« 性懲りも無くモノクロで植物を撮る | トップページ | 日差しの暖かい春の日に »

2009年3月28日 (土)

池田信夫先生の意見には反対

民主党のトリアージ - 池田信夫
http://agora-web.jp/archives/538236.html
を読んだのですが、私はこれには反対です。

民主党が権力闘争を目的とした「政党」である以上は、今回のような場合は、ガチンコ勝負をせざるを得ないだろう、と思います。

政党の存在理由が権力闘争を行うための組織であるかぎり、こんな何処が犯罪分からないような犯罪者だと告発をされたからといって、裁判も行われていないのにその嫌疑の段階で代表を降ろしていたら、「へたれ」と言われるだけでしょう。

猛獣は使いこなせば良い、しかし「へたれ」は政治の場で役に立たない。へたれが国を背負っても国益も国民の生命財産も守れなる筈が無い。易々とそれを売って我が身や国際的美名を守ろうとするだけだろう。

だから、犯罪者を頭に戴く集団と言われるとの、評判を気にするばかりの大人しい良い子ちゃん集団と言われるのと、どちらか選べと言われたら、政党は前者を選ぶしかないと私は思う。

|

« 性懲りも無くモノクロで植物を撮る | トップページ | 日差しの暖かい春の日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/44488687

この記事へのトラックバック一覧です: 池田信夫先生の意見には反対:

« 性懲りも無くモノクロで植物を撮る | トップページ | 日差しの暖かい春の日に »