« 鉄の町ピッツバークが蘇生したのなら | トップページ | えっ、"ドリ"じゃなかったの"Dreamweaver" »

2009年1月14日 (水)

渡辺議員の離党

ニュースを見た以上のことは知りませんが、まぁ怒りの理由はこの批判と同じところからじゃないか、と思いました。
日本は法治国家なのか
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/080e4d083d3144f37172c2c1bdd58027

そりゃ、法治国家で法律を作る場にいる特権を国民から選挙で付与されている唯一無二の存在である筈の議員が、「法律を政令で殺す」なんて目の前でやられて、自分のやった仕事を踏みにじられたんだから、怒るわな。
公務員改革の法案が通った時にはたしか泣いてたくらいなんだから、法案を吟味して法律作るのが仕事の議員として激怒するのは当たり前のことでは。

行政の長としての麻生さんにも行政組織の運営上言いたい事はあるでしょうけど、この結末はこの内閣のお粗末というほかないと思います。なんで説得できなかったのか。麻生首相も大臣たちも。議会の推戴の上で送り込まれた行政の監督者なのですから、今回のことはその能力や意欲が疑われた、という本来深刻な問題の筈。

自民党ってどうするつもりだろう?
行政改革を担当して法律を取りまとめた議員が怒って席を立って出て行った、内閣は黙殺だの罵倒だので送り出した、って、「我が党は行政制度は聖域として手を付けません。必要性も理解できません。手を出した奴はいびります」と宣言しちまったようなものでしょう。

これで定額給付金なんか配った日には、さながら「麻生超然内閣」による「有司専制」の統治宣言。
だって、どこの国でもこういう経済危機にお金を撒くのは、「減税 -いただきません-」なのに、この国では「給付-呉れてやる-」なんだから・・・。

|

« 鉄の町ピッツバークが蘇生したのなら | トップページ | えっ、"ドリ"じゃなかったの"Dreamweaver" »

コメント

麻生さん、ワタシの地元です。総理になった当時は
町中がお祝いで大騒ぎ?でしたが、今では総理の地
元と申し辛くなって終いました。

麻生財閥の御曹司に、庶民の生活など理解できぬと
思えてなりません。生活給付金とかをくれてやれば、
庶民は拍手して喜ぶくらいしか、思ってイナイので
しょう。麻生さん、地元JCの大先輩でもあります‥

自民党はどう見たって下野沈没でしょう。けど、
民主党ではナンも出来ぬのは見え透いたコト…

投稿: アラカブのみそ汁 | 2009年1月14日 (水) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/43736806

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺議員の離党:

« 鉄の町ピッツバークが蘇生したのなら | トップページ | えっ、"ドリ"じゃなかったの"Dreamweaver" »