« エキサイトさんが何か勘違いをしているのではないか、と思った件 | トップページ | 朝の画像一枚 »

2009年2月16日 (月)

ネットサーフィン

なんて死語ですが、ふらふらと。

isolog「タメグチ」的ガバナンスの歴史
を読みながら、そういえば故山本七平氏も「なぜ天意は民意に現れると考えた孟子に"それを投票で計測する"というアイディアがなかったのか?」ということをどこかで書かれていたような、とか思い出してました。
亜細亜の歴史が専制がスタンダードになった理由は、社会の情報処理としてその方が合理的だった、というより、よそ者が居座って力任せに好きな事をして別の奴に追い出されて、の繰り返しが政治だったからだと思います。
アジア では、『上』の人に素直に従う意思決定方法が常態化したのは、コスト的合理性があったからというより、そうせざるを得なかった、その中で少しでも良い絵を描くしかなかったという"現状への適応"でしょう。
今後ともそういう歴史にならざるをえないことを早々に見抜いて、"正統"という神話を作ってその枠の中に征服者も閉じ込める絵を書いた孔子や司馬遷って偉いなぁ。

とか一瞬思った後、ホリエモンのblogの書評を見て紹介されている成毛氏のblogを覗いて(「森林の崩壊」って買ってみようかなぁ)、さぁ仕事にいく準備。昼の弁当作ろうかな。

|

« エキサイトさんが何か勘違いをしているのではないか、と思った件 | トップページ | 朝の画像一枚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/44079401

この記事へのトラックバック一覧です: ネットサーフィン:

« エキサイトさんが何か勘違いをしているのではないか、と思った件 | トップページ | 朝の画像一枚 »