« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

また今年も桜の季節に 今年も桜のラベルを

門司港の魚住です。

今日は生憎の雨、でかいB0フレームを抱えての中央市場からの撤収はけっこう大変でした。
なんか、やりたいこと、やりたかったこと、殆どできなかったなぁ・・・。
先日の金曜日、朝7時半から夜8時まで事務仕事していたものですから、それで燃え尽きてしまって・・・ようやくバナナマンハガキだけ用意できて、酒も切手もチラシ一つ作れずに・・・。なんかボロボロの「いい加減参加」になってしまいました。
スミマセンm(..)m

ところで、表題の件です。

チラホラ門司港の桜も花が開き始めました。次の土日はお花見日和。
それにあわせて、我が家の「海峡の風 うおずみ」にも今年も恒例の桜バージョンのラベルを用意しました。
売れ残るとかっこ悪いので毎年一回しか作りませんので、今日持って行ったので今年の分はおしまい。

ご興味のある方は、お早めにどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

縦書きが奇習と冷笑される時代 池田信夫氏のblogを読んで

いつも読んでいる池田信夫blogに面白い意見がありました。

「段落の謎」
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/fb3c3d0be0d6775c60e86ff156a2f9b8

>新聞や本の縦書きという奇習もやめてほしい。中国も横書きだから、縦書きは主要国では日本だけだ。

ぶっちゃけ、英語とイコールでない作法はすべて「奇習」なんだと思います。

読んで思ったのは、「漢文は遠くなりにけり」ということです。
世界の公用語が漢文であり、そこから学んだり工夫をして自分たちの言葉を作ってきた、という時代が終わった、ということなのでしょうね。

別にそれはそれで時代と人の変化なので、何をいう必要もないのですが、「横書きでなければならない」というのなら、私はいっそ昔のように、「右から左に流す横書き」を正統として復活させたらどうだろうか、とか思うのですが^^;

巨大なオイルマネーが政府系ファンドの形で世界の金融の胴元になっている現状、あと半世紀か一世紀すれば、欧州の人口の過半数がイスラム教徒と化するだろうと思われる現状、世界化をいうなら、アラビア語に「従わなければ正しくない」でしょう^0^

とかなんとか朝から下らんこと書いているなぁ、と自分でも思う。

公文書の「左横がき」も、1951年に国語審議会できまったものだ。だから今でも、学校の教科書は(国語をのぞいて)横がきである。しかし、もっとも影響力のおおきい新聞が、社説でローマ字を主張しながら縦がきをつづけたため、民間の出版物のほとんどは縦がきのままのこった。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/12d7d1d8be4cdad00dbd36af98d956fb

役人が決めても、書き物のプロが従わなかった、という統治に対する市場の優越に、「なぜ縦書なのか」の答えはすべて書かれているのだと思います。

ただ、これからどうなるかはわからないな、と思います。
版を作り刷る、という出版におけるキモな部分は、縦でなければならない理由もなくなりましたし、文章を作る日本人個々人に対して、二十年くらいまえから、「キーボードでの日本語はローマ字でアルファベ(これって他所様の文字なんですけど)に解体して入力しなければならない」という日本語解体運動が強力に推し進められましたし、池田氏の論説はつまりその運動("運動"なんて意識は誰にもないでしょう、たぶん)の上に当然出てくる論説でしょうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

中央市場まつり ハローディ開店に合わせて

おはようございます。門司港の魚住です。

昨日、ハローディさんが出光本社の跡地に開店しました。
いいですね、あのお洒落な商品ディスプレイ。通勤途中にあるので仕事帰りにちょくちょく覗きたいな、と思います。

さて、昨日、3月26日より30日まで、門司区老松の中央市場において、『中央市場まつり!』が開催されております。
これは、道路向こうにこのたび新たにハローデイが開店したことを門司町なか商店街の脅威ではなく、活性化させる奇貨として捉えようと、秋武さんら「門司港コミュニティ」の面々が提案・企画して実現させたイベントです。

この週末には、こうじさんら「門司港アパートメント」の地元アーティストたちによる展示・販売をはじめ、バナナ小屋の焼きカレーやさっとんさんによるチャンラー、焼きうどん研究所による焼きうどん実演や、できたて豆腐の試食・販売などが開催されます。
因みに、包丁研ぎサービスという一風かわったイベントも開催予定です。

「賑やかし」のお役に立てれば、と思いmojiko.comとしても下記のサービスを行います。

・B0版写真ポスター(先週の美術館展示作品)展示、
・バナナマンはがきとオリジナルポストカードの販売
 (門司港アパートメントブースで販売委託)
・魚住酒店PB"UOZUMI"オリジナルラベルボトルの作成ご相談受付
・世界唯一のオリジナル切手作成のご相談受付

と、いうことで、週末の土日の午後は中央市場に詰める予定でいます。

ぜひ遊びに来てくださいm(..)m

画像は26日撮影のもの
閑散とした中央市場の現状(この中にアーティスト長屋つくればいいなぁ)、
門司港アパートメントブースと奥の私の海峡の写真、
休憩コーナーに展示した蘭の写真と
包丁研ぎのPRチラシ(こうじさん作)

2008_0326_img324

2008_0326_img328

2008_0326_img326

2008_0326_img321

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

お子様ランチのなぜ

門司港の魚住です。

ちょっと前のことになるのですが、写真の整理していて思いだしたので。

先日、外で昼飯を食べたときのことです。

娘にお子様ランチを注文(いや、オマケのおもちゃが子供を静かにさせるものですから)してもってきたもらったものが写真のもの。

ちょっと愕然。なぜ、旗が日の丸じゃなくて、星条旗(Stars and Stripes)なんだよ。

やっぱそこ違うだろ、と思ったお昼ごはん

2008_0309img295

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

三宜楼横にマンション あの路地は残そうよ

三宜楼横にマンションが建つという話は気にはなっていたのですが、発言する機会も不思議となくて・・・
昨日も説明会があったのですが、展示撤収と重なり参加できない、という状態です。

とりあえず、詳細は門司文録の下記記事をぜひご参考にご覧ください。
http://moji-blog.seesaa.net/article/90186022.html

私のスタンスとしては、「あの路地を残しましょうよ」です。

撤収作業に行く前に、mixiの門司港コミュの方に書いた私の意見は下記の通りです

ご無沙汰してます。魚住です。

長府の美術館へ撤収のために行かねばならないので、参加できません。
スミマセン。

私としては、13階だろうと50階建だろうと、軌道エレベータだろうと立てたければ建てればよい、と思っています。
ただ、あの足元の路地だけは残しましょうよ、という気持ちです。
言えるものなら言いたいのは、下記の通りです。

何年か前に京都に行ったとき、「哲学の道」というのを歩くのを楽しみに行ったのですが、行ってみたら、"しょーもないクソ道"でがっかりしました。
清滝の路地の方が何万倍も良い。
だから、三協さんが「よい風情と感じたから残した」とマンションの足元にあの壁と小道を残してみせたら、十年後、二十年後、ただの建売屋ではない、住環境というものに深い理解のあるさすがな会社と見てもらえるブランド財産になると思いますよ。

と。

ほかならぬその会社のマンションの住人が言っているのだから、少しは耳を向けてほしいところです。

幻の風景となるのかな・・・。うちの娘は、ここで遊ぶこともできないんだろうなぁ・・・。

http://mojiko.com/now/old/2002/now1111.htm 

あの路地丸々足元に保存してみせたら、住の提供者として絶対ブランドイメージに貢献すると思うけどなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展days 下関市立美術館での展示が終わる

おはようございます。門司港の魚住です。

下関市立美術館で開催された「展days」、無事終了しました。

ご来訪いただいた方に感謝を申し上げます。ご支援・ご声援をいただいた皆様にも感謝。急遽紹介してくれたリビング北九州にも感謝ですm(..)m

中々得がたい体験でした。

撤収作業中には搬入搬出用エレベータに閉じ込められる、というこれまた初めての体験のおまけまでつきました。^^;
(すぐ復旧しましたけど)

写真は、動かなくなったエレベータの中で撮影。

2008_0323_img318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

mixiの新規約がようやくUP

mixi利用規約 第18条
本サービスを利用して投稿された日記等の情報の権利(著作権および著作者人格権等の周辺権利)は、創作したユーザーに帰属します。
弊社は、ユーザーが投稿する日記等の情報を、本サービスの円滑な提供、弊社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、使用することができるものとします。
弊社が前項に定める形で日記等の情報を使用するにあたっては、情報の一部又は氏名表示を省略することができるものとします。
弊社が第2項に定める形で日記等の情報を使用するにあたっては、ユーザーが設定している情報の公開の範囲を超える形ではこれを使用しません。

こんなに当たり前のことを言うために、なぜあんなことを言い出したのか、謎としかいいようがありませんが・・・。

ところで、昨日の午前中、展示会「展days」の受付してきました。
私のいる間に60人ほどこられました。夜うかがったところでは一日の来客数は180人だったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

展days 下関市立美術館での準備終わる

門司港の魚住です。

明日からの「展days」、搬入と会場設営が終わりました。

参加メンバーの紹介は、こちら
「2008_03_tendays_mokuroku1.jpg」をダウンロード
とこちら
「2008_03_tendays_mokuroku2.jpg」をダウンロード
をダウンロードしてご覧ください。

本当にいいのでしょうか?こういうアートの世界に私なんかが参加して・・・。という身の程知らずという怯みというか、申し訳ない系な気持ちもあいかわらずあるのですが、明日から日曜日まで、桜にはちょっと早いですが、風光明媚な長府にぜひ皆さんも足を延ばしてください。よろしくお願いをいたしますm(..)m

因みに、祝日の20日の午前中は私も店番(って言い方がすでに美術館に失礼か^^;)に座っている予定です。

ところで、一階で我々が展示していますが、二階は香月泰男氏の作品展があっているみたいです。
あのシベリアシリーズが展示されている同じ館内に、自分の作品(?)が展示されているというのは、このうえない名誉だと思っています。

あれは誰の展示会を見に来たのか?憶えていませんが、私と絵画の初めての出会いは、高校生の頃のある冬の日曜日、友人らと(人道通って海峡沿いに)歩いてこの下関市立美術館に来た時、収蔵作品として展示されていたシベリアシリーズを見たことでした。
あれが、絵画というものを「作品」として対しなければいけないもの、と感じた最初の体験でした。

あの時のみんな、今は何しているかなぁ・・・。一人はたしか十年前はビデオ屋の店長してたな。一人はアニメータの夢を本当に実現したんだったな。(卒業して一度も会ってないけど、攻殻や雪風で彼の名前見たときは嬉しかったですよ)もう一人は、全く判らない。ほんとどうしているのだろう・・・。

あれからもう二十四年も経つのですか・・・。
他人には全然辻褄が見えないことですが、あいつらがあのやたらと寒かった美術館行きを誘ってくれなかったら、多分今日の展示に繋がる人生じゃなかったと思います。

とかなんとか、少しだけ感慨に・・・。で、画像は今日の準備風景。
二枚目の作品を準備しているお二人の後ろにあるのが今回の私の展示作品です。

2008_0317_pict0036

2008_0317_pict0038

2008_0317_pict0033

| | コメント (1) | トラックバック (0)

山陰の夕陽と 今日は搬入

門司港の魚住です。

昨日ちょと萩に行き、その帰り道、日本海に沈む夕陽を楽しみました。

とりあえず、三枚ほど紹介します。

さぁ、いまから下関市立美術館でのグループ展の搬入にいってきます。

2008_0316_pict0028

2008_0316_dsc02034

2008_0316_dsc02051

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

改変やりすぎ ついでにmixiの規約のこと 検閲協力の準備?

魚住です。

展daysの公式DMハガキからPR用フライヤーを作りましたが、改変のやりすぎになりました。こそっと友人や知人のお店とかにだけ配ります^^;

なんでそんなものわざわざ作ったの?というのも、公式DMでは、もっていっても私とのかかわりが今ひとつ理解してもらえないものですから・・・

ところで、mixiの違憲規約の件。

「なぜ?」という疑問に色々推理が出ているのですが、「中国進出のため」説とか「最初から株価操作のため」という意見が興味を引きました。
これは、すごくトンデモな邪推、ということをあらかじめ明確にしてから書きますが、
「検閲協力の準備」という説もなりたつなぁ、とか思ったのです。

ネタの一つが昨日のZAKZAKの記事
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_03/t2008031030_all.html

あくまでも仮定ということで考えれば、たしかに出版しなくても、取りまとめて傾向の報告とか、反*的な人間の検索・ピックアップという"特定大資金源のためのマーケティング"というのも使用目的としてはありえるわけでし・・・。
捜査協力という行為の延長にそれがないともいえないわけですし・・・。

所詮は邪推ですけど、まあともかく仮に「善意」が根底にあるとしてもmixiには賛同でないですけど。
私も、「信書の秘密」という秘匿義務を負っている一人ですし。

以下、やりすぎのフライヤー

2008_0318_tendays_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

展days 下関市立美術館でグループ展に参加します

おはようございます。門司港の魚住です。

3月18日から下関市立美術館で「展days」というグループ展が開催されます。

昨年依頼されて担当した「フォトコンテスト」五月号の口絵写真を見て、「参加しないか」と主催者から誘われたので、身の程知らずかもしれませんがお邪魔させていただくことにしました。

美術館で私の作品が展示される機会なんて、こういうことでもないとまず無いですから^^;

しかし、展示作品の条件が百号・・・。長辺が1.5m・・・。プリントでいえばB0ポスターより少しデカイ。

で、作品を近似値のB0サイズで印刷するようにネット経由で注文して、B0のフレーム買って、両方揃ってあとフレームに入れなければと思っているのですが、こんな巨大なモノどこで作業すればいいんだ!!と、悩んでいる今日この頃(とくに我が家にはマイクロテロリストが・・・)。そもそもB0用フレーム置いとくだけでも大事です。デ、デカイ^^;

下記画像は展示会のDM用ハガキの表裏を合わせて作ったポスターもどきです。
長府庭園遊びに来るついでに、ぜひ覗いてくださいm(..)m

2008_0318_tenday

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 7日 (金)

久しぶりに 門司港の夕陽の撮影

陽の暮れる時間に退社できる日が再び来るとは、去年の後半には思えなかったです^^;

先月は月初めに風邪を引き、その後も体調劣悪の辛い1ヵ月でした。
不調をずるずると引きずっている状態で、実は今日は休みをとっています。一日早く週末にしました。
体力・気力が尽きる寸前という感じでしたが、振り絞るつもりで帰宅途中岸壁に寄りました。
潮風に体持って行かれそうで心細さを感じつつ、合成400ミリ(APS-Cだから600ミリ相当)のブレを停めきらない、構図保ちきらない自分に情けなさを感じつつ撮影。

ところで、mixiの違憲規約問題ですが、有料プレミアム会員の退会が続いているという情報がありました。もっとも、直接的にはたいしたダメージにはならないみたいですね、下記の決算情報によるならば
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20366210,00.htm

18条の条文修正がされるそうです。当然の話ではありますが、さてどんな条文になるやら・・・。

2008_0306_dsc01942 2008_0306_dsc01976

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

子供の言い訳 ミクシィの規約改訂問題

おはようございます。門司港の魚住です。

昨日の夜から、mixiに規約改訂問題で一騒動おこっています。

これが問題の規約

第18条 日記等の情報の使用許諾等
1 本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
2 ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

こんな「お前の言葉も体験も俺のもの。俺の儲けの種」と言い出せば当然大騒ぎになります。昔、こんなことがあった私も、もちろん反対です。

と、いうか、馬鹿馬鹿しくて「ギロチンで治療しろ!!(ナポレオンの読みすぎ^^;)」とすら言う気にもなりません。

よほど反響(反感)が予期せぬものだったのか、こういう追記が「別ページで」提示されました。

特にお問い合わせの多い【第18条 日記等の情報の使用許諾等】に関しまして、誤解を避けるため、当社が想定している具体的な使用について補足説明をさせていただきます。

上記の条項につきましては、ユーザーのみなさまが『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。

また、ユーザーのみなさまが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません。

  1. 投稿された日記等の情報が、当社のサーバーに格納する際、データ形式や容量が改変されること。
  2. アクセス数が多い日記等の情報については、データを複製して複数のサーバーに格納すること。
  3. 日記等の情報が他のユーザーによって閲覧される場合、当社のサーバーから国内外に存在するmixiユーザー(閲覧者)に向けて送信されること。

なお、ユーザーのみなさまの日記等の情報を書籍化することに関するお問い合わせもございますが、こちらの点につきましても、従来どおり、ユーザーのみなさまの事前の了承なく進めることはございません。

子供の言い訳か・・・?

だったら、18条自体を削除したらよかろうに。どこをどう読んだら、そんな解釈できるんだか。

どうやら、mixiを運営しているのは、日本語ができない人たちなのか、ダブルスタンダード・トリプルスタンダードが極めて得意なのでしょう。

ほとぼりがさめたら、この追加のベージを消して、規定条文はそのまま。
解釈は?当然、条文を素直に読んだままが条文の意味することですよね。それ納得して入会したのだから、mixiが条文通りに使って当然が空気となるでしょうね。

この規定って、リンク張ってあるblogにも適応されるのでしょうか?
それなら、私も用心してmixi日誌へのリンクは切るべきでしょうかね。別に困らんけど・・・。

さて、どうなることやら。

追伸
surveymlでYahoo!JAPAN のユーザー作成・発信コンテンツに関する規約にソックリという指摘が萩原氏からmlメンバーに対してありました。
何も考えずにそのまま流用したのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

松永文庫の世界展

おはようございます。門司港の魚住です。

3月8日から、海峡ドラマシップで「松永文庫の世界展」が開催されます。

ついに、「松永文庫」自体が冠となった展示が実現しました。「映画ポスター展」でも「資料展」でもなく、「提供 松永文庫」でもなく。

最近、市が動いて収蔵品のデータベース化が着手されているみたいです。それによると、松永文庫内の映画関連ポスターやパンフレット、書籍などは約9,000点だそうです。
今回の資料展では、その中から北九州に関連するものを展示するとのことです。
皆さん、ぜひ、遊びにきてください。
(因みに、私も一回くらい店番することになると思います。)

詳細は、下記市の公式サイトで
http://www.city.kitakyushu.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=3957F095C0F185D5F5FF7F6D22EB7456?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=20417

2008_0308_img_04472008_0308_img_0448

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

雷なった夜でしたが、久々に朝日を浴びた日でした

おはようございます。門司港の魚住です。

昨晩は雷に驚きました。

朝からよい天気でしたから、まさか日が暮れて雨がふり、雷が鳴るとは思いませんでしたから、不意をつかれて驚きました。
ゴロゴロときたら、娘が怖がって母親にしがみつきました。
去年は、雷が鳴ってもキョトンとした顔で完全に無視していたものですが。

でもなぁ・・・。

娘よ、母親にしがみついた後に鳴らないから安心だからといって、鼻をほじるのはヤメレ。
で、その指母親の肩口で拭くんじゃない!!
俺にぬすくりつけんじゃねぇ!!

と、いうアホな夕方でしたが、その前日、土曜日から素晴らしい晴れた週末でしたので、久しぶりに朝日を撮りにいきました。

ボーナス(あー、今年は出るかねぇ・・・)で買った2倍テレコンのチェックを二ヶ月もあとですが、兼ねて。

三絞りくらい絞れば使えそうな画質ですね。手振れには特に細心の注意が必要、というか、手持ちだと1/1000でもブレてるみたいです。
と、いうことで、昨日の画像です。

2008_0303_dsc01883 2008_0303_dsc01861

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »