« あのー、原稿、まだでしょうか | トップページ | 個展開催中 »

2008年6月18日 (水)

福田さん、台湾訪問したら

台湾漁船石垣市の魚釣島沖で海上保安庁の巡視船と衝突して沈没した事件で、ここぞとばかりに台湾国内では騒動がおこっているみたいです。
(事実上の)駐在大使を召還するとか、その大使が議会の非礼に対して抗議の辞職をする等、事態は複雑骨折の度を増している様子。

それで思ったのですが、いっそ福田さんが台湾訪問して、被害者へのお悔やみと「自国領海内の悲劇への遺憾の意」を表明してきたらいかがでしょう。

一国の首相が行くなら実務者がついて行くのは当然ですから、「日本国内でまことに遺憾だ。ついてはこのような事態にならぬように、両国要路の者で十分に話し合いたい云々」で海上保安庁と農林水産省の人つれていったら。
先方は軍艦を出す、と騒いでいるのだから、ついでに海自の参謀(じゃない幕僚)も。
以後、両国の連絡を密にする、ということで結果オーライ。

あまいかな。

台湾の遊漁船が海保・巡視船と接触し沈没、16人全員救出 
10日午前3時25分ごろ、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島南約10キロの領海内(東シナ海)で、鹿児島海上保安部(鹿児島市)の巡視船「こしき」(966・22トン、堤信行船長ら32人乗り組み)と、台湾の遊漁船「聯合(れんごう)號(ごう)」(16人乗り組み)が接触した。

 遊漁船は右舷中央部が破損して浸水、約1時間後に沈没した。乗組員全員は巡視船に救助されたが、1人が軽いけが。巡視船は石垣港に入港し、第11管区海上保安本部(那覇)が両船の乗組員から事情を聞いている。

 11管と第10管区海上保安本部(鹿児島)の発表によると、10日午前3時ごろ、領海内を警備していた巡視船がレーダーで不審な船を発見。

 確認のために近づくと、ジグザグ航行を始めたため巡視船が右後方から追跡中、遊漁船が急に右に進路を変え、巡視船の船首左側と遊漁船の右舷部が接触したという。

 魚釣島周辺はマグロなどの好漁場で知られている。領海警備は11管や全国の海上保安本部の巡視船などが船団を組んで行っている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080610-OYT1T00165.htm?from=nwla

|

« あのー、原稿、まだでしょうか | トップページ | 個展開催中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/41567843

この記事へのトラックバック一覧です: 福田さん、台湾訪問したら:

« あのー、原稿、まだでしょうか | トップページ | 個展開催中 »