« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

アジール

CNET Japanのコンテンツの一つ、「坂本多聞氏のインサイドアウト」に

ビジネスでも大事な、逃げる勇気と知恵」というエッセーがありました。

読んでいて、昔、山本七平氏が「日本には"アジール"という発想がない」ということを書いていたのを思い出しました。

アジールとは、世俗から距離を置き、そこ(多くは教会・寺院)に逃げ込むととりあえず誰であれ、誰も引きずり出して追及できない、という"神聖避難所"というかんじのイメージです。その裏には「しょせん、人間なんぞにろくな社会はつくれない。個人に責任を帰することができない悲劇もある。それに対処する」という発想だったと思います。

山本七平氏が、歴史的に無い、と書いていたのか、今の日本にはない、と書いていたのか思い出せませんが、つらつらと思うに、今の日本で唯一アジール的な場所は病院かなぁ、とか思います。
でも、病院をそういう逃げ込み先という使い方をするのは万民に可能なわけではなく、個室に入院して病院に無理を言える「金とコネのある人だけの特権」ですから、アジールとはいえないですね。

とか、つまらんことを書いてスミマセン。

元々の坂本氏のエッセーに戻って、

昔、「経営者の本当の仕事は、見切りをつけてうまく切り捨てていくこと」と言った人がいますが、けだし名言だと思います。戦争でも相場でも、あるいは一個人の人生でも、無限のソースを持たない以上は多分多くのことをあきらめざるを得ない。だから、手にしている物事でも引き時の見極めが一番大切なんだろうと思いますし、一番勇気がいるのだろう、と思います。

抱えていれば「あるかもしれない可能性」を捨ててしまうのですが、にもかかわらず、「それはわが一期に無用なもの」と捨てるためには、先の分からないどういう暗闇の中でも自力で歩いていける、という自信みたいなものが必要でしょうし。

って、んなこと書くつもりじゃなかったんだけどなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

門司港からまたいろんな建物がなくなっていくらしい

私が言っても蟷螂の斧。しかたがないしノイズでしかないのですが、

うちの職場の隣にある旧西日本シティ銀行門司港支店=旧三井銀行門司支店とか、

廃墟系のメッカ、浅野セメント門司工場とか、

門司港のけっこう知られている建物が今から次々と解体されるそうです。

寂しい話です。

誰か、買いたいって話引っ張ってきてほしい、です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なぜ時・風なんとか容疑者は収監されないの? 証拠隠滅を容認するのだろうか?

不思議です。

集団暴行で殺人犯した事件の首謀者なんでしょ?

集団暴行で死者が生まれ、遺体を火葬にまでしようとした事実があれば、とりあえず容疑者全員緊急逮捕して引き離し、口裏合わせと証拠隠滅を防止するのは当然の処置だと思うのですが、なぜ容疑者たちは世間を堂々と歩いているのだろうか?

法の正義と平等に反するのではないか、と思えてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州国際ビエンナーレ’07のオープニング・パーティ

本日夕刻、北九州国際ビエンナーレ’07のオープニング・パーティが開催されるそうです。

9/28 Fri. 19:00 オープニング・パーティー

会場 門鉄総局ビル(駅隣 いわゆる旧JR九州本社ビル)

入場料 ¥1000(ドリンク+フーズ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

相撲部屋に行かせるくらいならフランス軍へ行け

相撲部屋なんぞに行かせるくらないら、フランスの外人部隊にでも入隊させた方がよっほどマシじゃねぇか?
(第三連隊に所属したらギアナの留守番だ。アリアンの打ち上げ基地にいけるぞ -それがどうした-.-;) -)

という気がします。

http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200709/sha2007092706.html
17歳力士死亡事件を立件へ…時津風親方も暴行と制裁を指示
大相撲の時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん)=当時(17)、本名・斉藤俊(たかし)さん、写真上=が6月、愛知県犬山市でけいこ後に急死した事件で、同県警は26日、制裁目的の暴行があったとして、時津風親方(57)=元小結双津竜、本名・山本順一、同下=と部屋の兄弟子ら数人を、傷害致死容疑などで立件する方針を固めた。親方は斉藤さんを「ビール瓶で殴った」、兄弟子の1人は「金属バットで殴った」などと供述している。

言語道断でしょあらゆる点で。
興行(見世物)で格闘技やっている「プロ」のくせに、相手が死ぬとか興行の商品として役に立つかどうかの見切りもできないそうな。大したプロ組織ですなぁ・・・。

年寄りが自己讃美する「日本」って、本当に終わっているなぁ、と年寄りの自己憐憫政治の時代が始まったこのタイミングで思わされた、ため息が出そうな今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

好々亭の閉店 ルー大柴さんが取材したのが一年前か・・・

mixi門司港コミュ(顔出せなくてスミマセン)で知りました。

栄町の好々亭が今月一杯で閉店と。

昨日の昼、お邪魔したのですが、もう営業はされていませんでした。

残念です。

ふと気がつけばテレビ番組でルー大柴さんが門司港に来て、好々亭も取材されて、あれからほぼ一年ですか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世も末

朝のフジテレビのニュース番組を見たのですが、

せっかく新内閣ができたのに、芸能ネタとしてしか扱われていない、というのは、どういうことでしょうか?

そうとう末期的な気がしてしかたがないのですが・・・。

末期といえば、某大企業組織の最後の一週間が今日も慌しく過ぎていくことでしょう。
週末はご出棺ですが、骨の拾い方(最後の日のお金の処理)とか、どうなるのだろうか?
来週からの身の処し方(仕事の仕方)も含めてさっぱり分からない今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

ふふーん

閣僚経験のない、ほとんど党務一本の人が首相の印綬を帯びるのって、過去にどのくらい例があるのでしょうか?

その割には、経験不足を危惧する声がまったく上がってこないというのは、人徳のなせる業か、そういうバイアスがかかっているのか分かりませんけど、不思議と重心の安定を感じて信頼したい思いに駆られている人が多いのは事実でしょう。

人生こういう時にこういう展開になるとはご本人も思っていなかったのでは?

天の声には変な声もある、とか言って年寄りを喜ばしてくれるとか、マイクパフォーマンスにも期待します。

しかしあえて申し上げますと、時間がかかる仕事というものばかりでしょうから、淡々と、一生懸命やってください。

まぁすぐ出せるならそれが一番ですけど

m(..)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

撃っちまった核弾頭

って、某国のエンジニアの溜まり場だったらしいシ*アの某所を爆撃したイスラエルの話ではなくて、FOMCの0.5パーセントの利下げのことです。

(まぁ、爆撃の話も、両国が仲良く?緘口令を引いているのがキモイのですが^^;)

もちろん、二の矢、三の矢はあるのでしょうが、衝撃と畏怖を与えて参加者の頭切り替えさせることが安心の最終保有者である帝国のお仕事であるなら、そのもっとも効果的な力は、これで使ってしまったなぁ、と。以後の効果は逓減するでしょうし。

これでおちつけばいいけど。

下記のような事例も出てきたようですし、深刻化するのに比例してだんだん打つ手がなくなってくる気がする・・・。

http://www.sankei.co.jp/keizai/kinyu/070917/kny070917000.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

うちじゃん、この表紙

週末、スタンドで給油&洗車の間、車を降りて待合室で座っていた時です。

目の前に「楽生人」というフリーペーパーが積んであるのをぼさーっと見るとも無く眺めていてふと気がつきました。

今月号の表紙って・・・うちやん。

真ん中に踊る「台湾」の大きな字にてっきり「あぁ台湾にはこんな小汚い店があるのか」と納得しかけてました^^;
ねえよ、こんな変なポスター作る酒なんて、世界のどこにも・・・。
小さく映る自分で作ったポスターに「あれ、どこかで見たような・・・」とようやく気がつきました。

この雑誌は5万部刷ってるフリーペーパーだそうです。もし街で見かけたら、ぜひお手にとってくださいm(..)m

楽生人のwebサイト

純米酒UOZUIの紹介ページ(更新してなくてゴメン)

2007_0916_img235

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

白川義員先生の「世界百名瀑」

門司港の魚住です。

9月12日から、小倉井筒屋のパステルホールで写真家白川義員先生の「世界百名瀑」が開催されています。
今回のテーマは瀧です。

もうこの星に、過去先生が撮っていない、人類というサルの一種類に形而上的な"霊性"と呼ぶべき精神性をもたらした「畏れを抱かせる偉大な景色」など残っていないだろう、と思っていたのですが、瀧という存在には気がつきませんでした。

昨日出かけて拝見してきたのですが、なんだかズドンと消耗しました。多少プリントクオリティに「あれ?」と思う点があったのですが、そんなことお構いなしに作品は素晴らしいの一言でした。それだけに、お気軽に「心が洗われます」では済まさない力があって・・・。

恥ずかしい話なのですが、昔、夜中に星を見に行って海から昇ってくるオリオン座を見たとき、何か恐怖を感じてそそくさとそこからトンズラしたことがあるのですが、多分、この「百名瀑」の現場にいったら、私は動けないかへたり込むか、逃げ出すのだろうな、と思います。

つくづく小人だな、と自分のことを苦笑い。

展示は24日までです。

小倉井筒屋の展示紹介web

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

北九州国際ビエンナーレ'07のボランティァスタッフ募集の件

シャレットが終了した後の門司港で、入れ違いのようにこんどは

北九州国際ビエンナーレ'07

というアートイベントが開催されます。

webはこちら

主催者から、下記のお願いがアナウンスされています。

ビエンナーレの会場での展覧会受付&監視業務、人員が足らず困っています。もしよかったら、サポートスタッフの一員として お手伝い頂けるとうれしいです。


日時:9月29日(土)から10月31日(水)
日~木曜 10時から19時(ローテーションに伴い休憩あり)
金、土  10時から21時(ローテーションに伴い休憩あり)
内容:展示会場(旧JRビル) 受付業務 および 監視員
必要人数:毎日3名~
                           

何であれイベントというものは、雑事の積み重ねです。
華やかな舞台とは無縁の無味な事務をこなしてくれる無数の努力の上にしか、イベントは成り立ちません。

よかったら、ぜひこのチャレンジにご参加を。

手伝ってもいいよ、という方は、
info@a-i-k.jp 北九州国際ビエンナーレ事務局

までメールアドレスと本名と生年月日と、可能な日にちをご連絡ください。
サポーターとしてじゃなくても、スポットで**は手伝えるよ、という方もぜひ。

参加したからといって、何が約束されるわけではないのでしょうが、スタッフになると、交通費の支給があって会場への自由な出入りが許されるらしい、です。

「隊員求む。
わずかな報酬。厳寒と漆黒の闇。
絶えざる危機。
生還保障せず。
されど、成功に名誉あり」*1

とか求めているわけではありませんのでお気軽にどうぞ^0^

*1アーネスト・シャックルトンが南極探検のためロンドンで新聞に打った隊員募集。
求人広告の不朽の名文といわれているものらしいのですが、これで5000人志願してきたというのだからイギリス人というのも変なヤツらだと思う・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州デザインシャレットの最終発表会が本日開催

九州工大現代GPプログラム 地域支援セミナー
シンポジウム「これからの門司港を考える」

日時:9/17 

開場12:00

場所:門司生涯学習センター

=入場無料=


最終シンポジウム13:00~16:45
各班の最終成果物発表とともに、特別講師の方々によるパネルディスカッションが行われます。

学生さんたちが1週間かけて練り上げたこれからの門司港のデザインプランの発表です。

お時間のある方、ぜひ会場へどうぞ。


九州デザインシャレット web

この間紹介した、と思ったら、もう最終日なんですか。

なんか、時間のたつのって、早いです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

うっ、欲しい。

MIXIのマイミクさんの日誌で知りました。

The Finnish Defence Forces will auction off a number of antique tanks

出物がなんと、

 Three Sturmgeschütz III Ausführung G assault guns. 

http://www.defense-aerospace.com/cgi-bin/client/modele.pl?session=dae.29498132.1189774993.E9Mt1X8AAAEAAGwSbdEAAAAF&manuel_call_cat=3&manuel_call_prod=86042&manuel_call_mod=release&modele=jdc_inter

三号突撃砲G型ですが・・・。こんな出物は二度とないぞー。

欲しい^^;

って、落とす金があったとしても、どこに置く気やねん。

うちのマンションの駐車場に置いたら、高台で周囲をコンクリート壁に囲まれて町と海峡を睨む75mm砲という、さながら配置につきましたけど市街戦やります?の世界に・・・。

そういえば、たしか宮崎駿氏が三突オタクとしてプラモデルの専門誌に連載もっていたような記憶があるのですが、ジブリにはぜひこの機会にオークションに参加して欲しい、とか勝手に希望します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読み応えあるなぁ

と、思いつつ楽しませていただきました。

王侯将相いずくんぞ種あらんや「植民地だったアフリカ

欧州と北アフリカは元々一つ世界のお隣さんみたいなものでしょうけど、今では大陸全体が腐れ縁ということで、まぁ喧嘩してても犬も食わんからほっとけ、という気がします。

とりあえず気になるのは、じふんとこの腐れ縁なんだよなぁ・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

おどろいたなぁ

昨日の首相辞任には驚きました。

とりあえず、朝一番に死んだの一報が入っていないことに少しホッとしております。

みっともないから首吊りなんぞやめてくれ、政治家がそんなみっともない真似は屑だし国の恥だし、とか思っていました。

もっとも立腹切って憤死するほどエネルギーがあれば、最初から辞めんのが政治家ってもんだろうしなぁ・・・。

池田勇人のように療養に専念されることになるのでしょうか?
それとも思わぬ長い老後を過ごされることになるのでしょうか。
いずれにせよ、どうぞ心安らかにお過ごしください。

あなたの治世は、絵空事にのみ生きる人々が口汚く罵るようなたぐいものではけっしてなかったと思いますし、年金問題も行政(このトンマな組織!!)の長として誠実な対応をされたと思います。むしろ、エア年金だの年金選挙だのの騒ぎの最中、年金を消えさせたりちょろまかした張本人たちではないかと言われてもしかたがない自治労の役員をしゃあしやあと国会に送り込んだハレンチで矛盾した民意や、都合のよいときだけそれを振り回す手合いの言うことなど、なにほど気にする必要もなかったでしょう。
自由のリーダーを自称する者が、人攫い居直り強盗に急に媚を売ったとて、西戎北狄とはその程度の人倫しかしょせんもたない、と割り切ればよかったのです。裏切られたと気に病む必要などないし、国内の安っぽい「仲良しバスに乗り遅れるな」派もふくめて心中で哀れんでやればよかったのです。

思うこととやれることに距離があることくらい、この国の普通の生活者は知っているし察することもできますから。

お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

痛車、かめはめ波、清華大のアニメ研

おはようございます。門司港の魚住です。

えーっと、そーとー恥ずかしい表題は、今朝見たサイトのキーワードです。

痛車は、Xbox用のゲーム"Forza Motorsport 2"で、日本からアニメキャラがペイントされたエントリーマシンが続々登場し、あのちゃちな作画機能でなぜこの絵が描ける?と世界で「驚いてアゴが床に落ちそう」な思いをする人々続出、という「やっちまったぜ日本人」ネタ。
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/column/20070619/1001039/

かめはめ波は、YouTubeでSFX使ったかめはめ波やるのがちょっとしたブームらしい、というお話。
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/col/20070523/122073/

清華大のアニメ研は、最近、明日の中国のトップエリートが日本の漫画・アニメに嵌っているのを対中懺悔世代が理解できない気持ちのままレポートしているものです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20070906/134211/

 「あのう、こ、恋とか……愛とか、そういうのって、誰の心の中にもあると思うんですが、でも中国の漫画は、そういうことはあまり語ってはいけないから……。でも日本の漫画はありのままの気持ちを正直に描いているので、ああ、こういうことを正直に描いていいんだなぁと思って、すごく惹き付けられて……」

こういう言葉を読むと、さすがは世界最古の恋愛小説(源氏物語)が書かれて、それから1000年文法が変わっていない国だよなぁ、とか思います。
4000年の歴史なんてホラ話を無視すれば、漢文というのは、行政用語集・正当語彙録であって人間の生活の言葉ではないのですし、書き言葉として自国語(誰にとって?)をもち磨く機会をもてなかったぶつ切りの時間が埋もれているだけの大陸の悲劇を、ここ百年ほど日本語の存在が陰に陽に相当救っている部分が実はあるのかもしれません。
(だから、ヒステリックに日本と日本語を否定したがる人たちも大陸の周囲には存在することになるのかもね・・・)

とか、まぁ妄想です。

たまたま、一緒に読んで面白かったものですから、まとめてご紹介。

それにしても、こういうのをまとめて読んでみても、やっぱり変な国ですなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

日本株が特に弱いわけに・・・

おはようございます。門司港の魚住です。

プロの場立ちがライフワークで続けている著名な私的マーケットレポート「虎年の獅子座」さんが紹介されていたのですが(こちら-blog版-)、ボロボロと下がって世界から取り残されたような独歩安の日本の株価、blogerの中には、昔のスペイン・ポルトガルのように、冨の退蔵による消滅の道を歩んでいる、と指摘する人々もいるみたいです。(その一つはこちら)

日本の株が下がりつづけるその理由の一つに、郵貯資金が保有株を売っているから、というのがあるかもしれないそうです。

うちかよ・・・、下手人は^^;

まぁ、もちろんこれ「だけ」が原因ではないですけど、ただ、この時期にせっせと売るのねぇ、という気はします。

考える株式投資郵貯の日本株・外国株・外国債売り

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

デザインシャレットの学生さんが三宣楼の掃除

これも昨日のことです(昨日中に書けよ^^:)が、前にちょっと紹介した「デザインシャレット」というイベントが本日から開催されます。
その九州デザインシャレットに参加する学生さんたちが、三宣楼の清掃を行いました。

ありがとうございます。皆さんお疲れ様でした。

今日からなんですね。がんばってください。

九州デザインシャレット2007のwebsite -今年のテーマは「門司港ぐらし」-

追伸
昨日の掃除、私は終わる頃にお茶・水の差し入れにいっただけで何もしていません。
おまけに他の参加者(某こうじさん)とくっちゃべった雑談の中身が、
「20で結婚してたらこの子たちくらいの子供がいたんだなぁ」だの、
「最近は腰が痛い」だの
「つぎに来るのは老眼で、遠くばかりが見やすくなるとかなりショックらしい」
だの、
やだねぇ、中途半端な年寄りごっこ・・・。

ゴメンなさいねぇ。
まぁ、過疎の町の古い建物の中だから、ということで・・・m(..)m

画像は最後の挨拶の様子

2007_0909_img230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日を浴びに

おはようございます。
門司港の魚住です。

昨日のことですが、朝日が見たくなって起きてすぐ恒見まで足を延ばしました。
スカッとした日の出、というわけにはいきませんでしたが、朝日を見ることができました。

今回はカメラ抱えていきましたので少し撮りました。

(昨日は、夕日も綺麗だったんです。でも、こちらは動けませんでした。)

2007_0909_pict5345

2007_0909_pict5343

2007_0909_pict5355

2007_0909_pict5351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

すごいなぁ、台本のフリー化ですか

finalvent氏の日記で知りました。
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20070906

旅で地方などに行きますと、地元の小さな劇団の私の原作公演のチラシが風に舞ってるのを見ることがあります。
私の作品は劇団員15人ぐらいの貧しい小さな劇団で、あまり装置や衣装なんかにお金を使わなくてもやれるように書いてあります。徐々に上演台本をアップしていきますので、ダウンロードしておやり下さい。
高知の劇団でしたら「熱海殺人事件」も桂浜を舞台に「桂浜殺人事件」とされるといいと思います。
営利を目的としない、2000円~3000円でやる小劇場や学生さんの小さな劇団等の方の上演料はいりません。自由におやり下さい。お知らせだけ郵送でくだされば結構です。
http://www.tsuka.co.jp/jimusho/news/p-daihon.html

後進を育てる、ってのは、こういうことを指す言葉だよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

700番キター !!

ソニーがαの新型を発表。

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200709/07-0906/
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/09/06/6989.html

よーやく出ましたか。ホッ。

ほう、型番700ですか。ミットレンジ「7」&フラッグシップ「9」のミノルタ以来の伝統的命名法に従うということかな。これも嬉しいなぁ。

さぁ、金貯めねば。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 6日 (木)

虹を見た朝

朝からとっても綺麗でした。

でも、昔、綺麗な虹を見た晩に911を見たことを思い出し、綺麗な虹には同時にふっと不吉な兆しも感じてしまったりします・・・。
http://mojiko.com/now/old/2001/now0912_2.htm

2007_0906_img224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

明子画伯の絵と古城保育園の育児講座

明子画伯作「おじいちゃん」だそうです。

えっ、「パパ、パパ」って、そうなのか?俺なのか?この絵は・・・。

追伸

土曜日に古城保育園で育児講座が開かれるそうです。
(バカ娘がいつもひだまりでお世話になっておりますm(..)m)
お時間があれば受講お勧めいたします。

2007_0905_img222

2007_0905_img223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

ここまで書かれるというのもなぁ

切り込み隊長のblogを読んでリンクを辿って読みました。

いやはや、なんというか、凄い言われようだなぁ、と。

http://sorceress.raindrop.jp/blog/2007/08/#a000817

まぁそれはともかく、F22導入する代わりに機密保持を名目にがんじがらめにされて開発技術もなにも全部持って行かれる可能性、というのはたしかにありそうな話ではあります。

ところで、また大臣が辞任ですか・・・。

首相云々より、「大丈夫か?この組織(政党)」という心配が・・・。

よってたかって自分とこの党首の首に紐かけて足引っ張っているようにしか見えないけど^^;
(そんなに戦後レジュームから脱却されたら困る人たちがいるのだろうか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

第三回リバーサイドコンサートが土曜日に開催されました

土曜日、第三回リバーサイドコンサートが開催されました。

18時開演のところ、直前の17時に激しい雨が降り、さすがに開催が危ぶまれましたが、無事開催されました。関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

コンサートの模様が、本日9/3の夕方、NHKのニュース番組内で紹介されるとのことです。ぜひご覧ください。

第一回と第二回の様子はそれぞれこちらこちらでご覧ください。

2007_0901_pict5142

2007_0901_pict5216

2007_0901_pict5302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の移動を増やすためには いっそ

今しがた読んだ「かんべぇの不規則発言」に

安倍改造内閣にとって「地方活性化」は重要な課題となりますが、果たしてどんな手を打てばいいのか。おそらくは「人の移動」を増やすことが鍵だと思うのですが、それではどうやれば人の移動は増えるのか。

とありましたが、それ読んで思ったのですが、いっそ、

「首都制廃止」はいかがでしょうか?

政府と中央官庁と国会は留まるのは一定期間内と決めて国内を巡幸する、っていうのはいかがでしょうか?

今の技術をもってすれば、デジタルノマドな中央政府って、不可能ではないと思うですが・・・。

まぁやっちまえば、日本の世俗権力体系は文字通り"幕府"になるのでしょうけどねぇ^O^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまった!!見逃した人工オーロラ 

おはようございます。門司港の魚住です。

昨日の夕方、実験していたのですか。あぁー、見逃してしまった。残念!!

高度300kmまでの中性・電離大気観測と気象・海洋現象の多波長撮影を目的とした観測ロケットS-520-23号機の打上げ実験は、下記日時に終了ました。

打上げ日時:2007年9月2日(日)19時20分(実験時間帯19時05分~19時35分)

実験の開始を報じた新聞記事
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200708230012.html

このロケット、四国沖の太平洋上空でリチウムを放出して地上から観測するという実験を行いました。この放出したリチウムが太陽光を受けて光る雲が,西日本各地で観測されることが期待されていたので、私も密かにどんな光景になるか先週MIXIのFSPACEで知って楽しみにしていたのです。

が、週末になってすっかり忘れていました^^;

実験は昨日の夕方行われて、赤く輝く雲が観測されたみたいです。
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/lifepark/ksc/release/070830_ksc_release.html

うーん、見たかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »