« 門司港レトロカーミーティング今年のフォトジェニック賞 | トップページ | くれるのはうれしいのだが »

2008年10月28日 (火)

大人が150円で買える水あめを、子どもに向けて315円で売る

「着うた」事業とはつまるところ、iTunes Music StoreでDRMなしで256Mbps、価格150~200円で買える曲を、主にパソコンを持たずに携帯電話に依存している中学生や高校生へ、より低ビットレートでDRM付きにも関わらず315円で売るビジネスである。
 大人が150円で買える水あめを、子どもに向けて315円で売る紙芝居屋みたいなもので、決してほめられた商売ではない。

このご意見、激しく同意します。
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2008/10/2-d97b.html

こんなもの聞きながらの奴が言っても説得力はないかもしれませんが・・・。
でも、このコンテンツのおかげで、こんなバンドがいるという存在を知ったという事実もあるわけで。

昔はラジオ、今はYouTubeとかニコ動なんでしょうね。
20081026pict2527

|

« 門司港レトロカーミーティング今年のフォトジェニック賞 | トップページ | くれるのはうれしいのだが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/42929560

この記事へのトラックバック一覧です: 大人が150円で買える水あめを、子どもに向けて315円で売る:

« 門司港レトロカーミーティング今年のフォトジェニック賞 | トップページ | くれるのはうれしいのだが »