« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

清き一票をお願いいたします

門司港の魚住です。

寝る前に焼きうどんのことを。
焼きうどんについては、昔デジクリの編集長に編集後記に書いてもらったりして、私なりに話題づくりの支援をしたことがあるつもりです。(ここです)

で、今年も開催されるB級グルメの殿堂B-1GP、小倉焼きうどんも再び参戦します。
http://b-1gp.cande.biz/

ぜひ全国の桧舞台で注目を浴びてほしい、と思います。

すでに前哨戦が始まっており、実は皆さんの清き一票がぜひとも必要なのです。

ぜひ、こちらで焼きうどんに投票をお願いします。

よろしくお願いします。
http://www.kagato-system.com/mvote1/vote.cgi?id=b1grandp

ところで、焼きうどんをサッポロ一番が作って売り出すそうです。
http://www.sanyofoods.co.jp/product/product_main.asp?PKG_TYP=%83J%83b%83v%82%DF%82%F1&BRAND=%8F%C4%82%AB%82%BB%82%CE%8CQ#c_20070523204627

でも、これソースだれなんだそうです。
私の心の焼きうどんは、母が作ってくれたり、隣の徳田のばあちゃんのおでん屋さんで食べた「おかか+醤油」の和風のシンプルな味なんですよねぇ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

村上慶子さんの個展 (場所は銀座)

門司ご出身で活躍されている皮革工芸作家の村上慶子さん(北九州ファン倶楽部会員)の個展が開催されるそうです。

ー吉祥ー村上慶子の世界展’07

* 2007.6.11(月)~6.17(日) 11:00-19:00(最終日16:00)
* 「ギャラリー銀座」
                   東京都中央区銀座2-13-12  TEL03-3541-6021

作者webサイト http://members3.jcom.home.ne.jp/keei/

作者本人は、5月29日より個展開催のため ブルガリアへ出かけられており、帰国後すぐに上記個展が開催されるとのこと。

東京近郊の方でどのくらい読んでくださっている方がいるかわかりませんが、お時間がありましたらぜひ。

あぁ、そういえば東京には久しくいってないなぁ・・・。

写真は意味なし。大里赤煉瓦館前で撮影した夕日です。

2007_0524_pict2418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

李登輝氏が来日していたんですね

前台湾国総統の李登輝氏が昨日から来日しているそうですね。
知らんかった。

毎回大騒ぎ、という記憶があるのですが、今回なんか、不思議なくらいニュースになってない気が・・・。スルーした方が関係者全員にとって都合がよいのでしょうか?
『奥の細道』を実際に歩きたい、という希望だそうですが、兄のお参りとして靖国神社に行きたいとも希望しているそうです。曰く「東京に来て、60年以上も会っていない兄に会いに行かないのは、人情としても、弟としても、忍びないことです」

84歳のご老人が漫遊したり神社仏閣にお参りすることに一々お伺いを立てて決済貰わねば許可できない統制化の国では日本はない筈ですから、自由になされればよいことだと思いますし、「報道」と称して事々しく騒がないのがいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

NTTとBiglobeをやめることに

おはようございます。

門司港の魚住です。

女房殿のPHSが復活してPHS二台体制となったことと、bibicの光電話がある、ということで、NTTの固定電話をやめることにしました。

このことがあったときにぶち切れて、基本的にこの会社のサービスは使いたくない、と思いつつ、回線引くときに払った高額な契約金を返してもらうことができないのでずるずると契約を続けていましたが、ようやく決めました。今まで毎月無駄に金を捨て続けたなと反省。
でも、回線契約の時の5万?7万?なんで還付してくれんのだ!!返せ、といいたい。

ついでに、スパムしか届かなくなって久しいuozumi@mxj.mesh.ne.jp も解約して処分することにしました。

これは、月に250円の話なのですが、もういいなぁ、と思って。

と、いうことで、FAXとuozumi@mxj.mesh.ne.jpへのmailは届かなくなりますので、ご連絡時にはご注意くださいm(..)m

あっ、名刺を作り変えねば。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

港まつりのパレード

港まつりの二日目、「門司港コミュニティ」の一人としてパレードに参加しました。

暑かった---です。

皆さんお疲れ様でした。画像はスタート前の門司港コミュニティチーム

(昔のみなとまつりの映像、少しこちらにあります。)

2007_0527_pict3954

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

三宣楼点灯 フリー画像付

門司港の魚住です。

今日と明日、門司港はみなと祭りでにぎわっています。

もっとも、私はお昼から夕方にかけて「第二回パークサイドコンサート」の撮影にいって祭りにほとんど参加していません。スミマセン^^;

コンサートのことはまたご報告します。今回は表題の三宣楼点灯のご報告です。

バナナマンの執念の尽力が実りました。本日夕刻、三宣楼にふたたび明かりを灯す計画が実現しました。

灯が入るとこんなに建物は変わる、景観は変わる、ということをしみじみ感じました。

昼には一般公開も行われ、400名あまりが見学したそうです。ガイドボランティアに再び活躍した門司港コミュニティの皆さんに感謝します。

記念としてささやかですが下記に掲示している画像の3000*2000ドット(600万画素)サイズのものを完全フリー画像としてここで公開します。自由にダウンロードして使ってください。
「2007_0526_PICT3933.jpg」をダウンロード

それから、Website「地域文化博物館・高炉館」主で『北九州の近代化遺産』 執筆者のお一人である庵田様撮影の点灯式のムービーファイルの公開をご許可いただきましたのでウィンドウズメディアファイルで公開いたします。まさに点灯する瞬間をどうぞご覧ください。
「sankirou.wmv」をダウンロード

*ちなみに、26日の庵田氏がこの動画を撮っていることは驚異的なことだったようです。
こちらのblogをご覧ください。
(長崎が用事をすませながら半日で往復可能な場所だったとは・・・)

2007_0526_pict3933

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年5月21日 (月)

和リキュールを楽しむ会

おはようございます。

昨日、小倉で開かれた「和リキュールを楽しむ会」に参加してきました。

若松の倉松酒販さんの主催で、九州の蔵が作ったリキュールの試飲会。
日本でリキュールといえば、やはり定番は「梅」ですが、他にも色々と興味深いお酒が登場していました。「ピーナッツの渋皮」というのもありました。
全部紹介したいところですが、私が特に興味を持ったのは写真の三つ。

銀座のすずめ ガスライト
麦焼酎+コーヒーのリキュール。これでアイリッシュコーヒー作ってみたいな、と思いました。
ラベルがとっても面白い、と感心したのが通潤酒造の「ブルーベリーなお酒」。
焼酎ではなくて日本酒に地元阿蘇高原のブルーベリーを漬け込んでリンゴ酢を加えているそうです。
通潤酒造Web

そして、一番へぇーと思ったのが、筑後の研醸さんの「赤彩菜(あかさいさい)」。
人参焼酎に人参を漬け込み、人参の甘みが目立ちすぎるのを抑えるために砂糖を使ったベータカロチンなお酒。多分、飲んでも酔いが来ないとお酒だと気がつかない人が多いかも。と思いました。

実は「赤彩菜」は倉松酒販さんのご好意で一本試供品として預からせてもらいました。
港まつりもあるし、コミュに抱えていったり魚住酒店の店頭に置いたりしてできるだけ試飲してもらおうかな、とか思っています。
倉松酒販さま、研醸さま、ありがとうございました。
研醸株式会社web

追伸
家に帰って知ったのですが、研醸さんって、「梟」って焙煎焼酎を作っている蔵でした。
あれってあまり焼酎は得手ではない私がおいしいと思った焼酎のひとつです。

それにしても真昼間に甘いお酒をたくさん試飲するのは、酔うというよりもけっこう胃がもたれる体験でした^^;

2007_0520_pict3565

2007_0520_pict3559

2007_0520_pict3561

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

初夏の頃 週末の景2 日曜日の夏の日差し

門司港の魚住です。

今日はもう日差しは夏でしたね。

長袖の厚手の生地で出かけようとして、たまりかねて半そでシャツに着替えました。

写真は正午すぎ、小倉へ出かけるときに駅前で一コマ。

噴水が目に涼しい時期になりました。日本郵船ビルの塗りなおしも終わったみたいです。

2007_0520_pict3554

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の頃 週末の景1 土曜日の三宣楼

門司港の魚住です。

土曜日、研修で出勤した後、門司港コミュの皆さんが行っている三宣楼の石垣の草取りにお邪魔してきました。来週、みなと祭りの一環で提灯で道を作るライトアップの開催と、一般公開(第一回の話はここ)が三度行われるということでその準備です。

皆さん当たり前のように延ばした脚立の天辺に立って草むしってましたが、昇ってみるとぶるぶると震えて心もとないこと甚だしい。地面の上で手伝うのに専念しました・・・。
秋武さんなんかよくあそこで携帯使えるなぁ、と変なところで感心してしまいました。

ところで、お邪魔してショックだったのが、増冨さん宅跡の鉱滓煉瓦の壁が全部崩されていたこと。

あの味わいのある小道(昔の司港NOWでの紹介-えっ、あれからもう五年目なの・・・-)もついに消えてしまいました。

切手を作ったこの画像が思い出になりました。
(切手と原画は栄町のバナナ小屋に飾っています)

2007_0519_imgp0518

2007_0519_imgp0517

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

「 き れ い 」

門司港の魚住です。

昨日の夕方です。思わずカメラ持ち出して一コマ。

ちょっと手ぶれしてますがこのサイズならごまかせる^^;

みつけた2才の娘は「き れ い」「き れ い」と踊 りだす。

「き れ い」、とちゃんとしゃべるんだなぁ、と少しびっくり。

でも、食事中なんだから、とりあえずおとなしく食べてくれぇ-、と願う父母・・・

撮影した後、「しゃしん、しゃしん」と、見せろとずっととりすがってせがまれました。

まぁ我が家の平和な一コマです。親ばかエントリー書いてスミマセンm(..)m

2007_0518_pict3545

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

大丈夫かなぁ

おはようございます。門司港の魚住です。

さっき見たテレビ東京の朝の経済番組「モーニングサテライト」。
番組最後の一言が、「もうダメだ」・・・。
NYを筆頭に株高が続いているなか、ここのみ上がらない東京市場に「上がる上がる」と予測しつづけた皆さんもついに日本独歩安に業を煮やしたみたいです。

なんでそうなんだろう?と思っても答えなんて勿論用意できないのですが、でも、思うのですが、なんとなく、みんな諦めてません?

「変わらんよ」「こんなものよ」「無駄よ」って。

結局、そういう空気と、「日本のリスク商品に投資してもねぇ(どうせ裏切られるか一罰百戒の生贄にされるだけやろ)」という空気は根が同じかもしれないなぁ、とか思う今日この頃。

昔、徐々に熱くなる水の中にいる蛙は逃げないから煮えてしまう、という"茹で蛙論"ってありましたが、なんとなく「順境に耐える」と言われている今がその茹り始めの時期なのかも、とか思う陰気な朝。

今朝方、読んで廻った下記のサイトたちの声も、そういう陰気な気分で読めば、神経症的に無駄に緻密で一心不乱にわき目もふらず、誰にもふらせもせず、というこの国を少しづつ切り取っているみたいな気がしてまた別の味が出てきます・・・

なんだかなぁ。

貧乏人も赤飯を食え
またやってしまった!
長男「セイゾウ」がそのお下がりを弟たちに着せる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

DEATH NOTE ってDVDでみたけど

なんか中国で子供の間に大ブームとか報道された「DEATH NOTE」のDVD見ました。
(映画版の公式web)

結構面白いですね。

でも、もう少し父親の悲哀の描写があってもよかったかも。実は死神より死神らしく変貌した大粛清者といえども、最愛の自慢のわが子だったわけですし。

それはともかく、見ていてちょっと思ったのですが、この物語の中の登場人物にとって、「刑法」が規定している相手って「国民の一部の悪い奴」なのでしょうね。「正しい人間と悪い人間が存在する」そして「悪い奴」をふんじばるための根拠としてあらかじめ法が準備されている、その準備に不備があるからいけない、という法意識なのかなぁ、と。

うーん、それって逆で、「刑法」が規定している相手って、国家じゃないのかな?

「国家」という信託財産の管理者に対しての、「排除すべき反社会的行為とはこの場合のこと。この場合にはこれだけ介入することを許可する」という決め事が刑法だったと思いますけど・・・。法学部の学生にしては、そういう発想がない主人公は、やはり得手勝手に大粛清者となるのにふさわしい奴だったな^^;

とか、まじめに考えたついでに、もしみんながデスノートをもったらどういう社会になるか、平和状態は来るか、と考えるのも面白いかも。
デスノートは核のように「恐怖の均衡」を作るか?相互確証破壊による使用の抑止が成り立つか?とか考えてみたのですが、成り立ちませんね。時期を選んで任意に任意の形で100パーセント殺せるのですから、狙われた方は生存性が0。察知も不可能で自力で報復も不可能ですから、持っていれば急ぎ使用せねば、と使用を急かせる一方な気がします。
これは本当に最低のテロリストの最低の道具にしかならんですわ。

あの物語で、続編つくるとなるとどうなるでしょうね。
最後にデスノートの存在と死神の存在が知れたのですから、全員、全世界の国家とそれに類する組織とその長が、いかに死神とのコンタクトとノートの確保をするかに血道をあげるか、という話にしたら、あー、陰惨で面白い話にはならないかなぁ・・・。

とか、朝からうだうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

フォトコン編集部からフィルムが帰ってきた そして提案してみた

おはようございます。

門司港の魚住です。

日本フォトコンテスト編集部から、5月号の原稿になったフィルムが帰ってきました。

せっかくだから、やはりどこかで原画展しようかなぁ・・・。

編集部には取り急ぎお礼のmailと、前から考えていた企画の提案mailを送りました。

提案というのは、フレーム切手を使いませんか?という記事をぜひ、というものです。

「おまい、またかよ」といわれそうですが・・・^^;

8x0403_08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

その後の泡沫候補だった人・・・

というこちらのエントリーからリンクをたどって読みました。

ファシズムですか、はぁ・・・。

見方によっては自由化を目指す流れの表層と裏腹に、徹底管理してもらいたいデオドラントな国家社会主義精神を驀進しているかもしれないのに、今更ファシズムの誘惑を唱えてもねぇ・・・。

えっ、九州にいるの?
足利尊氏よろしく九州から天下布武といいたのでしょうか?
まぁ九州は名前の通り色々ですから。清正さんの作ったお城のあたりでやるならご勝手にどうぞ。というか、まぁ、目線はいいかも。そこ官僚団の九州駐屯地ですしね。
やりたいのなら異次元に封鎖しても異界に消しても・・・。でも、そのあたりで南州翁の紙幣を使おうというのは、あまり良いアイディアとは思えないけど。

でも関門海峡封鎖って、そりゃ困ります。

海の底にも都がございますし、他所でご尽力なさるのでしたら、怪気炎はどうぞそちらで上げていただければ幸いでございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

第7回 北九州市民ひまわり駅伝大会

門司港の魚住です。

昨日は第7回 北九州市民ひまわり駅伝大会。

今年も撮影&周回集計班の一人としてお邪魔してきました。

今年はゲストに君原健二さんを迎えて開催。私は、君原氏は冒頭の一時間くらいで帰られると思っていたのですが、一日参加しておられました。

それにしても、暑かったーーー。

画像は、挨拶をされる君原氏、スタート直前の様子、表彰式の様子。

2007_0513_pict2808_1

2007_0513_pict2861_1

2007_0513_pict3513_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

あの、馬じゃいけないのでしょうか?

おはようございます。

門司港の魚住です。

朝から色々ジャンクニュースを見ているうちにこんなの見つけました。

ディズニー模倣を超えた!大胆すぎる新たなニセモノが登場

あの世界的に著名な「石景山遊楽園」ですか・・・。因みに現地写真がここに沢山。

ついこの間、娘を驢馬に乗せて喜んだバカ親として素朴な疑問

「馬のままで、なんかいけないの?」

パフォーマンスとしてわざとやっているのだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

医者が「患者様」を奪い合う時代

門司港の魚住です。

いつも拝見しているかんべぇ氏の日誌に表題のような記述がありました。

http://tameike.net/comments.htm の<5月9日>に、です。

それ読んで思い出したのですが、もう何年も前に高橋先生が治療のオークション化を言われていました。「これからの医療は患者が症状をオークションに掛けて最適な治療をする医師・医療機関を選ぶようになる」と。
そして、その時代のために「検査」と「治療」の分離が進む必要もあり、検査の機会はもっと広く開かれるべきだと。

私なりの(あやしい)理解で、昔、こういうblogエントリーを書いたこともあります。ご興味があれば御笑覧ください。

これからのコンビニエンスストア(コンビニの未来像)
http://goka.cocolog-nifty.com/mojiko/2005/09/post_89ee.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

市民サミットでのSAMAYのフォルクローレの演奏

おはようございます。

門司港の魚住です。

GWからずっと先日の市民サミットのムービーをせっせと取り込んでエンコードしています。

今日は、サミット終了後の交流パーティで演奏してもらったSAMAYの演奏を一曲公開させていただきます。

mpeg4です。iTunesでどうぞ。

「SAMAY.mp4」をダウンロード

5/12付記
「mpeg4が見えない」という声があるので、WindowsMadiaファイルを追加します。

「2007_04_SAMAY.wmv」をダウンロード

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

久しぶりに花の写真とかupします

おはようございます。門司港の魚住です。

GW中、娘を到津(いとうず)の動物園とか、若松のグリーンパークとかに連れて行きました。

本物の動物見せてやりたいとか、思いっきり走り回らせたい、とか思って。
(グリーンパークのバラ園は、来週あたりが満開できれいかも)

久しぶりに行ったついでに、200mmでの花撮りも少しできました。
出来はどんなものでしょうか?

2007_0504_pict2765_1

2007_0504_pict2770

2007_0504_pict2772

2007_0504_pict2775

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

スローフォト展 終わる

門司港の魚住です。

本日でピンホールカメラによる作品展「針穴写真展 スローフォト2007」(開始時の紹介エントリー)が終了いたしました。

お世話になった皆さん、覗いていただいた皆さん、ありがとうごさ゜います。

そうそう、私の口絵掲載誌、最後の日まで無事に会場に残っていました。
撤収直前に会場に来られたミニコミ誌の方に差し上げました。
その方は何年か前のワークショップの参加者で、近々門司港を取材せねばならないという話だったので、資料の足しになれば、と思ったものですから。

明日からは昼休みに会場をチェクしにいく必要もないのかと思うと、ホッとする気持ちといささか寂しい気持ちが交互に胸をよぎります。

2007_0506_pict2789 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テクノラティという検索エンジンに登録してみました

で、「a href="http://technorati.jp/claim/tvst4p9bmd" rel="me"」というタグをつけた下記一文の入った新規記事を書け、と指示されのでこのエントリーを書いています。

スンマセン、門司港のニュースでも個人的な話でも無い事務的なエントリーですm(..)m

テクノラティプロフィール

テクノラティのブログ検索
http://technorati.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

資料として 4月3日にFM kitaQでくっちゃべったことなど

おはようございます。門司港の魚住です。

GWも今日まで。あっという間ですね。何をする間もありませんでした^^;

それはともかく、先月のFM KitaQにお邪魔したとき(このエントリーのこと)の音声をもらったので、一応記録としてネットにおいて置きます。
基本的に自分のためです。最近、mailすらGmailでプラウザーで読んでいる"ものぐさー"なもので・・・。諸事webにおいて置く方が都合がよいのです。
(Athlon1900+のメインマシンが春先に突然お亡くなりになっていらい、新しいメインマシンの確保も環境再構築もおっくうでやっていない有様。)

おっさんがごちょごちょと滑舌悪く喋るのにご興味があればどうぞ

1.自己紹介とか写真のことでぺらぺら(この件この件含む)
     「2007_0403_FMkitaq_1.mp3」をダウンロード 
2.市民サミット(この件)の紹介などでぺらぺら
    「2007_0403_FMkitaq_2.mp3」をダウンロード 
3.砂の器上映会のこと(この件)なんかぺらぺら
  「2007_0403_FMkitaq_3.mp3」をダウンロード
(実はこの時点でチケットはほとんど払底していたらしい。そんな状態の井筒屋に「ラジオでまだ大丈夫と言っていたからチケット買いたい」と電話が何本か入り・・・。関係者に苦慮・奔走をさせてごめんなさいm(..)m)

4.夢とか街の将来像をきかれてぺらぺら
   「2007_0403_FMkitaq_4.mp3」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

Wikipediaのフレーム切手の記事、一日で削除されました^^;

門司港の魚住です。

昨日のフレーム切手の加筆の件、一日で削除されてました^^;
「宣伝目的での書き換え」という判断がされたそうです。

まぁ確かに自分の記事へのリンクはまずいな、と思います。

でも、不思議なのは、今だに「ローソン」の記述は明記されていること。
田舎の一個人の書き込みが宣伝目的なら、「ローソンで扱っている」はもっと営利目的の企業広告だと思うのだが・・・。

誰か、これを「大手コンビニエンスストア」に書き換えてみませんか?

えっ?自分でやれ?

私は、もうこれで凶状持ちだから口出しできないですよ^0^

記事はこちらです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%88%87%E6%89%8B

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

Wikipediaのフレーム切手の項目に文を追加しました。

門司港の魚住です。

web上の「みんなで作る百科事典」"Wikipedia"に「フレーム切手」の項目があったので、読んだのですが、これを自身の作品作りに活用している名もなきアーティストたちもいることを一言説明したくって、一筆追加しました。

その追加説明の補足として、外部リンクに自分のblogエントリー(前回のこれ)を追加したのですが、

ちょっと反則というか、差し出がましいというか、いいのかなぁ・・・。だって、これ書いている方は、多分「お仕事」でしょ?

少し後悔というか、悩んでいる夜。

皆さんはどう思いますか?

記事はこちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »