« 赤煉瓦にゆるキャラ大集合。ゆるキャラまつりinもじ | トップページ | なんか、トイカメラだなぁ・・・ »

2009年3月13日 (金)

そうだ、政府紙幣として、石高制度を復活させてみよう・・・アホ^^;

ええっと、思いつきです。そーとー逝ってる変痴気です。

日本の「失われた10年」と呼ばれた90年代、こうまで不景気が長引いた理由として、日銀が頑として通貨供給を緩和しなかったからだ、という批判があり、このままではまた同じことになる、という懸念からか、政府で紙幣発行してしまえ、という意見があるみたいです。
もちろん、日銀は自社の専管事項を犯されるわけで、大反対なわけでしょうし、常識的な政治家は反対のようです。誰だったか「円天かよ」と毒づいたとか。
実は、日銀と喧嘩しなくても、穏便(?)に政府紙幣って作れるのではないか、と思ったのです。

政府備蓄の米との兌換を保証した"米票"を発行すると同時に、上級公務員の給与を、一部でよいから石高制度に戻したみたらいかがでしょうか。
例えば、総務大臣なら、現行給与OO円のところを、これからは豊前24万石うち円支給はOOと定義、指定の現金支給以外の残余は一度米票で交付する。

米は既に倉庫に山と積まれていますし、おまけに毎年ミニマムアクセスで買い付けが国際公約になってさらに溜まっていくのが予想されるのですから、その政府備蓄米と兌換を保証する券票を国が発行したとして、別に変な話ではないし日銀法46条に違反するわけでもないでしょう。上級公務員という公僕にその積極的使用を奨励してもらいつつ、米票というものへのステータスを付与してもらい、その米票を給付金として国民に配布(みんなに配れば権威がないという点は、上級公務員と一般ピープルでは単位を変えたらいいでしょう。公務員は"石"配布は"斗"とか)、希望者には金融機関等指定場所での指定レートでの買い取りや公的な支払いへの"流用"を保証したらどうでしょうか。例えば、国債は米票で買える、社会保険は米票で支払い代用できるとか。
そのうち自然に普及して、商売人が米票での支払いを受け付けるようになれば、それって"紙幣"そのものでしょ。
そして、この券票制度は、兌換可能な米があるかぎり破綻しない筈。

もしも仮にちよっと変な政治家が実現させて万が一にも成功したとしたら、いっそ各官庁が自分とこの利権で省庁紙幣を作って交換レートが入り乱れる、というのも面白いかもしれません。
警察発行の交通切符の罰金支払いに利用可能な駐車違反券と米券と日本円とのクロス交換レートでスワップ取引が成立するとか、どこかの地方自治体が米票と円を交換対象にした自治体票(藩札?)を発行して、国土交通省発行の道路整備券でリスクヘッジするとか・・・^^;

最後には自衛隊が"趣味の人"の保有を目当てに"軍票"を発行し、これが東亜細亜でバブル化、破綻して損する人が続出、その恨みで日本が嫌われる、というちょっと「いつか来た道」に似た結果をたどる、というオチでいかがでしょうか・・・。
以上お粗末な変痴気論でした。

PS

昔、『みずほ銀行券』というジョークがありましたが、あれよりは現実的? かもしれません。
みずほ銀行券
http://tameike.net/jokes/mizuho.htm

ところで、上記ジョークを書かれている溜池通信のご主人、お仕事で下関・小倉から博多と来られていたそうです。
日誌の3/11-3/12をご覧ください。
今月中はこちらにあります
関門の景色を気に入っていただいたみたいで、なによりです。
最新刊「オバマは世界を救えるか」、読んでみたいと思います。

|

« 赤煉瓦にゆるキャラ大集合。ゆるキャラまつりinもじ | トップページ | なんか、トイカメラだなぁ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/44332345

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、政府紙幣として、石高制度を復活させてみよう・・・アホ^^;:

« 赤煉瓦にゆるキャラ大集合。ゆるキャラまつりinもじ | トップページ | なんか、トイカメラだなぁ・・・ »