« 散る前に -門司港の桜たち | トップページ | 変な夢を見た。・・・パナソックのCM見て寝たせいなのか »

2008年4月 9日 (水)

谷口さん頑張ってるなぁ 菜の花ソングのこと 菜の花の画像

門司港の魚住です。

今日は雨もそうですが、風も強い日でした。
これで、桜は終わったんでしょうね。雨にぬれる花も撮りたかったなぁ。

ところで、今日の西日本新聞に下記の記事が

「菜の花ソング」CD12日発売 北九州市のプロジェクト応援 地元の音楽家が制作 収益の一部は植樹活動へ
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/15136

 北九州市が昨年から進める「菜の花プロジェクト」を応援するテーマソング「北九州菜の花ソング」のCDが完成し、12日に発売される。地元の音楽家が制作し、北九州の自然を歌った明るい曲に仕上がった。

 「菜の花プロジェクト」は、菜の花を植えて菜種油を作り、廃油を車の燃料などにする計画で、昨秋、市内4カ所で種まきが行われた。

 地域に根ざした音楽活動を続ける「北九州リバーサイドミュージックBOX」の代表でピアニストの谷口淑子さん(33)=八幡西区青山=が計画を知り「音楽の力で応援したい」と曲作りを発案。自ら作詞し、八幡東区出身で東邦音楽大学(東京)で作曲を学ぶ和田直也さん(21)が曲を書いた。

 ♪この街の輝く海  鐡(てつ)の響く音

  遠くこだましている ♪菜の花畑に

  夢を架けよう!

 「歌詞には自然と共存できる街の景色を描いた」という谷口さん。和田さんは「プロジェクトの内容を聞いた時、つつまれるような曲想が浮かんできました」と話す。

 CDには谷口さんがメンバーの「ミュージックグループ紫音(しおん)」の演奏に合わせ、北九州市少年少女合唱団の伸びやかな歌声が収められている。1枚1000円。同市役所や松田楽器店(小倉北区魚町)などで販売する。収益の一部は若松区響灘地区の植樹活動に寄付される。

=2008/04/09付 西日本新聞朝刊=

谷口さん頑張ってるなぁ。

その谷口さんの主催する「リバーサイドコンサート」、今年は6月1日と9月6日に開催するそうです。
近づいたら、またご連絡します。
因みに、過去のリバーサイドコンサートの様子は、mojiko.comのtopの左側の「ここ数年のご縁のあるイベントたち」をご覧ください。
ただし、ここ一年ほど動画収録のサイト公開が滞っておりまして、少し古いのばかりで申し訳ありませんm(..)m
近々撮り溜めた動画のエンコードと公開を再開する予定です。

ところで、この間から思っているのですが、道路脇って植え込みの緑地がありますが、あの植え込みの潅木の間に春は菜の花が咲くように、夏はひまわりが咲くようにしたら、市の地域性のアピールにもなるし、菜種とひまわりの種も収穫できると思います。市内全道路脇で実ったのを集めるならそれりの量になるかもしれません。バイオ燃料生産の足しにできるのではないか、というのを考えているのですが、どんなものでしょうか?

因みに、植え込みの管理は「道路サポーター」に参加している企業・団体にボランティアでやってもらう。ついでに収穫した種の指定集積場所への送付はうち(郵便事業株式会社)に委託してもらう、ということで如何^^;

最後は自分とこの商売かよ・・・とかいわないでください^^;

画像は、線路脇の菜の花。撮影は89年頃。広石の、今では199から3号線に合流するバイパスの陸橋になっているあたりです。
これもまた、今はなき風景、ということになります。
(ついでに言えば、いつもより大きい画像です。)

8904_01

8904_02

|

« 散る前に -門司港の桜たち | トップページ | 変な夢を見た。・・・パナソックのCM見て寝たせいなのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/40829717

この記事へのトラックバック一覧です: 谷口さん頑張ってるなぁ 菜の花ソングのこと 菜の花の画像:

« 散る前に -門司港の桜たち | トップページ | 変な夢を見た。・・・パナソックのCM見て寝たせいなのか »