« MitchanさんのLiveポスター | トップページ | 「大奥」第四巻読みました »

2009年1月17日 (土)

関門海峡歴史文化検定って名乗らなければいいのに・・・

「関門海峡」とうたわなければいいのに・・・。
「赤間が関歴史検定」なら別に何とも思わないけどなぁ。
関門をうたうなら、両岸で同時に進めるのがエチケットでは?

第一回関門海峡歴史文化検定
http://www.shimonoseki.cci.or.jp/tmp/pdf/kankoukentei.pdf
問題集はこちら
http://www.shimonoseki.cci.or.jp/tmp/pdf/kankoukentei-mondai.pdf

問題をつらつら眺めてみました。

Q30 足利尊氏は、建武の中興の後、楠正成らと戦って敗れ、いったん九州へ落ちのびました。そのとき下関に滞在し戦勝祈願をして反撃の体勢をととのえて出陣、勝利を得て室町幕府を開きました。そのとき戦勝祈願した神社の一つに、足利尊氏がお礼の和歌を奉納しています。この法楽和歌が所蔵されている神社はどこでしょうか。
①亀山八幡宮 ②赤間神宮 ③忌宮神社 ④住吉神社 ⑤乃木神社

(答え)③忌宮神社
…建武の中興の後、反旗を翻した足利尊氏は、北畠顕家・新田義貞・ 楠正成らと戦って敗れ、九州へ落ちのびます。大内氏や厚東氏など中国の有力な勢力を味方につけ、九州の菊池氏を破って九州一円の勢力を結集。下関長府で20日ばかり滞在し、住吉神社や忌宮神社に戦勝を祈願し、出発して勝利を得て、室町幕府を開きます。宿願を果たした尊氏は、1337年戦勝を祈願した長府の忌宮神社にお礼の和歌2首を奉納しています。現在、忌宮神社に所蔵されている「紙本墨書豊浦宮法楽和歌」は、この尊氏自筆の法楽和歌のほか、弟足利直義、一族の足利高経、尊氏の子・足利直冬が奉納したものを加えて1巻とし、国の重要文化財に指定されています。


ははは。南北争乱のハイライトの一つ「多々良浜の戦い 解説」もこうなるのかね。
戦勝後九州仕置きのための太宰府在陣も筑前の名門少弐貞経・頼尚親子の献身も抹殺し、まるで先進中国勢が野蛮な九州に出向いて制圧したかに書くとは片腹痛い。
そんなことだから、九州は南朝王国(中央に対する反逆者の楽園)になる。

この問題集には、日本初の艦砲射撃による攻城戦であった門司合戦(門司城争奪戦)もないようだ。

載せてもいいじゃん、奪還を目指す大友を退けた瀬戸内の王毛利の勝ちなんだし。

|

« MitchanさんのLiveポスター | トップページ | 「大奥」第四巻読みました »

コメント

きっとMOJI LINE開航の腹いせでしょう。

投稿: seamoon | 2009年1月17日 (土) 23時04分

まったく同感です。

私は北九州市と下関市は同じ経済圏だと思ってますが、下関市民の中には、海を渡れば九州という田舎(文化的に)だと思っている方もいます。
その証拠は、我々は自分の住んでいる所を「門司」や「小倉」などと認識してますが、本州(下関も含めて)から見れば、こちらは「九州」ですから。

投稿: のだ | 2009年1月18日 (日) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/43763396

この記事へのトラックバック一覧です: 関門海峡歴史文化検定って名乗らなければいいのに・・・:

« MitchanさんのLiveポスター | トップページ | 「大奥」第四巻読みました »