« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

大丈夫? と思いたい日本の情報空間

門司港の魚住です。

今朝、いつのようにblogやwebを見て廻っていたのですが、ちょっと気になる記事が伊藤洋一さんの日誌にありました。

03月29日(木曜日)
(22:25)今日は、悩んじゃいました。「こんなことでいいのかな.....」と

記事はこちらからどうぞ

バーナキン大僧正の御宣託について、海外エコノミストの受け取り方と日本の報道がまるで逆に報じられている、というお話です。

日本人が与えられている情報空間は変、という話はネットでよく目にします。池田信夫blogなどはつまりその話題が中心だと思いますが、こういう解説を見るとなるほど事態が分かりやすいです。

まぁ、その池田氏に「異議申し立てとしてのブログ」というエントリーがあるように、ネットがあるということでみんなで一方に突っ走る構図は変わりつつあるかな、とも思いますが・・・。

こんな本も、ネットがなければ出版物の大海に埋もれて存在することがないと同様になっていたかもしれません。あるいは、マスコミ同士の八百長喧嘩に利用されるだけだったかもしれません。

しかしマスコミの人って、みなさん本当のところネットの存在をどう思っているのでしょうか?

思いついて追記

そういえば、タミフル騒動も、ネットを使ってみれば報道だけ見るのとは随分違って見えます。私は、基本的に薬には恐怖症に近い感覚がありますが、この薬が異常行動に駆り立てる危険な毒だという報道をするなら、新型インフルエンザが感染爆発したら、自分の感染が原因で家族・友人が次々と死体になる、という事態も想定しうる、その可能性がある、そして今対抗しうる薬としてこれがある、ということも報道するべきだろうな、とか思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

関門合併がなんで日本解体やねん

今書いた都知事選挙関連になるのでしょうが、数日前のfinalvent氏の日誌で妙な論法のコメントが書き込まれているのを読んで首をひねったのでご紹介とお知恵拝借。

福岡オリンピック推進→「関門海峡市」の成立→日本に道州制を実施→九州・沖縄が特定アジアに接近→日本解体 という流れが存在することを考えると・・・

この書き込みがあったのはこちら

どういう論理でそうなるのだろう?誰か教えてください。

私は、北九州と下関で一つ地域になるのに賛成だし、昔から「あの街をください」とか「筑前と豊前が一つ行政地域って不自然なスタート」とか、「海峡は瀬戸内の玄関。毛利様のすべるのが筋」とか、怪しいこと言ってきたことありますけど、私は日本解体をたくらむ国賊の一人なのだろうか^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奴らはビビる。私もビビる・・・  盛り上がる都知事選

落選が社会的に致命的な傷となり、時に「セレブの墓場」と化す東京都知事選挙。今回も盛り上がっているようです。

当代はやりの予測市場も立ち上がったみたいです。
http://home.inklingmarkets.com/market/show/3645

毎回、いろーんな方が出てきますが、今回最高の爆弾候補はこの方なんでしょうね。予測市場に固有名詞が登場するか、固唾を呑んで見守っていきたいところです。
外山恒一氏政見放送・テキスト起こし
政見放送は殆ど"放送事故""テロ"とすら呼ばれている・・・

話題を掻っ攫うのは地味に自分で夜中にポスターを貼って廻っている、という黒川紀章氏と思っていたのですが、他を圧倒する日本立憲史上最大のキワモノが降臨したみたいです。

治まる御世、とはいえ・・・

ところで、この人のポスター見たいのですが、どこかにないでしょうか?
あっ、画像置くのは選挙運動でご法度か・・・。

ところで、福岡も知事選挙の筈ですよね。
なんか、静かすぎる気がしますが。

選挙後4/10の追記

R30氏のエントリーを楽しく読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

「切手を作った写真展」 はとりさんの作品を展示

魚住です。

「切手を作った写真展」、おそくなりました。ようやくはとりさんの作品をレイアウトして展示しました。

挨拶文もはとりさんの紹介つきに張り替えて、これでようやく全部揃いました。

お近くにおよりの折は、ぜひ栄町のギャラリー「なごみ」までお立ち寄りください。よろしくお願いをいたします。

2007_0328_imgp0418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

写真付切手(フレーム切手)の注文がweb経由に ついでに提案

門司港の魚住です。

昨日から開催されている「切手を作った写真展」、「あの切手、買えないか」とか、「これDMにいいねぇ」とか、準備と商店街への挨拶中にちらほらと。
なかなか、ありがたい声です。

で、その写真付切手作るのに一番面倒なのが、原画を4*4cmの大きさの原稿に印刷して、枠にそろえて、ずれない・はみ出さないように貼り付けること。面倒だと思うでしょ?実際面倒なんです。

どうやら、その作業が不要になりそうです。
「フレーム切手」のWeb通販の取扱開始
日本郵政公社は、昨年9月に販売開始した「フレーム切手」について、従来の郵便局窓口での通信販売申し込みに加えて、Webを通じた通信販売の申し込みを4月2日(月)10時から受け付けます。

http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/yubin/070322j201.html

ついでに、先日書いた通りphotoshopがwebアプリになるのなら、
アドビに持ちかけてwebアプリ版のphotoshopにレタッチと注文のフォームを組み込んでもらったらどうかな、とか思うのですが、どんなものでしょうか?

昨日から展示している画像の一つです。

2007_0325_sankiroukit

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

「切手を作った写真展」 の開催

門司港の魚住です。

本日から、月末の31日まで、栄町に開設されたギャラリールーム「なごみ」で、「切手を作った写真展」が開催されます。
今回の展示会の主催は、門司港コミュニティです。

以下、会場に張り出しているご挨拶文です。

「切手を作った写真展」ご来訪の皆様へ

 この展示会は門司港に思いのあるメンバーがインター
ネット上のSNSサービス"mixi"上で集まって作った団体
「門司港コミュニティ」が主催するものです。
「門司港コミュニティ」は、現在会員数が700名を数え、
会員の中には数々の技能を有する者や、表現活動を行
う者がいます。当会は、会員にとってのパフォーマンスと
門司港の街の賑わいづくりを併せて行える場をつくること
を目的に、会場にこの新しい栄町ギャラリーなごみの場を
お借りして、「切手を作った写真展」を開催します。

 「切手を作った写真展」はmojiko.comを運営する会員
KUが2004年から2005年にかけて開催した個展です。
 今回は本年度に当会が作成したオリジナルカレンダー
の原画と、そこから作成した写真付切手の新作を平行し
て展示するという企画であり、彼にとって二年ぶりの開催
実現となるものをコミュニティとして支援するものです。
また、今回はmixiで"写真付き切手を作る会"を主催され
ている関東在住のアーティスト「はとり英夫」さんの作成さ
れた切手作品も展示させていただきます。

みなさまにお楽しみいただけましたら幸いです。

            主催     門司港コミュニティ
            主作者   KU(mojiko.com)
            招待作家  白石洋一(白石商店店主)
                                   はとり英夫
                           (mixi "写真付き切手を作る会"主催者)

 問い合せ連絡先    問い合せ先店舗:  バナナ小屋 
                              PLmailAD        :
master@mojiko.com 

ただ、今日の段階で、はとりさんの作品が手元に届いていないので、その部分だけ消した案内を張り出しています。
いえ、金曜日に酷い下痢でぶっ倒れて仕事を休んだ私が悪いんです。
送付先に職場の住所を連絡していましたから、きっと届いている筈・・・。

展示したら、溜め込んだ体力使い切りました。
今日明日はじみーに痛む腹抱えて寝てますm(..)m

2007_0324_kit

2007_0324_pict2243

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

「雲のうえ」がワールドビジネスサテライトに登場

北九州市の情報誌「雲のうえ」。
なんと、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで取材されることになったそうです。あの、ワールドビジネスサテライトですよ。ビジネスマン必見といわれている。

「どうすれば人が集まる街になるのか。人口流出を食い止め、活気ある街にするための地方都市の取り組みを取材する。」と番組紹介にありますから、その流れで白羽の矢が立ったのでしょう。

今日の取材で、今晩の放映。随分と急な話ですが、楽しみです。

ワールドビジネスサテライトのweb

昔の記事

昔の記事2

追記(3/26)
記事の内容、番組のwebに簡潔にまとめられています。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2007/03/23/news_day/n2.html

うーん、全国のビジネスマンが高橋酒店さんを見たのか^^;
「角打ち」もいっきに全国区の言葉になったかな?
角打文化研究会

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

桜が咲いてました

昨日は天気もよく暖かい一日でした。

三井倶楽部で門司ヶ関人形展があるので、親子三人で散歩がてらお邪魔してきましたが、庭の桜が咲いてました。

門司港も桜が咲き始めたみたいです。

2007_0321_pict2226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

赤煉瓦館でセルフポートレート撮影

ちょっと自分の画像がいるようになったものですから、セルフポートレートの撮影をしました。

場所は、どこにしようか迷って、国の登録有形文化財になった大里の赤煉瓦(サッポロビールの工場跡)をバックに撮影しました。(本編で紹介できなかったから、せめて作者紹介で見せよう、という魂胆)

行ってみたら、フリーマーケットしていたのですね。とーっても恥ずかしかったです。

恥の書きついでにここでも公開^^;

2007_03_spinakarenga

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月16日 (金)

門司高校吹奏楽部の演奏会

おはようございます。魚住です。

職場の方にポスター貼ってほしい、と学生さんたちがお願いに来ました。

たまたま対応したのでついでにネットにも置いといてあげる、と約束して三日過ぎました。ゴメンナサイね、遅くなって。

演奏会は、3月21日、門司市民会館で開催されるそうです。

Img_0084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

話題となっている20代「下流」携帯族の記事

おはようございます。門司港の魚住です。

surveyMLで読んだのですが、FACTA onlineの「パソコン見放す20代「下流」携帯族」の記事がネットの上で話題になっているそうです。

FACTA online パソコン見放す20代「下流」携帯族
http://facta.co.jp/article/200703060.html

「その人の知的理解度はその人のテキスト処理画面の広さに比例する」とか、勢いでトンデモ説を唱えたりする私には、情報の一覧性を殆ど持てない携帯による通信ばかりが肥大化することに、ある種廃頽の危機を感じます。
おまけに、情報の保存も、携帯ではできないでしょう。畢竟、発言は刹那的にその場かぎりのものとなり、「省みる」とかそういう姿勢は薄れていくことになるのではないでしょうか?

さぁ、新しい格差の誕生、堕ちゆく日本を証明するデータが明らかになった!と昔「mojiko.comから」で上記のような放言を配信した(これ)私なら言えばよいのかもしれませんが、そう単純な問題でもないみたいです。

一つはこの記事が問題にしているのは、年齢構成比の上で20代が激減、ということですが、これについては年齢別人口比自体が過去と替わっているので、実は20代の利用者数は2.4倍に増えている、ということをMLで元ネタとなった資料をまとめたネットレイティングスの萩原氏自身が指摘しています。
FACTAonlineの記事に対して、
1.低下したのは20代の構成比(シェア)なのに、あたかも20代のPC利用者数や利用機会が減っているような引用の仕方
2.このデータから、ブルーカラーやフリーターが、携帯に比べて高くて高級なPCを使えないなんていう格差論に結びつけるロジックの飛躍(なんでこのデータが「20代はPCキーボード打てません」の根拠になるのか)
という二点で批判が出ています。一部「電波認定」もされているみたいです。

なんとなく、この問題の真相は、坂本多聞さんが自身のblogで書かれている「外で遊ぶのに忙しい20歳代があまり家でPCからネットを使ってない」というところが妥当なところではないかなぁ、とか思います。

「外で」という点で、ちょっと思い出したのですが、門司港の使われていない建築物、三宣楼や旧門鉄ビルの再開発を考える話し合いに昨年からちょくちょく顔出しているのですが、大学生さんが必須の作って欲しい施設として、ネットカフェのある漫画喫茶を作ってくれ、と強く推していました。

私は、「なんでそんなもの、無線LANで電波タダで飛ばせはいい」と思っていましたが、ITmedia Biz.IDの「ノートPCを持たずに外でシゴトする」という記事を読みながらこのblogエントリーを書いて、「あぁ、なるほど」とかちょっと腑に落ちた気がします。

先日のphotoshopのオープン化の話と合わせて、「なら、インフラの手に入る都市圏では自分で所有しないという選択もあるかもなぁ」と。
私は、そういう割り切りをできる幸せな時代を体験してこなかったし、写真やはカメラがないと何もできないわけで、私にとってPCもカメラと同じで、それがないと何もできないものですから、手元にモノがあることに拘ってしまいます。しかし、何事かの創作の道具ではない、コミュニケーションの道具としてなら、何もPCを自分のモノとして「持たねばならない」ものでもないのだろうし、持たないで次々に借りて済ませる、という選択肢も今日ではありなんですね。

今回の騒ぎ(話題)は、データから物事を読み取る目(クライテリア=評価基準)が、そういう時代となってきたことを反映していないことを表しているのかもしれない、とか思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月 9日 (金)

PMA07 出るか、α9D

デジカメwatchの記事で気になる一文

ソニーはなにやらちょっとしたサプライズを用意しているようだ。一眼レフカメラ関連と思われるが、こちらは秘密のヴェールに隠れている。北米では数時間後に発表されるという。」

ついに出るのか、フルサイズフラッグシップ。

私は、フルサイズには拘らないけど、ファインダー覗くの嬉しくなるようなカメラ希望。型番は、当然「9」だよな。

3/11 追記

出たみたいですね。(モックアップだけど)
写真

プロ用モデルらしい向かって右側、今一つデザイン好きになれないなぁ。
尖がったペンタプリズム、まるで亡者の額の三角布みたい。
ミノルタのフラッグシップって、歴代ペンタプリズム平らだったのに。
写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

サンデー毎日さんの門司港特集

今週号(3月18日号)の週刊サンデー毎日さんが後ろの方のグラビア「ON・and・OFF」のコーナーで、「浪漫紀行・門司港レトロ 」と題して門司港の特集を組んでくれています。
因みに、我が家「魚住酒店」も掲載されています。

感謝。

皆様、ぜひお手にとって、そしてお買い求めください。

サンデー毎日さんのwebサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国議員が執心する理由

なるほど、そういう理由ですか。
http://blog.mag2.com/m/log/0000063858/

他所の国のことですから言わないのがエチケットかもしれませんが、確かにこの方が双方実弾を撒いてくれるでしょうから皆さん潤うでしょうね。
米国の弁護士軍団にお奨めしたいのは、文化大革命の被害者が中国共産党に対して賠償請求訴訟を米国で起こせるような州法を続々と立法すること

ところで、先ほど下記のような放言コメントをこちらに書いて失礼してきました。一応、残しておきます。


いっそこういう論法は成り立たないものでしょうか?

日本は戦争行為として自国内(内鮮は一体の筈です)で娘狩りなどしたことがないが、「娘を売らねばならないほど貧しかった」ことをやるせなく思うのなら、振り上げたこぶしは黙って受けてやろう。それが「治者の徳」であり、こぶしをあげ続けるかぎり、その相手は徳に浴したいと願う被治者であることを宣言しているに他ならない。

そうとう逆立ちした論理かもしれませんが、案外、情の面においてのこういう論理が「広義の強制」「狭義の強制」という考え方を生んだのかもしれない、という気もします。  」

追記

池田信夫氏のblogが、これで盛り上がっているみたい。こちら

つまりは、英語圏には一次資料がないのと、研究者もいないので「言ったもの勝ち」のソースロンダリング(解説)のやりたい放題な状態ということなのでしょう。
池田信夫氏のblogにも、「閉じたサークルのテキストの自己生産」というコメントがあります。(03-11 14:32:53のPKさんという方の書き込み)

4/13 追記
下記記事を読みました。
「組織的強制徴用なし」 慰安婦問題 米議会調査局が報告書
上程の準備で事務方が調査してみました、というところで常識的な報告をしたのでしょうが、さて、かの国の議員さんらはどうするつもりだろう。
4/16
上の記事はかなり問題があるようです。
池田信夫氏が下記の通り批判されています。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/0b4f9dd9c5af0fc64da572c5f083fb22

自分の望む結論に合わせて事実を偽造するwishful thinkingは、左翼も右翼も似たようなものだ。どちらも、いまだに冷戦時代のステレオタイプから逃れることができない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

え、Photoshopが無償のウェブアプリ化!?

mixi経由でシリコンカフェ森川さんのblogで知りました。

詳細はこちらCNET JAPANの記事で。

うへぇー、時代は変わったなぁ。

最近、画像があまりなくてスミマセン。
メインマシンがお亡くなりなってタイプU君が孤軍奮闘中(女房のノートまで壊れた^^;)なのと、必要があってフィルムで撮影しているものですから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 2日 (金)

美しい日本の歴史的風土100選に門司港・下関(関門地区)が選ばれたそうです

「美しい日本の歴史的風土100選」という選考がされていたそうです。
行ったのは、財団法人「古都保存財団」。
この選考で下関と門司港を含む関門地域が歴史的風土の一つとして選ばれた、とのことです。

まずはめでたい、です。

財団のwebsite
http://www.kotohozon.or.jp/

百選のリストはこちら。
http://www.kotohozon.or.jp/pdf/100sen_kekka.pdf
関門地域は78番です。

関門海峡を舞台とした歴史遺産(壇ノ浦、戦国大名大内家、巌流島、下関戦争、城下町長府、門司港)
平安末期から近代にかけて数々の歴史の舞台となった関門海峡の歴史的な雰囲気が残されている。

が選考理由とのことです。

2007_02_pict2062

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »