« 第二次世界大戦で汎用人型決戦兵器が使われていたら | トップページ | 中原久写真展 「平成20年秋、北九州 昭和の面影を今に伝える風物たち」 »

2008年12月 5日 (金)

冬の夜雨の帰り道 -マル拳門司港ラーメン-

最初、ラーメン屋を始めると聞いた時、ベースは魚で野菜類を加えて作った醤油系スープの「支那蕎麦」っ感じなんだろうな、と決めつけていました。
でも、目の前に出て来たラーメンは、ドが頭につくほどの「豚骨」スープでした。豚骨以外は使っていないそうです。

食べてみると、なんとなく懐かしい味でした。
そう、今はなき満州軒の味をほのかに思い出しました。
(関連ページ)

太平山も大三元もそうそうに閉まっている冬の夜、仕事が終わってほっとして、小雨に降られ冷たい風に吹かれながらの帰り道、ぽつんとひかる赤提灯と、カウンターの中でスープを焦がさないように黙々とかき混ぜている寡黙なおやじ(ここ笑うところ^^;)がいる小さい店は、なかなかに魅力的で、黙って通り過ぎることができませんでした。

・マル拳門司港ラーメン
スーパーハローデイ前交差点向かい小原市場の角じじや隣
18:00〜24:00 (予定 スープ終了次第閉店)
休日未定
ラーメン:600円から
替 え 玉、おにぎりあり

夜しか開いていない店です。(っていうか、秋武さん寝る時間あるのだろうか・・・)

下記画像は久しぶりに懐かしのDimage7を使用して撮影。
(こんど7デジタル+50mmF1.4開放で再度撮影します。
というか、それで撮りたい。また雨の日に)

20081204pict7644

|

« 第二次世界大戦で汎用人型決戦兵器が使われていたら | トップページ | 中原久写真展 「平成20年秋、北九州 昭和の面影を今に伝える風物たち」 »

コメント

ご紹介ありがとう!!

投稿: akitake | 2008年12月 6日 (土) 13時27分

立ち食いラーメン店の面構えがどんなか気になっていました。写真を拝見して・・少し安心。
寒い夜にはそそられる店の雰囲気が良く、是非写真を店の中に架けてください。

投稿: wordsworth | 2008年12月 6日 (土) 14時12分

追加情報です。

最近は昼も開店するようになりました。

投稿: うおずみ | 2009年2月21日 (土) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/43326451

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の夜雨の帰り道 -マル拳門司港ラーメン-:

« 第二次世界大戦で汎用人型決戦兵器が使われていたら | トップページ | 中原久写真展 「平成20年秋、北九州 昭和の面影を今に伝える風物たち」 »