« デザインシャレットの学生さんが三宣楼の掃除 | トップページ | 痛車、かめはめ波、清華大のアニメ研 »

2007年9月11日 (火)

日本株が特に弱いわけに・・・

おはようございます。門司港の魚住です。

プロの場立ちがライフワークで続けている著名な私的マーケットレポート「虎年の獅子座」さんが紹介されていたのですが(こちら-blog版-)、ボロボロと下がって世界から取り残されたような独歩安の日本の株価、blogerの中には、昔のスペイン・ポルトガルのように、冨の退蔵による消滅の道を歩んでいる、と指摘する人々もいるみたいです。(その一つはこちら)

日本の株が下がりつづけるその理由の一つに、郵貯資金が保有株を売っているから、というのがあるかもしれないそうです。

うちかよ・・・、下手人は^^;

まぁ、もちろんこれ「だけ」が原因ではないですけど、ただ、この時期にせっせと売るのねぇ、という気はします。

考える株式投資郵貯の日本株・外国株・外国債売り

|

« デザインシャレットの学生さんが三宣楼の掃除 | トップページ | 痛車、かめはめ波、清華大のアニメ研 »

コメント

日本の金利、株価、郵貯の株売りなどなかなか興味深いブログなどのご紹介ありがとうございました。

ゆっくり読ませて楽しませていただきました。

日本のこの異常な低金利は、きっと日本全体、すべてにおいて、大きな「悪」となっているのではないかと、思います。

投稿: Mitchan | 2007年9月11日 (火) 10時56分

Mitchanさん、どうもです。

お金溜め込んだ国の異常な低金利、というのも、かわいいお金には旅をさせよ、という自然の摂理かもしれないなぁ、とか、ふと思う私もいます。
強いられた旅が主人公を成長させ、主人公の成長に合わせて世界も成長し、やがて王の帰還の大団円にいたる、というのは三文小説の定番ですから^o^)

投稿: KU | 2007年9月14日 (金) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/16411449

この記事へのトラックバック一覧です: 日本株が特に弱いわけに・・・:

« デザインシャレットの学生さんが三宣楼の掃除 | トップページ | 痛車、かめはめ波、清華大のアニメ研 »