« 中原久写真展 「平成20年秋、北九州 昭和の面影を今に伝える風物たち」 | トップページ | 実は今ひとつ、よく分からない議論なのです・・・ »

2008年12月 5日 (金)

HONDAがF-1から撤退

http://www.afpbb.com/article/sports/motor-sports/f-one/2546112/3586615

今回の挑戦では、ついに一勝もできませんでしたねぇ・・・。

寂しくはあるのですが、よい機会かもなぁ、という気もします。
技術開発の場としても、マネジメントの訓練の場としても、今のF-1は競技の場としてあまりに特殊化してしまい、一般企業として得るものはどれだけあるのか、という気もしますし、広告機会としても、内燃機関で燃料燃やして早い車をつくれます、というのが果たして世間でイメージがよいのかどうか、という疑問もあります。

極論すれば、HONDAはすでにガスタービン(ジェット)ぶん廻して空飛んでいるわけですし、次世代エンジンの最右翼であるモーター駆動の分野でも最先端でしのぎを削っているわけですから、ピストンエンジン凄く動かせます、それでスポーツカーつくれますGT-Rもってますとか地べたで誇る必要もないわけですし・・・。

|

« 中原久写真展 「平成20年秋、北九州 昭和の面影を今に伝える風物たち」 | トップページ | 実は今ひとつ、よく分からない議論なのです・・・ »

コメント

ホンダ創始者の宗一郎氏が、工場の中でミカン箱の上に
立ち、世界を相手に「やらまいか~」と激を飛ばした、
あのホンダスピリットは何処へ行って終ったのでしょう。

本田宗一郎の魂を受けつげない、現本田の取締役
達に、ホンダの名前を語る資格ナシと思います。

どんな苦境へも立ち向かう、それがホンダであった
はず。今は売るコトしか考えられぬ、普通の会社に
成り下がった様にしか見えません。   悲しい!!

投稿: アラカブのみそ汁! | 2008年12月 5日 (金) 22時12分

残念かもしれませんが、モータースポーツという世界自体がもうフロンティアではないと私は思っています。
コスワースDFVでも引っ張りだしてくるのかどうか知りませんが、ワンメイクレースとか言い出した時点でもうやる意味ないでしょから、エクレストンと欧州のモータースポーツマフィアのくそったれどもの手のひらでいつまでも踊って撒き上げられる必要なんてないですよ。

投稿: KU | 2008年12月 5日 (金) 22時40分

あ、一昨年?だったか、ハンガリーで辛うじて1勝上げてます。
ただ復帰時の期待が大きかっただけに、なんとも寂しい成績ですね。ホンダとアウディだけは、レースに出れば確実な実績を残す会社だと思っていたんですけど・・・。

投稿: seamoon | 2008年12月 6日 (土) 00時06分

あっ、忘れていた・・・。
結局、私にとってはF-1の一勝もそのくらい軽いもの、ということの証左かもしれません。

投稿: ku | 2008年12月 6日 (土) 10時11分

最初に予定通りのオールホンダで参戦できなかったのがケチのつけ始めでしたね…。
アメリカのLMC参戦中のアキュラマシンでル・マンに出てほしいなぁ。いっそ燃料電池車で。

投稿: nano | 2008年12月 6日 (土) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/43326939

この記事へのトラックバック一覧です: HONDAがF-1から撤退:

« 中原久写真展 「平成20年秋、北九州 昭和の面影を今に伝える風物たち」 | トップページ | 実は今ひとつ、よく分からない議論なのです・・・ »