« 夕日番外編 彦島遠征失敗す | トップページ | tierra9の様子 »

2008年7月30日 (水)

彦島から見た響灘

先日彦島で撮ってきた響灘の夕暮れです。

彦島から日本海の方を望むと、すごく奇麗な景観です。考えてみれば、この海はいにしえの日本の物流の大動脈"北前船"の航路なんですね。(陸の街道の物流量なんて、海運で運ばれるものに比べたらきっと比較にならんと思います)
とか、画像見ながらふと思ってクグてったら、こんなwebが見つかりました。

海の遍路 日本周遊ヨットの旅 日本海へ(~角島)
http://www.geocities.jp/tiarashore/east3.htm

門司港とか、北九州・下関と言わず、もっと日本人は周囲の「海」という広大な世界を思い出すべきだし親しむべきではないかな、とか柄にも無く思ったりする夏風邪の午後。
(南洋諸島を預かっていた大戦前が例外的な海洋大国なのではなく、実はこの国は今でも世界有数の領海保有国だったりする)

20080730pict2061

20080730dsc01121

|

« 夕日番外編 彦島遠征失敗す | トップページ | tierra9の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/42013386

この記事へのトラックバック一覧です: 彦島から見た響灘:

« 夕日番外編 彦島遠征失敗す | トップページ | tierra9の様子 »