« 好々亭の閉店 ルー大柴さんが取材したのが一年前か・・・ | トップページ | 北九州国際ビエンナーレ’07のオープニング・パーティ »

2007年9月27日 (木)

相撲部屋に行かせるくらいならフランス軍へ行け

相撲部屋なんぞに行かせるくらないら、フランスの外人部隊にでも入隊させた方がよっほどマシじゃねぇか?
(第三連隊に所属したらギアナの留守番だ。アリアンの打ち上げ基地にいけるぞ -それがどうした-.-;) -)

という気がします。

http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200709/sha2007092706.html
17歳力士死亡事件を立件へ…時津風親方も暴行と制裁を指示
大相撲の時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん)=当時(17)、本名・斉藤俊(たかし)さん、写真上=が6月、愛知県犬山市でけいこ後に急死した事件で、同県警は26日、制裁目的の暴行があったとして、時津風親方(57)=元小結双津竜、本名・山本順一、同下=と部屋の兄弟子ら数人を、傷害致死容疑などで立件する方針を固めた。親方は斉藤さんを「ビール瓶で殴った」、兄弟子の1人は「金属バットで殴った」などと供述している。

言語道断でしょあらゆる点で。
興行(見世物)で格闘技やっている「プロ」のくせに、相手が死ぬとか興行の商品として役に立つかどうかの見切りもできないそうな。大したプロ組織ですなぁ・・・。

年寄りが自己讃美する「日本」って、本当に終わっているなぁ、と年寄りの自己憐憫政治の時代が始まったこのタイミングで思わされた、ため息が出そうな今日この頃。

|

« 好々亭の閉店 ルー大柴さんが取材したのが一年前か・・・ | トップページ | 北九州国際ビエンナーレ’07のオープニング・パーティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/16587709

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲部屋に行かせるくらいならフランス軍へ行け:

« 好々亭の閉店 ルー大柴さんが取材したのが一年前か・・・ | トップページ | 北九州国際ビエンナーレ’07のオープニング・パーティ »