぶらぶら歩いて研修二日目に出発しようっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

出張

今日から研修で出張。博多の大濠公園のところに閉じ込められます。

宿は天神の真ん中にとりました。ジュンク堂くらい行けるかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

「ホテル・ルワンダ」見ました

レンタルが開始されてもう随分たっているのですが、ようやく「ホテル・ルワンダ」を見ました。
内容は有名なのでご存知の方が多いと思いますが、アフリカのルワンダで発生した部族間でのジェノサイト(大虐殺)を扱ったものです。

思いっきり重く暗い主題なので、覚悟して見たのですが、意外にフットワーク軽くスラスラと見ることができました。映画としてすごくよくできているのだなぁ、と思いました。

それにしても、ラジオで煽られて「コックローチ、コッローチ」とわめきながら熱狂して隣人を殺して廻る画面の中の連中には「この土*、野蛮*ども!!」と思いましたが、テレビに煽られて「ココア」「納豆」と売り場に殺到するのも、まぁ似たようなものか、という気もします。

案外、簡単なのでしょう、人間の心のタガを外しコントロールする、ということは。

とか、明後日の方向のことをぼんやり考えた平和な朝

公式サイト
http://www.hotelrwanda.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

昨日のバレンタインイベントとNPOサミットの会議

平日・寒い・雨、と三重苦に心配した栄町のバレンタインイベント、参加者もまずまず集まって無事終了した模様です。

様子はこちらでどうぞ
http://keshiki.exblog.jp/5529363/

mixiの方はコミュにけーばらさんが画像付きで紹介してくれてます
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14755622&comm_id=637295

無事に終わって、よかったです。

私は、NPOサミットの会議に参加して門司港不在でした。
ゴメンナサイ。

NPOサミット
http://www.kitakyushu.tv/~mojiko/2007_NPO/

こっちもいよいよ近づいてきましたが、まだまだ協賛・参加団体・スタッフ、どれをとっても足りないものばかり。
これをお読みの貴方も、よろしければぜひご参加をお願いしますm(..)m

まずは広報しなければ・・・。

ところで、その会議の中で、「門司は市民活動が盛んではないイメージがある」といわれました。
うーん、外から見る門司はそう見えるのか。
そういわれると、「これもあります」「あれもあります」と色々紹介したくなりますね。
誰か、「さにあらず。門司に吾らあり」と名乗りを上げませんか?

とか、釣って仕事に行く^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

明日のバレンタイン、夕方栄町で

門司港の魚住です。

前回書いたとおり、土日の朝早くからチラシ配りをしました。
成果は・・・^^;)
少々めげそうへこみそう、なところです。

ただ、「インターネットで見た」といって魚住酒店に訪れてくれた方が幾人かおられたみたい。そういう話をきくと、ホッとします。

それはともかく、

明日2/14(水)夜18:00から
「門司港でバレンタイン!チャリティ・プレゼント抽選会」 が開催されます。場所は門司港栄町銀天街内「バナナ伝説」
参加費:100円で豪華景品が当たります

で、うちもIDEURA一本、UOZUMI五本を提供しました。
賑わいつくりのイベントです。ささやかでも協力できれば、と思いまして。

皆様、ぜひ明日は門司港へ遊びに来てください。

平日ですが、ぜひ清滝ぶらっとして、夕ご飯食べて、夕日を見て、栄町で遊んでくださいな。

(画像が門司港でないのが申し訳ないのですが・・・)

2007_02_pict2049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

バレンタインにルビーのお酒”IDEURA"を

門司港の魚住です。

もうすぐバレンタインですね。

バレンタインのプレゼントに、ルビーのお酒はいかがですか?

ワインではなく、日本酒です。しかも地酒です。 2007_0214_ideura.jpg

このエントリーで紹介したお酒”IDEURA”です。

今頃か、もっと早く動け、と怒られてもしかたないのですが、ようやく、チラシデザインできました。土日でチラシ配ります。

デザインの質は、良くないですよね。はい。分かっています。どういうお酒なのか説明にもなってないし、画像の質は悪いし、全てが中途半端・・・。

でもそれが、興味を引く絶妙な「寸止め」になっている・・・と、いいなぁ^^;
(極めて勝手な希望的観測)

因みに、バナナ小屋においてもらおうと少し修正入れたチラシもつくりました。
山口酒店さんもこのお酒売っているのです。(Blog)バナナ小屋があるのは栄町だし、2007も作ってもらうためには少しでも多くのお店で売れるべきだと思いますし、第一少しでもこのお酒の存在を知ってもらいたい。
だから少しでもお手伝いになれば、と思いまして。2007_0214_ideura2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

へぇー、こんなもの売っているんだ

おはようございます。門司港の魚住です。

先日の雪の中、清滝の実家へいったときに見かけた近所の自動販売機にこれが。

へぇー、と思いました。

おでんの缶詰なんて、なんでこんなところで売っているのだろう^^;
こんど買ってみようと思います。
2007_02_imgp0366

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

「日本沈没」見たけど

昨年封切られた草薙&柴崎版の日本沈没をこの間見たのですが、あれはどうも原作とも前作とも別の映画ですね。

渡老人と福原先生という私の好きなキャラは両方とも出てこないし。

齢百を越えた政界の黒幕の渡老人と、老人から手紙で事態を打ち明けられて沈没後の離散した日本人の将来像についてD2計画大綱として纏めてこと切れる福原先生と、あの二人が象徴していのは、ノーブレスオブリージュ(noblesse oblige 優越者の義務意識)だと思うのですが、今回の登場人物には、それを象徴するキャラって、いないですね。

奇矯な学者田所博士の奇矯な説を信頼し、政治家を動かし私財の絵画も売ってD計画を実現させる渡老人にも、頼まれたから不眠不休で将来像を考えてそれだけ形に残して死ぬ福原博士も、そんなことしなければならない義務は誰からも負っていないわけで、人より早く事態を知ったら、さっさと逃げればよい人なのですが、二人ともその真逆に生きてある意味「ありがたいけど組織論的にはよけいなお世話」を生きて滅びゆく国土に殉ずる。

渡老人なんか、自分は本当は日本人じゃないんだよ、と日本に対する熱烈な思いを告白した田所博士にそういい残して死んじゃうし。
なんでそんな行動を取るの?というその答えはその人のキャラにしか求められないわけです。

そういうキャラって、あの平成版日本沈没には出てこないでしょ?
ああいう事態で政治家や官僚が国民の救援とその後に懸命になるのは、これは当たり前。それを期待して綺羅を飾らせているわけですから、職業倫理にすぎない。でも、その中でも、「(一般日本人は)沢山死ぬから難民問題はそんなに心配いらない」と小ざかしいことを言い出す手合いも出す設定というのはどうなんだろう。
まぁ、「出世したいというむき出しの権力欲」に身をゆだねて綺羅を飾る「立身出世」の政治家や官吏などしょせんこんなもの、ということなんでしょうし、それが「あぁ、本当にいそうだし、このくらいのこと言い出すだろうな」と思ってしまうリアルさをもつ、ということに時代の意識の差を感じます。
そういうエリート層と対比されるもんじゃ屋夫婦たちに代表される"庶民"の描き方は、これはもう紋切り型のタフさ。なんだかなぁ、です。原作に出てきた、終戦直後の食糧難時代を思い出し、「またあんな思いをするのか、わが子にさせるのか」と苦しむ一市民の無力な父親も、この映画には出てこないです。出てきても、リアリティがないのでしょう。

最後は、草薙君演じる小野寺君が片道特攻することで沈没を止める、というこのラストはどうなんでしょ。悲劇とは、いかんともしがたい事態をいかに雄雄しく受け入れるか、というものであり、ここまでされたらもう完全に違う物語ですね。

それに、いかにエリートとはいえ、所詮は潜水艇運転手にそういう仕事をさせる、というのはあまりに寒々しい。かつて飛行機乗りに爆弾抱かせて飛び込ませつづけた昔のこの国の姿そのまま。
渡老人にリアリティを感じなくなったくせに、こういうところは進歩してないです。

あまり見た後に後味のよい映画ではなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

TVの世論誘導?北九州市長選にそれ関係したのか?

市長選挙が行われ、市長が替わった。

それはいいが、今朝からTVは、
柳沢厚生労働相の「女性は子供を産む機械」発言の影響で与党候補が落選した、
みたいなコメントをつけて報道を続けているが、

そうか?

北九州に暮らす人間として、あんな空騒ぎが投票のポイントになったとはどうも思えないのだが、何を根拠に映像にそんなコメントを被せているのだろう?
あの「あるある大辞典」を全国に放映していたキー局なのだから、事実報道にコメントを被せるに際しては、論拠を明示してほしい、と思った月曜日の朝。

追伸
選挙結果は、北九州のことを市民が真剣に考えての結果でしょう。
東京の軽口バカのおとどとも、や*ざじゃあるまいし言葉尻を捕らえて因縁つけるようなバカ騒ぎをしているやとうぞくとも関係はない。
というか、その程度の空騒ぎで決めた、と勝手に言い切られてふれて廻られては、迷惑。
という感じで少し不愉快な朝。

さて、今週は、ちょっと気になるので、戦前の天皇機関説騒ぎとか南朝正統論騒ぎとか、社会の自殺行為について調べてみようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第2回のリバーサイドコンサートの模様をようやく公開の次第

昨年9月に開催された第2回のリバーサイドコンサートの模様、ようやく動画ファイルもそろってネットにUPしました。
下記に公開しております。ご覧ください。

http://www.kitakyushu.tv/~mojiko/2006_0916_RSlive2/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

門司港雪景色

昨日の門司港雪景色の模様をmojiko.com本館blogに載せてます。

ご覧ください。

http://mojiko.com/mt/2007/02/post_108.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スロー・フォト」北九州展

今日から針穴写真展「スロー・フォト」がリバーウォークの朝日さんさん広場で開催されます。いま、会場設営から帰ってきたところです。

私の今回の出展作品は昨年末の福岡友添酒店での作品のままで、新作準備できませんでした。残念

2月11日まで展示しております。
ご近所にいかれる折は、ぜひ遊びにいってください。

因みに、次回は4月。門司港で展示+ワークショップ開催の予定。
さて、受け入れ準備しなければ^^;
門司港コミュのメンバーにも協力をお願いして、栄町をからめて賑やかにやりたいなぁ・・・。

Postcard01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

北九州市民サミット2007協賛金のお願い

こっちも切実な問題です。

どなたか、協賛していただける方、協賛していただける企業をご紹介いただける方、ぜひともご連絡くださいm(..)m

北九州市民サミット2007協賛金のお願い
謹啓
 暖冬がつづきますが、貴社におかれましては、いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、ご承知のとおり、北九州には、多種、多様な非営利市民活動をしている団体(NPO、NGO、ボランティア団体、地域団体などの市民活動団体)が数多く存在しています。そこで2006年4月1日に、それらの市民活動者、団体が集い、「北九州市民サミット2006~明日への扉~」を開催し、確実な手応えを感じることができました。そのつながりを活かし、さらに、市民の自発的、自律的なまちづくり活動の連携、環境づくりを進めるために、「第2回北九州市民サミット2007~つながれ!100万人の1歩!~」の開催準備をすすめております。多くの市民活動団体・個人が一堂に会し、それぞれの活動について報告しあい、お互いの親交を深めるとともに、さらに一歩を進めて、相互の連携を強め深めて、北九州における<市民セクター>を目に見える形にしてことを目的としています。
 つきましては、なにとぞ趣旨をおくみ取り頂きまして、協賛していただきますようお願い申し上げます。また、内容につきまして、ご質問などございましたら、下記事務局までお問い合わせください。まずは、略儀ながら書中をもってお願い申し上げます。
謹白

『北九州市民サミット2007』
      開催日:平成19年4月14日(土)
      会 場:門司赤煉瓦プレイス(北九州市門司区大里本町3-11-1)
主 催:北九州市民サミット2007実行委員会 
共 催:北九州市
実行委員長:北九州市立大学名誉教授 山崎 克明
実行副委員長:北九州NPO研究交流会 岩丸 明江
事務局長:NPO法人北九州国際自然大学校 岡本 広治

2007ご案内web

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北九州NPO市民サミット2007 発表者の募集

昨晩、NPO市民サミットに向けての打ち合わせにいってきました。

今年は4月14日に開催されます。ご案内web

開催に向けて、

・出場団体
・協賛者
を現在鋭意募集中です。
勿論、当日一緒にイベントを作ってくれるボランティアも。そして、各団体の発表を見て頂く一般参加者も。
ご案内webに掲示しているご挨拶と発表団体募集の詳細を以下に掲示します。ぜひご参加、ご検討ください。

第2回 北九州市民サミット2007~つながれ!100万人の1歩~
                 出場者(個人・団体) 募集要項

1.趣旨
 2006年4月1日に開催した「北九州市民サミット2006~明日への扉 このまちの未来を市民の声が語り始めるとき、明日への扉がそっと開かれる」は、多数の参加者を得て、最後に<市民の活動に関する北九州宣言>を採択し、自律的・自発的なまちづくり活動を、ひとりひとりが担っていくことを確認しました。その声をつなげて、今年度も「北九州市民サミット2007」を開催します。
 「安心して住めるまちは自分たちでつくりたい」。現在、北九州市内では、各分野において、ボランティア活動・地域活動・NPO活動等の市民活動が行われていますが、その活動を、市民が互いに充分には知りません。また、その活動は、第三者からどのように見られており、どれだけ必要とされているのでしょうか? 私たちの取組みが、本当に必要とされていることの目的にかない、市民全体で幅広く共有され、その結果、人や情報がつながり、よりよい活動のための意見・提案や、資金・物・人の援助を受けられる機会を、今回の市民サミットの中でつくります。
 様々な発表の場がありますので、ぜひ出会いの場として、「第2回北九州市民サミット2007~つながれ!100万人の1歩~」に多数エントリーしてください。

2.日時
2007年4月14日(土)13:00~17:30

3.主催団体
北九州市民サミット2007実行委員会
共催:北九州市

4.会場
門司赤煉瓦プレイス 北九州市門司区大里本町3-11-1(JR門司駅から徒歩3分)

5.対象
 主に北九州市内でボランティア活動・地域活動・NPO活動等の市民活動を行ってい
る個人や団体・企業

6.エントリー受付期間
2007年1月25日(木)~2月25日(日)

7.募集内容 
A~Dの各部門があります。
参加者の参加チケット(500円)の半券が投票券になっており、共感した団体/個人に対して、当日投票を行います。その合計額が、団体/個人への応援カンパ金となります。

A.【活動プレゼンテーション】部門 10団体/個人 募集
発表時間は10分です。
今実施している活動、これから、取り組みたい活動について発表してください。
発表後、コメンテーター(調整中)から、コメントがあります。今後の活動の伝え方について参考にしてください。
当日参加者の参加チケットの半券による投票で、応援カンパ金が決まります。
登録(エントリー)費:2000円

B【ブース型 活動発表】部門 15団体 募集
11時~15時 赤煉瓦プレイス前庭にて。2×2メートルの区画です。
いわゆるフリーマーケットのような形態で、団体/個人ごとに区画の中で、物販をしたり、活動パネルの展示、団体のパンフレット配布などを通して、活動紹介をしてください。(活動PRのためのチラシ類を用意してください)
販売は食品もOKです。
単なるフリーマーケットではなく、あくまで市民サミットの一環ですので、ぜひ、赤煉瓦プレイス内の他団体の発表も聞けるように複数スタッフの体制でご参加ください。
当日参加者の参加チケットの半券による投票で、応援カンパ金が決まります。
登録(エントリー)費:1000円

C【協働プレゼンテーション】部門 3団体 募集
行政と市民団体、地縁団体とNPO団体など、企業と地縁団体など、異分野の協働の事例を発表していただく部門です。
よりよい協働事例を重ねていく目的です。各団体のそれぞれの得意分野や強みを活かして、1+1>2 となるような協働の事例を募集します。発表後、コメンテーター(調整中)から、コメントがあります。今後の協働についての参考にしてください。
当日参加者による応援カンパの対象外です。
登録(エントリー)費:1000円

D【チラシ・コンペ】部門 15団体/個人 募集
チラシも大切な伝達手段です。団体紹介や企画のチラシで、これは自信がある!と
いうものをぜひ出品してください。1団体/個人につき1枚のみ、サイズはA4大までです。
当日参加者の参加チケットの半券による投票で、応援カンパ金が決まります。
登録(エントリー)費:1000円

因みに、昨年のサミットの様子はこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »