« ちょっと背筋が凍りそうでした | トップページ | UOZUMIの父の日ラベル »

2008年6月 8日 (日)

一昨日の夕方、NHKのニュースで山口の蛍が紹介されました。
それを見ながら食事を終えて、しばらくしたら娘が「蛍を見に行く」と言い出しました。
「蛍、このあたりにはいないよ。どこで飛んでいるか調べておくから、今度見に行こうね」
といくら言ってもまったく聞く耳を持たない。
「ほたるを見る。浴衣をきてほてるをみる。」
「だからいないから」
「ほたる、ほたる」「わぁーん、ほたる、ほたる・・・・」

実は、私は飛んでいる蛍というのを見たことがないのです。清滝にはいなかったし。門司にはいない、と頭から思っていたのですが、妻は子供の頃見たことがある、という。しかし、これは何十年前だよ、という記憶である。
そういえば、先日蛍の撮り方を質問されたなぁ、ということも思い出し、結局、「要求貫徹」を鉄の意思で押し通す娘に根負けして、妻が子供の頃見た事がある、というところへ連れて行くことに。
とりいそぎ、妻が実家に電話をして最近はどうなのか知らないかを聞いたところ、「えっ、いないんじゃない?」という心細い回答。
それで、娘に「いなくても文句いうなよ」と強く言い聞かせつつ、最悪このまま下関の豊田まで走ることになるか、と覚悟をして三人で車に乗って現地へ。

結局、居たんです。沢山飛んでました。知らなかった。こんなにいたのですか。
本物を見て知ったのですが、蛍って全く人を怖がらないのですね。手のひらや甲で、逃げようともせず光っている。
娘のわがままも、時には良い結果に結びつく、ということで。その日はめでたしめでたし。

で、翌日(昨日 )、娘は朝からずーと言い続けていたのです。
「写真を撮るの」「僕のカメラはどこ」
父「・・・(それって、指令?)」

と、いうことで、二日に渡って出かけることになり、撮影して来たのが下記の画像です。
一応、先日貰った「蛍はどうやって撮ったらいいのか」という質問に自分が回答した通りにやってみたのですが、どんなものでしょう。川底に降りたり、あぜ道に三脚たてれば、もっとよく撮れるのでしょうけど、周囲真っ暗な夜にそんなことするのは ヤダ!!

うーん、今日も夕方になると行くと言い出すかもなぁ。

20080607pict1812

|

« ちょっと背筋が凍りそうでした | トップページ | UOZUMIの父の日ラベル »

コメント

写真さすが!今からは結構でますよ。
大積にいるって。そんな遠くまでいかんでも。
豊田町の方が多いんは間違いないですが。

投稿: 門司港ひで | 2008年6月 8日 (日) 12時48分

ひでさん、どもです。
あのmixiのやりとりがなければ、娘に一晩中泣かれた上に、本当に豊田まで行くはめになっていたと思います。
多分、遠くの山を見て大体場所の想像はつくと思いますが、一応、地元の皆さんに迷惑かけたくないので場所名は非公開でぼかして書いてみました。
地獄谷にもいる、という話ですが、さすがにあそこは私も妻もぜったい日が暮れてからは行きたくないです^^;

こわがりこうじ

投稿: ku | 2008年6月 8日 (日) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/41462667

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ちょっと背筋が凍りそうでした | トップページ | UOZUMIの父の日ラベル »