« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

明日の夕方、RKBの中継がくるみたいです

門司港の魚住です。

急な話ですが、明日の夕方、RKBの生中継が魚住酒店に来るみたいです。

面白そう、と思った方、一杯がてら覗いてください。で、なければ、テレビ見てください。18時頃らしいです。

私も現地に行くつもりです。出演できるかどうかは全く不明ですが。

一応、「私だったら、どういじってもらってもOKです」とは伝えました^^;

結果番組が楽しくなって、「門司港って面白そう」と視聴者に思ってもらえれば万事OKですよ。

でも、「門司港って、変・・・」と思われたら、皆さんゴメンなさい。

昔聞いた言葉に、「私たちは"おもしろい人"を探しています。"おかしい人"を探しているのではないんです」というのがありますが、私の場合、多分に後者に重心がかかっていそうで・・・。

12/1追記
スミマセン、生じゃないそうです。今日は収録に来られるそうです。
そそっかしくて、スミマセンm(..)m

12/2追記
無事収録は終了しました。
また放送されるが決定したらお知らせします。
ボツったりして^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

「国王が1日だけ、統治できない精神状態にある」

さっき読んだNBonlineのベルギーに関する記事で気に入ったセリフです。

「ベルジアン・コンプロマイズ」(ベルギー式妥協法)の実例として紹介された国王と議会の綱引きの例。

議会が人工中絶の合法化に関する法案を通し、国王が「朕の良心が署名することを許さない」として承認を拒んだ。
さぁ、まさしく国体の危機。

で、間に挟まれた政府がとった法解釈が表題の一文。ベルギー憲法の中に「国王が精神病など統治できない例外的状況下では、国王の署名なしで法案を通すことができる」という例外規定があることを見つけ出してきて、そこで妥協した、というお話。

乱用すると危険極まりない手法ではあるのですが。
なかなかお見事な妥協策だな、と思います。

記事によると、欧州大連立の流れの中、アイディンティティを身近に求める心理が南北の言語別民族対立の流れを少しづつ先鋭化させて国家としての危機を迎えつつある様がレポートされていますが、さて、どんな形で国を続けるのか、それとも、"欧州"という単位の個別の地域に解体されてしまうのか、中々興味深い記事でした。

ベルギー:「国家分裂危機」の真相
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20071122/141410/?P=1

でも、こうして構成国が内部で解体されていく流れの中で、なお欧州は大連立を維持しうるのかな、という気もします。
ユーロの貯金とか投信とか、微々たる物ですがもっているものですから、「絶好調だけど、本当にこの通貨いつまでも大丈夫か」という気持ちもあるから、こういうニュースが目端に引っかかるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

門司港のクリスマスイルミネーション

メリークリスマス!!

ちょっと(そうとうに)早いけど

2007_1127_img283

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさかこの値段で飲めるなんて!!

脱帽です。

ワンショットこの値段で、利益でるのだろうか・・・。

2007_1114_img280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

詩のボクシング」行ってきました

先日お知らせした「詩のボクシング」福岡県大会、お邪魔してきました。

実は、陰気でおたくな、と思っていたのですが、考えていたよりずっと面白かったです。

来年も赤煉瓦で開催される予定とのこと。

来年もご縁があればぜひお邪魔したいです。

詩のボクシング公式サイトはこちらです。

2007_1125_dsc00152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

万灯会 -昨日の晩の功山寺-

門司港の魚住です。

「すごく綺麗だから、行ってきなさい。」と、義理父母に勧められ、昨日の晩、長府の功山寺にお邪魔してきました。

確かに綺麗でした。蝋燭の灯火と、紅葉がよいコントラストでした。

来年は、ぜひ皆さんもどうぞ。

2007_1124_dsc00127

2007_1124_dsc00136

2007_1124_dsc00132

2007_1124

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月22日 (木)

日曜日は「詩のボクシング」福岡大会

おはようごさいます。門司港の魚住です。

日曜日、下記の通り詩のボクシングが大里の赤煉瓦プレイスで開催されます。

私は、ボランティアカメラマンでお邪魔します。A700の初仕事。7Dはこれが終われば暫しメンテナンスでドック入り(メーカーでのCCD清掃)。

どんな世界なのでしょうか?皆さんも、日本語インシャードのちょっと濃い世界を覗いてみませんか?

・「詩のボクシング」福岡大会
・日時 11月25日(日)
     13:00開場 13:30ゴング(開演)
・会場 門司赤煉瓦ホール
     〒800-0063
      北九州市門司区大里本町3-11-1
     TEL 093-372-0962

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

新装備で撮影した夕方の雲

おはようございます。門司港の魚住です。

久しぶりに画像のupです。

新装備のこれで撮影しました。
SONYのあるふぁ700、就役です。

と、いっても、セッティングがよく分かりません。7Dの1操作1ボタンの操作体型は、何も考えなくでもすぐ使いこなせてよかったなぁ・・・。

とりあえず電源入れた状態で撮影してみましたが、うーん、色が浅い。明るい。さながらアメリカ西海岸の日差しが似合いそうな絵作り。
私って、北欧の陰気な午後、弱い斜光線を浴びた建物の裏の影で、ダンゴ虫のように丸くしゃがんでうじうじするときっと心か落ち着くかもしれない人間ですから、もっと重た苦しい重厚系の色が好みなんだけどなぁ・・・。

とりあえず画像は少しフォトショップで弄ってからup。

それにしても、展開したら一枚34MBになるのか・・・。
バイオタイプUでは荷が重いなぁ。

2007_1118_dsc00055 2007_1118_dsc00056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

BCCKS

これは面白そうなサイトが立ち上がったなぁ。と思いました。

今やwebでここまでできるのですねぇ。

http://bccks.jp/
BCCKS - ブックス - Preview版 -
BCCKSはカンタンにwebの「本」が作れるサイトです

正式サービス開始がちょっと楽しみです。

翌日追記
多聞氏がAmazon Kindleと組み合わせてblogで紹介されています。
こちらです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

丸一日すぎて、ようやく酒が抜けた

おはようございます。

mojiko.comの魚住です。

一昨日、角文研参加で戸畑で痛飲。

昨日は地球が回っているのを実感しながら過ごした一日でした。

ようやく抜けたみたいだなぁ。

いやはや楽しかった。けど、さすがに昨日から酒の瓶見るのもきついです。

「北九州-大連の航空路を開設しよう」という話題から、酔った勢いで、

「もしも大慶の油田が十年早く発見されていたら、あの戦争もないし今頃日・韓・漢の三地域はEU以上の統合状態で、そのままあと100年もしたら日本人というのも"アジア人"という範疇にとけてしまってただろう。そこまで世界をもっていけたら日本天晴れ、と後世が語っただろう」
だとか、
「やがて世界はユーラシア大陸のイスラム世界と、米中と日本が組つほぐれつの"近代人造国家成れの果て融合"に二分されるだろう」
だとか、
まことにいかがわしいイフ世界に突っ走ってしまい、付き合うことになった会員には、つくづく申し訳なく、まことに遺憾に思いますm(..)m

でも、あの戦争と敗戦がないと、アジアアフリカ各地域が独立した国家うじゃうじゃの今の政治世界も、この半世紀の経済の発展もなかったし、イノベーションもなかったし、それに変わるものがありえたかどうか、という疑問もあり、しょせんイフ話なのですが・・・。

あぁー、朝から何書いているのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

川村妙慶さんのポッドキャスト

おはようございます。門司港の魚住です。

川村さん(妙慶さん)のポッドキャストが配信されているそうです。

妙慶のROCOCOなひと時
http://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/rococo/netradio/

ダイジェスト版とのことですが、ぜひご試聴ください。

とってもお忙しい方で、久しくお会いしていませんが、お元気かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人材がほしいなら

昨日『門司港まちづくりシンポジウム』、何もお手伝いしないまま途中で入場しました。

で、パネラーのお話聞いて感想。

というものでもないのですが、

多分、イベントを継続させたいにせよ何にせよ、人材がほしいなら、道は二つなのだろうと思います。

一つは、自分でこれはと思う人間を一本釣りする三顧の礼型。

一つは、来るものは拒まずで隗よりはじめて有象無象の食客三千人を鷹揚に全部引き受ける型。
この場合、多分使えるのは三千人中に一人二人でしょうけど、「枯れ木も山の賑わい」と鷹揚に全部引き受けることが肝心。

けっきょく、どっちかの型を取るしか、人は得られないものだと思う。

鳥は泊まる枝を選べても、木は鳥を選べないものでしょう。
特に意気に感じてもらい無報酬で動いてもらうしかないボランティアにおいては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

本日「門司港まちづくりシンポジウム」

おはようございます。

門司港の魚住です。

本日夕方、門司港コミュニティの原点でもある、住民と一帯となって声を活かした街づくり活動の一環である『門司港まちづくりシンポジウム』の3回目が実施されます。

・門司港まちづくりシンポジウム
 11月12日(月)18:30~/港ハウス
 主催:門司港まちづくりシンポジウム実行委員会
  門司港コミュニティ&北九州COSMOS倶楽部
 後援:北九州市・門司港レトロ倶楽部

・テーマ『門司港のイベント・まつりの潜在能力』
    または『門司港の若者・馬鹿者に期待するこれからのまつり』
 第1部 事例発表
  1)関門海峡花火大会
  2)門司みなとまつり
  3)バナナフェア・ふくフェアなど
 第2部 パネルディスカッション&意見交換
  『できるできないは後回し、まずはアイディアをまつりあげよう
                      →今から話して来年に活かそう』

ゴメンナサイ、こういう時期なものですから、職場に縛り付けられていて、私はまったくお手伝いができないです。申し訳ないです。コミュの皆さん、ごめんなさいm(..)m

シンポジウムが終わる頃、会場に顔を出せるかもしれません。

2007_1112sinpo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

土日にある赤煉瓦ネットワーク全国大会と「お家さん」

おはようございます。

門司港の魚住です。

明日と明後日と、こういう全国大会が大里の赤煉瓦プレイスで開催されます。

「赤煉瓦ネットワーク2007門司大会」

主催:赤煉瓦ネットワーク・赤煉瓦ネットワーク2007門司大会実行委員会
   (主管:特定非営利活動法人門司赤煉瓦倶楽部)

後援:北九州市・北九州市教育委員会・下関市・下関教育委員会
   (財)西日本産業貿易コンベンション協会

共同開催:産業考古学会全国大会

日程:2007/11/10(土)・11(日)

場所:門司赤煉瓦プレイス

内容
10日 大 会    (参加費無料)
   13:30~ オープニングセレモニー
   14:00~基調講演
         講師:増田彰久氏
         「近代化遺産と赤煉瓦」
   15:00~「事例報告発表」
   16:30~門司赤煉瓦プレイス見学会
   交流会    (参加費5000円)
   18:00~赤煉瓦ネットワーク大交流会

11日 赤煉瓦ツアー (参加費2000円)
 
詳細はこちらでご覧ください。

http://mojirenga.navitown.com/event.htm

私は、参加できそうにありません。ゴメンなさい。

ところで、赤煉瓦プレイスに行くのに、こういう本を抱えていくと趣があるかもしれません。

玉岡かおる著 「お家さん」 

スミマセン、11/22発売で、まだ出ていませんでした。
http://www.shinchosha.co.jp/book/373709/

明治・大正の近代日本を駆け上るように拡大し、消えていった幻の財閥「鈴木商店」、一世の天才「金子直吉」に縦横に配を振るわせてその才を開花させ、危機に際しての「金子を犠牲に店を残せ」という誘惑に「仕方おまへんやないか、上り下りは世の常や」と敢然と拒絶し彼の名誉を守り抜き、店が滅びることもよしとした女傑「鈴木よね」の物語だそうです。
虎は死して皮を残す、といいますが、敗れたりとはいえ鈴木商店と金子直吉が近代日本に残したものの価値は計り知れないでしょう。その中には、どん底の時期に金子直吉を悪口雑言で滅ぼさなかったからこそ、育てえたものもあります。

実は、大里という街こそ、その鈴木商店が「世界制覇を夢見た基地」だったそうです。そのために一企業で水道すら街に引いたそうです。

昔から、なんでこんなに赤煉瓦のシックな建物が多いのか、と不思議でしたが、そういうことだったのか、と教えてもらった時は納得しました。

この週末は、赤煉瓦プレイスでこの国の過ぎこし方を思うのもいい秋の一日ではないでしょうか?
既に一人当たりGNPは14位、金融センターランキングで10位となり、今後の国際競争の勝負所となる、情報、金融ではまったく見るところがないダメダメの、坂道を転げ落ちている国の片隅で。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 7日 (水)

気になるニュース 漢字の統一

今朝読んだなかで、一番気になったニュース。

日・韓・中・台が漢字の字体統一を決定、主体は繁体字に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000003-rcdc-cn

2007年11月5日、漢字文化国である日本、中国、韓国、台湾の学者が集まり、5000~6000の常用漢字の字形の統一を進めていくことを決定した。これは、台湾で主に用いられる繁体字と、中国で用いられる簡体字、日本で用いられている略字など、1つの漢字に複数の字体があることから来る混乱を防ぐことが目的とされている。

ユニコード時代になって、おこるべき動きがおこった、ということでしょうね。繁体字ってのが、もっともオーソドックスだった筈だし、それに統一方針なら、字が一つ一つ煩雑かもしれないけど、それはそれでいいのでは?
漢字を空で憶えて書かねばならない時代でもないのだし。でもGUIとしてはよい仕組みだと思うし。

ちょっと気になったのが、韓国から参加者がいること。完全ハングルをやめる方針になったのかな。漢字かなまじりと漢字ハグルまじりだと、お互いの言葉しらなくてもこと書き物に関しては眺めてれば大意はつかめるらしいので、両国のためにはよいのでは?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小沢祭りの次幕

まぁ勧められてすら三度退けるのが古くからの礼法というものですから・・・。

今回の騒ぎで何の約束を取り付けたのだろう?少しは動きやすくなったのかな?

それにしても、大連立話が小沢には祭りになるのに、福田さんには何を約束したのか誰も問わないのですから、それは奇怪な光景だと思うけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

時ならぬ小沢祭り

日本はときならぬ小沢祭りが開催中。

不快でもないし、笑う気にもならないなぁ。

池田信夫氏の批判も理解できるのですが、結局は追い詰めて潰した後に、この国に残るものの無責任さと惨状とを思えば、追い詰めても最後の詰めが甘くなるのはしかたがないでしょうし、その弱みが最初が見切られていたから、悉く失敗してきたし、ある意味便利な存在として使い捨てにされてきたということなのでしょう。

「そのあたりから小沢辞任マンセーが出ていて面白いが、さて、彼らに今後の見通しはない。しいていえば乱世あれということかもしれないが、私は乱世はやだな。」

「私は乱世はやだな」というfinalvent氏の日誌の言葉に同意。

青春の憂い、というのは、自己に自信がないというよりも、それが嵩じて「自分の存在が許せない自分」が誕生し、そんな自己の葛藤がもたらすものでしょうが、大人ってのはそういう自分とも折り合いをつけた状態でしょう。世界一長命の政治世界を持っているこの国ですから、そろそろこの時代も老成をはじめてもよいのでは?と思います。

元々が正義感のあまりとはいえ、ダークサイトに落ちて、ひたすら暗黒卿にすがりつつ破壊衝動の正当化に生きる、というのではこの世の存在としてだめでしょう。
そのあたりには愛想をつかせ、縁切りを表明しろ、という選択を迫っているのが小沢氏の今回の行動でしょうか。

とか、訳の分からんことを書いて朝から自分を煙に巻く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

娘の七五三とホテルの庭のペトログラフ?

昨日は娘の七五三写真を松柏園ホテルで撮影しました。

マイクロテロリストがジハードを発動、その戦闘能力を全開にして出入り禁止の大暴れ、

とかなるのではないか、と冷や冷やしておりましたが、着付けして着物姿にしてもらうと信じられないほどの猫かぶり。着付け係やカメラマンに褒められる、というオマケ付で無事に終了しました。

ホッとした日曜日。

ところで、ホテルの庭に「ペトログラフの彫っている石」って飾っていましたが、ペトログラフって、一時期超古代文明云々といわれて話題になっていた記憶がありますが、今は一体どういう評価をされているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

朝酒。NHKのAMラジオに出るかもしれない

角打文化研究会が明日朝のNHKラジオに出演。折尾高橋酒店から生中継です。

それで私も遊びに行きます。

もしかしたら、声が出るかもしれません。

うーん、朝酒を全国放送・・・。

もっとも私はその後の予定があって車で行きますので飲めません。午後からは仕事で職場に座る予定ですし(トホホ)

絶対、私に杯を勧めないでくださいね。会員の皆さん。

羽毛のように軽く、障子紙のように極薄の意思力の持ち主ですから^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »