« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

東川フォトフェスタ (実は出展していました)

門司港の魚住です。

北海道は大雪山連峰の麓にある東川町は「写真の街」を宣言し、老舗のフェスティバルを開催しています。

東川町のweb と フォトフェスタの紹介web

この週末の28・29日の両日、その東川フォトフェスティバルが開かれていました。
で、実はフェスティバルの展示企画の一つ、ストリートギャラリーに展示してもらうため、作品を送っていたのです。

もっとも、唐突に思いつき、自分の状況も省みず唐突に申し込んでの参加なものですから、碌に準備もできず、HDDの隅から前世紀の遺物のような特に古い画像を印刷して慌しく送る、という「参加することに意味がある(筈だ)」的な参加でした。

こっちにいるとどんな人たちが集まったのか、とか自分の送ったものがどう見られたのかも全く判らないのですが、振り返ってみて空しく足掻いているだけで、自分にとっても展示会の質にとっても、むしろマイナスな行動だったかなぁ、という気がしてなりません。

関係各位には、ご迷惑をおかけしましたm(..)m
ありがとうございました。

下の画像は、送る前に作品を並べて撮った記録用の画像。

2007_0728_img112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海響館にいってきました

門司港の魚住です。

28、29と仕事で半日出勤。
昨日30日に、娘と爺と婆(父と母)をつれて妻と一緒に下関水族館「海響館」(web)へ遊びにいきました。

水中を歩くようなレイアウト、幼い娘は少々怖かったようですが、楽しめたようです。イルカとアシカのショーも面白かったみたいですし。
(しかし鮨ネタの展示って企画は面白いけどどうなんだろうか?)

そういえばこの子、今は様々な動物を個別に認識できるようになってますが、昔は人間以外全ての生き物を「ワンワン」と呼んでたなぁ・・・。
気がつけば赤ん坊から幼児へ。この時期の成長というのはあっという間なんだ、と改めて思った家族を省みないバカ親父でした。

それにしても、水族館、平日ながら親子連れで一杯でした。
そうかぁ、夏休みなんだなぁ。

画像は海響館で携帯(PHS)で撮影したものです。

ルーペで拡大している画像は、ストロマトライトという珊瑚みたいなもの。実は今の地球の酸素の生みの親。
「君が代」に詠われる「さざれいしのいわおとなりて」というのはもしかしてこれのこと?ただの珊瑚のこと?岩になるまで誰か見ていたのだろうか?とか前から疑問に思っています。相変わらず変なことばかり疑問を抱いてしまうのですが。

2007_0730_img159

2007_0730_img155

2007_0730_img152

2007_0730_img156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

選挙雑感

魚住です。

選挙、終わりましたねえ。下記はmixiで書いた放言です。

この間、雪崩を打って自民を勝たせた国民がなぜ?と嘆かれている方がいたので、それに対しての意見として書いたものです。しょーもない酔っ払いのたわごとみたいなものですが、一応、記録としてこっちにも晒して置きます。

年々歳々花同じなれど、年々歳々人同じならず。

この結果は、小泉さんが追放した郵政民営化反対派を安部さんが軽々しく党内に招きいれたときからさだめられていたのでしょう。
そして、国防大臣の「しょうがない」発言と社会保険庁の年金自爆テロは、「しょせん、彼ら(自民党+官僚組織)は特権左翼の一亜種。一般日本人(自分たち)は使い捨ての財布か踏み台でしかない」という認識を与えたといっていいでしょう。
加えて、一国の閣僚ともあろうものが、たかが自己一身の金銭の不正程度の話で死に逃げ込むのを見せつけられれば、「どんな屑を選んでもカスを引こうとけっきょく大事なときには役に立たないこと大差なし」と匙を投げても何も不思議ではありません。

国民は、泥田のような社会から貴族然として超然としてみせた小泉さんの自己イメージ管理に好意をもち、その政策を現実的次善の策として支持したのであり、自民党という団体に好意をもってなどいなかったのに、そのことを肝心の自民党が忘れていたに過ぎません。
自民党はもういちど思い出せばよいのです。小泉時代以前に、どれだけ自分たちが毛嫌いされ手詰まりであったかを。
またそこに戻っただけです。

敗者は必要ならやり直せば良い。しかし大変なのは約束しちゃってやり直しのきかない勝者の振舞いの方で、さてどうするやら・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

途中経過ですが報告 バナナマンのはがきが出ます

魚住です。

また改めてお知らせしますが速報です。

門司港が誇る謎のキャラクター「バナナマン」が案内する門司港紹介のポストカードが発売されます。

いえ、これは仕事抜きです。私の立ち位置は突っ込まないで^^;

下記が作りかけのチラシの案です。

2007_07_bananahagaki

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なかなかきっつい檄ですね

おはようございます。

最近、更新できてなくてスミマセン、門司港の魚住です。

昨日はmixiのoff会、楽しいひと時を過ごせました。ご参加いただいた皆さんに感謝です。

ところで、先ほど見たニュースでは、NYの証券市場でけっこうな下げが続き、為替で円が2円上がったそうですね。

サブプライムローンの影響の深刻さについてはこちらで少し勉強させていただいたのですが、さて、どうなることやら。

朝一でこの檄を読んで、ちょっと紹介したくなってサボっていた日誌書く気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

週末のイベントたち

おはようございます。&ご無沙汰してスミマセンでした。

門司港の魚住です。

土曜・日曜とライブ収録続きの週末でした。

土曜日は、先日ご紹介した加藤先生の「続 千の風コンサート」、
日曜日は、谷口さんのティエラ。

さすがに連ちゃんは疲れました。
そういいながら、実は今月に入って週末はライブ収録続きです^^; 4月のNPOサミットからこっち、収録した動画がたまりまくっています。HDDもパンパン。
仕事もいよいよ店じまいと新装開店が迫ってあわただしくなってきましたし、そろそろ今年は時間切れ。
8月以後は出歩かずに自宅作業専念です。

そうそう、昨日の日曜日は門司港ミニフェスタの第二回目が開催されていました。
(昨年の関連記事はここここ)
今年も雨の中ですね。
前日まで何も聞いてなかったし、おまけに今年もティエラとバッティングでお邪魔できず。
取り急ぎ、協賛用のお酒ラベルを作って置いてきました。

ということで、あたふたした日々でblogエントリーも書きませんでした。ごめんなさい。

画像は、
ミニフェス協賛のお酒ラベル
千の風ライブ会場で撮った一コマ
ティエラの様子一コマ        です。

2007_0722_mini 2007_0721_pict4769 2007_0722_pict5008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

mixiコミュの合同OFF会 門司港ホテルでわいわいしませんか?

おはようございます。

門司港の魚住です。

ちょっとmixiの門司港関連コミュ会員限定、という縛りがかかっていますが、OFF会のお知らせです。

以下、告知文書です。

門司港にお住まいの会員はご存知だと思いますが「門司港コミュニティ」というなかなか騒々しい^^;コミュがmixiにあります。そちらの方で前から「門司港関連コミュニティ合同で門司港人が一堂に会する機会をもったらどうだろうか?」という話が出ていたのです。
それで、唐突ですが来る7月26日の夕方、大OFF会を実施する運びとなりました。

【関門連携ミクシィ大オフ会】
           in門司港ホテルビアガーデン
・2007年07月26日(木曜日 19時開始)

料金は、通常3500円のところ、参加表明のあった方は3000円。
 (当日の受付でミクシィネームを言ってください。予約された方は席も取っておきます。予約なしの方は3500円で席の保証はありません)
 雨天でも屋内会場がありますので、決行します。

 まったくのノリで出された企画ですが、せっかくの夏ですから関門海峡を望むビアガーデンで、夏のオフ会をやりましょう。

地元だけのイベントになってしまい遠方の方には申し訳がないのですが、参加可能な皆様、ぜひご参加ください。お会いできることを楽しみにしております。

と、いうことで、よろしければぜひ遊びに来られてください。
でもmixiに参加していないけど、という方はご連絡ください。ご招待いたします。
ちなみに、私のmixiIDは「541596」です。
URLはこちらです。http://mixi.jp/show_friend.pl?id=541596

その上で私が管理を預かっている「ホントの門司港が大好き」コミュニティに参加してもらえれば、OFF会参加資格はできますので^o^

ホントの門司港が大好き
http://mixi.jp/view_community.pl?id=52490

みなさん、ぜひ。にぎやかに楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

見せなくてどうするのだろう? 見限られる日本

mixiのS.MATSU氏の日誌で知った記事です。

ちょっと苦笑。

http://www2g.biglobe.ne.jp/~aviation/paris07a.html
<パリ航空ショー> 三菱リージョナルジェット

わざわざパリまでモックアップ持っていって、「ダメだ、見せない」と押し問答に時間を使いわざわざ心証悪くすることもないだろうに・・・。それでは周囲から他の観客・ビジネスマンたちも生暖かく値踏みするのではないか、と。

なんか、こういう話が多すぎる気がする最近の日本。

この調子では飛行機も完成機ビジネスは成功しないかも。買い叩かれる永遠の下請けか。

フィナンシャル ジャパンの木村剛氏が「金融小国に向かう日本」というコラムを書いてますが、結局金融関係者に見限られて去られている日本の理由は、小言小姑のようにうるさく、でも肝心なことは決して自由にさせない日本に愛想をつかして、ということみたい。

木村剛氏のコラムはここに。mailnews版はもっと分量がありました。

その木村氏のコラムに、「マーケットはワクワク すべきものであって、ビクビク しながら付き合うべきものではない」という指摘がありますが、もしかして、「他人が仕事にワクワク感を抱いている」ということ自体を、不快・許せないと感じて星飛雄馬の父たらんとする感情が日本人と日本社会には充満しているのかも、ということもちょっと頭をよぎる陰鬱な朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

千の風コンサート vol.2

おはようございます。
門司港の魚住です。

昨年暮れから「千の風」ってヒットしていますが、私にはこれちょっと懐かしいヒットでした。

実は、下関の加藤先生が2004年にこの曲を取り上げてコンサートしているのです。
この件にふれた門司港nowのページはこちら

7月21日に、小倉のムーブで三年ぶりにこのコンサートの続編、「続 千の風コンサート」を開かれるそうです。

これをお読みの皆さんも、ぜひ遊びに来られてください。

加藤先生のwebはこちらです。

実は2004年のコンサートについて追加更新してなくて申し訳ないです。
2004年に開催したコンサートについては、すぐに動画はupしていたのですが、でもwebからずっとリンク張ってなかったです・・・m(..)m

2004年の先生のコンサート
千の風コンサートの様子はこちらでご覧ください。 vol.1  vol.2  vol.3
2004年の11月に門司港で開催されたコンサートの模様はこちらでご覧ください。

画像は今年のコンサートのポスター
2007_0721_1kkaze

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

星野村物産展 &日本沿岸域学会シンポジウム

門司港の魚住です。

ぎりぎりのお知らせになってしまい申し訳ないです。

皆さん、星野村ってご存知ですか?

八女の奥、日本の玉露の大産地です。
星野文化館という天文台付ミニペンションがあり、昔よく遊びにいきました。http://mojiko.com/UOZUMI/hoshino/index.htm

で、その星野村の物産展が明日栄町商店街で開催されるそうです。

実は、率いてやってくる方は門司の人だったりします。よかったら、ぜひ覗いてみてください。

それから、

明日、「日本沿岸域学会」という、日本の沿岸域の開発や環境などを考える学会の総会と研究セッション・シンポジウムなどが開催されます。
http://www.jaczs.com/jaczs/taikaiannai-moji.html

実は、シンポジウムの一環として、門司港の怪人(?)「バナナマン」こと秋武政道が下記基調講演をするそうです。
「住民の力で創る観光再生」
~インターネットを活用した住民理解と疎外感の排除~
門司区栄町:生涯学習センター 朝9:00頃~

下記の活動などを基に講演を組み立てるみたいです。
http://mojiko.com/mt/2006/10/post_95.html
http://mojiko.com/event/2007_0120/2007_0120_1.htm

当日参加も可能なようすです。皆さん、ぜひ門司港へ足を延ばしてください。

明日は天気も悪く雨に煙る門司港になりそうですね。
ですから、こんな古い画像を引っ張りだしてみました。

8707_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買っちゃった って焼きうどんのことではないのですが

どうしょうかと思いましたが、まぁ試しに買ってみました。
とりあえずボトル一本だけだけど。

信号よろしく三色そろえる気になりました。

赤が人参(コレ)

緑はバナナ(なんですよ、意外でしょ)

黄色は何にしようかなぁ・・・。

鮮やかなモルトって手もありかも。

緑が何かはこんどご紹介します。

こういうささやかな企みを続けて、一日の大半を窒息しながらかろうじて生きている昨今。

ところで、こういうものも買いました。「サッポロ一番焼きうどん」
こんど食べてみます。

2007_0702_img070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

knn神田氏が参議院選挙に出るらしい

MIXIでチラチラと見て気になっていたのですが、どうやら本当に立候補されるご様子。

ご健闘を祈念いたします。

http://knn.typepad.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久間発言についてMIXIで書いたこと

昨日、MIXIで書いたのですが、一応自分用の記録という意味でもこちらにも晒しておきます。

「おかげさまで悪の帝国ソ連を防げた。ありがたやありがたや」っていうのは、「白い日本人」の「神話」でしかないんですよ、これ。
元々ソ連とアメリカはベッタリ友好で、対日参戦を請いつづけていたのはアメリカだったこととか、原爆使用にもかかわらずソ連は9月まで侵攻を続けていたことは「不都合な真実」としてすっかり頭から消えていますし、第一両国の綱引きなど日本にかかわりのない話で、日本人が考慮する必要なんでまるでナッシング。
(大体戦争やめるのなんか当事者同士でテーブルの下でニギニギしあえば済むことなんですよ)
両国とも原爆に都合のよい口実をもとめてなんとか理由をつけすぎ。それが習い姓になっても打って勝った方はそれでいいが、打たれて負けた方は(封じられた)言葉と心に別の陰影があるはずで、それをまったく持っていないこと明らかになったら「お前、誰の(どこの)大臣や」という話になるわけです。

そのあたりの齟齬と恨の投げつけが明確に始まる前に無理やりでも引きずり降ろした公明党の危機感はgood。

「白い日本人」はちょっと怪しすぎ発言かもなぁ、とも思ったのですが、最近いわゆる「保守批判をする人々」の言葉にもなにやら上滑り的な違和感を感じてまして・・・。正直、「ちょっと周回遅れになってません?」といいたくなることもあって、これはちょっとやばいかなぁ、という気がしています。

止めが入らずが暴走はじめる黄色い日本人恨みの感情と、それに天上人として蔑みをなげるだけの白い日本人への分離、みたいな絵が浮かぶのですが、妄想ならよいのですが・・・。

とか書いたところで頭がいたくなったので終了(昨日から喉に違和感が・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

九州デザインシャレット

「九州デザインシャレット」という試みがこの秋に門司港をテーマに開催されるとのことです。

主催は、建築・土木、景観デザインなどを学んでいる大学生・院生、OBたちで、「九州をデザインする」をテーマに、対象ときめた現地に入り寝泊りしつつ短期集中でディスカッションして取りまとめた景観デザインを提案しよう、というものだそうです。

今回で三度目の開催で、今回のテーマは「門司港暮らし」とのこと。

大変興味深い試みだと思います。

この秋には、北九州国際ビエンナーレ’07というアートイベントも開催されるそうですし、

門司港はなかなか楽しみな秋を迎えるみたいです。

惜しむらくは私自身が職場の店じまいと新規開店(官営郵便局の廃止と新物流会社の立ち上がり)の騒々しさの渦中の真っ最中にいるだろうこと・・・。

残念です。*1

九州デザインシャレットのwebサイト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 3日 (火)

しょうがないじゃんに発破の会、じゃない葉っぱの会に出展

おはようございます。門司港の魚住です。

えーっと。
日本人なんか原爆で皆殺ししたからといってどーってことない、しょうがないやん、と言った国土防衛を担当する大臣がいる国があるそうで、ホゲホゲ感もきわまれりの今日この頃ですが・・・

えっ、違うの?
てっきり血の青い人が見下してそういう意味で言ったんだと思った^0^
言った方が悪いやら間で伝えたのが悪いやら・・・。

えーっと、そういう人ところにのこのこ出かけていく「発破の会」なんかではなくて、極々平和な草木の葉っぱを撮影する集まりの「葉っぱの会」というのがあります。
そのweb展示会に参加させていただきました。

展示会場はこちらです

もっとも出展した私の作品は一点だけ。No.4です。
朝から妙なこと口走ったお詫びに、皆さんのさわやかな葉っぱの画像で和んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

週末は収録三昧

門司港の魚住です。

なんか立て続けに収録依頼を受けて会場へお邪魔した週末でした。

土曜日の夕方は、ウーヴルさんの開かれた「大人のための絵本と朗読の夕べ」にお邪魔して動画と静止画を収録してきました。

日曜日は、先日ご紹介したとおり昨年に引き続き木屋瀬で開催された「白象君がやって来た」の記録写真撮りスタッフの一人としてお邪魔してきました。

二日続けて家をあけることが続くので、こういう場合は娘は妻と実家へお泊りへ。

出先で「娘さんどうしてる?」と聞かれるたび「妻が実家につれて帰っています」と答える私。

人によっては私に聞くたびに「妻と一緒に妻の実家に・・・」と毎回同じ答えをもらうので、そろそろ誤解され「家庭崩壊説」が囁かれるかもしれないなぁ、と思う今日この頃。

(私の実家も妻の実家も共に半径2km以内です。ちなみに)

画像は絵本朗読中のウーヴルの講師たちと、「白象君」の舞台の1シーン

2007_0630_pict4356

2007_0701_pict4489

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日更新しますからー

と一昨日書いて昨日は更新しませんでした。

ゴメンなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »