« 「切手を作った写真展」終了いたしました | トップページ | 功山寺の桜 »

2007年4月 1日 (日)

応援したいblog 「旧三井物産社宅を保存したい!!」

門司港のうおずみです。

門司の将来は分からない。貴重と思う建物も風景もあるが、無主であればいずれ毀されることは防げない。
そして眼前から消えてしまえば、多分記憶からも消える。しかし変わっていくことは停められない。

ちょっと必要があって門司港について一文を書いたものの一部です。書いた直後にそういう事例になりそうなことを知ることになりました・・・。

丸山から田ノ浦に抜ける長谷・谷町のあたりは、古い街道ぞいで、門司港で一番古い高級住宅地だったと思います。

そんな長谷・谷町あたりでも、古い住宅が次々と取り壊されているみたいです。

mixiで知ったのですが、谷町の旧川原田邸、カボチャドキア美術館の横にあるしゃれた邸宅が、実は昔は三井物産の社宅だった建物だそうですが、老朽化激しく、ついに取り壊しせざるを得ない状態になっているそうです。
今の大家さんがこの建物の歴史を知り、失わざるを得ないことを惜しみ、何とか保存する手はないだろうか?と活動を始めたそうです。

私に何ができるか、といわれると非力な自分を知らされるばかりですが、下記のblogが立っているとのことです。皆様もどうぞ一読をよろしくお願いをいたします。

旧三井物産社宅を保存したい!!
http://mojiblog.sa-ba.jp/

この件を紹介しているblog
門司文録
ALL-A

今朝、現地を撮影してきました。
雨の日にこんな話を知り現地を見ると、とくに切ないですね。

2007_0401_pict2281

|

« 「切手を作った写真展」終了いたしました | トップページ | 功山寺の桜 »

コメント

現地にお出でいただいたんですね。ありがとうございます。
私はすぐに現場にいけないので、このような写真があって本当に助かります。
やはりこのような写真を見ると寂しい気持ちがいっぱいですね。
明日の作業で、瓦を一枚でも多く保存できることを願うことしかできない自分が歯がゆく思います。。。。

投稿: Dash | 2007年4月 1日 (日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/14484907

この記事へのトラックバック一覧です: 応援したいblog 「旧三井物産社宅を保存したい!!」:

» 旧三井物産社宅解体中と保存の動き [門司文録:]
谷町にある築100年(1907(明治40)年)になる旧三井物産社宅が、老朽化による倒壊の危険があり、修理するにも費用が膨大になるため取り壊され始めているそうです。 4棟のうち既に1棟は取り壊され、2棟目が来週解体予定、残りの2棟も解体される予定だそうですが、持ち..... [続きを読む]

受信: 2007年4月 3日 (火) 00時53分

« 「切手を作った写真展」終了いたしました | トップページ | 功山寺の桜 »