« 「 き れ い 」 | トップページ | 初夏の頃 週末の景2 日曜日の夏の日差し »

2007年5月20日 (日)

初夏の頃 週末の景1 土曜日の三宣楼

門司港の魚住です。

土曜日、研修で出勤した後、門司港コミュの皆さんが行っている三宣楼の石垣の草取りにお邪魔してきました。来週、みなと祭りの一環で提灯で道を作るライトアップの開催と、一般公開(第一回の話はここ)が三度行われるということでその準備です。

皆さん当たり前のように延ばした脚立の天辺に立って草むしってましたが、昇ってみるとぶるぶると震えて心もとないこと甚だしい。地面の上で手伝うのに専念しました・・・。
秋武さんなんかよくあそこで携帯使えるなぁ、と変なところで感心してしまいました。

ところで、お邪魔してショックだったのが、増冨さん宅跡の鉱滓煉瓦の壁が全部崩されていたこと。

あの味わいのある小道(昔の司港NOWでの紹介-えっ、あれからもう五年目なの・・・-)もついに消えてしまいました。

切手を作ったこの画像が思い出になりました。
(切手と原画は栄町のバナナ小屋に飾っています)

2007_0519_imgp0518

2007_0519_imgp0517

|

« 「 き れ い 」 | トップページ | 初夏の頃 週末の景2 日曜日の夏の日差し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/15141348

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の頃 週末の景1 土曜日の三宣楼:

« 「 き れ い 」 | トップページ | 初夏の頃 週末の景2 日曜日の夏の日差し »