« 買収?大丈夫かCityは。奥の手が否決されてるぞ・・・ | トップページ | なんか、泣けそうな"2001年googleの旅" »

2008年9月30日 (火)

苛立つ気持ちは分かるなぁ・・・

松浦晋也のL/D: このっ、バカ共が!
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2008/09/post-af53.html

常識的にみて、国家の威信にかけて偽造したところで、隠しおおせるわけがないと思う。米露は衛星軌道も通信も監視しているわけですから。
第一、偽造してまで「やったぞ」と誇らねばならない理由がないだろう、と思う。しなければしないで、別に何も影響ないのだから。

こんなことに「偽造だ」と言い立てねば気が済まない精神というのはやはり病んでいると思うし、日本の宇宙開発をずっと追いかけてきた松浦氏がバカ呼ばわりで吐き捨てたくなるのはある種のやり切れなさを感じてのことではないか、と思う。

なんとなく、このやり取り読んで日本の若い世代たちの心が、現状護持の薄暗がりの中に閉塞している社会に窒息しつつあるような、いやーな感じを受けてしまいます。

日本にもまいど一号のような動きがあるようですが、そういう熱意が、宇宙開発という大きな流れに繋がっていくことがイメージできないのです。「所詮、**」と、どこかで冷笑されておしまいにされるにちがいないよ、みたいな気がして。

|

« 買収?大丈夫かCityは。奥の手が否決されてるぞ・・・ | トップページ | なんか、泣けそうな"2001年googleの旅" »

コメント

一般大衆(?)が斜めに見たり、皮肉を言ったりというのは、どうも成長期にあった国家が衰退、混迷の時代へと向かっているさまによく見られるので、うすら寒さを覚えます。
この一歩半先に「あのころは良かった」という懐古主義が起こるわけですが、、、
やはり国家は国民に夢を与えさせなければ、成長できないのだという分かりやすいデモンストレーションだと思います。さすがにここ2000年近く周公旦の時代を崇拝し文化を犠牲にしてきた国家だけあって、ノウハウは蓄積しているのでしょう。
、、、はっ、これも皮肉か?

投稿: 庵田 | 2008年10月 1日 (水) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/42645005

この記事へのトラックバック一覧です: 苛立つ気持ちは分かるなぁ・・・:

« 買収?大丈夫かCityは。奥の手が否決されてるぞ・・・ | トップページ | なんか、泣けそうな"2001年googleの旅" »