« ピロリの除菌、投薬開始しました | トップページ | 魚住酒店の片隅に »

2009年1月25日 (日)

こんな手もあるのか・・・ピーナッツ油で危険な嫌がらせ

はぁ、こんな手があるのか、と感心しました。
世に嫌がらせの種はつきまじ・・・。ですね。
けっこう笑い事ではないです。そのアレルギーの人には場合によっては大変な苦痛を与えるし命にかかわる本当に危険な嫌がらせ。殺人計画と呼んでいいかもしれません。
「悪霊がいる」と言って金属シャッターに塩と水を撒き続けて錆びさせたという日本の「?」な和尚さんなんか、かわいいものです。
(そんなことだから、仏教徒はオバマに無視されて就任演説に入れてもらえない・・・って関係ないか)

「知って為さざる。これを倫理という」といいますから、良い子は決して真似しないように。

【1月25日 AFP】カナダ、オンタリオ(Ontario)州のバーリントン(Burlington)警察は23日、ピーナッツアレルギーの元婚約者の車のドアハンドルにピーナッツ油を塗り、アレルギーを発症させようとしたカナダ人の男(47)を逮捕したと発表した。

 警察によると、オンタリオ湖岸にあるバーリントンで、49歳の女性が車のドアハンドルに触れた後に気分が悪くなり、付近の病院でナッツに対するアレルギー反応の治療を受けた。
ピーナッツ油を塗って元婚約者に嫌がらせ?男を逮捕 カナダ
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2563265/3723006

(因に、私の車のドアノブにいくらピーナッツ油を塗っても意味ないです。油絞らず豆のままください。食費の足しになります^^;)

|

« ピロリの除菌、投薬開始しました | トップページ | 魚住酒店の片隅に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/43856222

この記事へのトラックバック一覧です: こんな手もあるのか・・・ピーナッツ油で危険な嫌がらせ:

« ピロリの除菌、投薬開始しました | トップページ | 魚住酒店の片隅に »