« 潮風号で結婚式のニュースがRKBのサイトで紹介されていました | トップページ | 週末は"きりしま"だけではなくて艦隊そろい踏みだったみたい »

2009年4月13日 (月)

DG-174 きりしま 週末下関に入港してました

おとといのけーばらさんの結婚式の時、満艦飾をしている船が見えました。
最初、距離感がまったく掴めず、西海岸のL岸のところに泊まっているのだとばかり思って、
「随分と小さい船が頑張って飾っているけど、保安庁の高速特殊警備艇かな」
と思っていたのですが、対岸の下関に入港してきたイージスの楯、"きりしま"でした。

思わず、「ここでSPY-1のスイッチ入れないでね。狭い海峡が巨大電子レンジに・・・」とか思ってしまった私^^;
(SPY-1はイージスの要の対空レーダーシステム。レーダー照射中に兵員が艦外へ出ることはたしか禁止だったと思う)
まぁ胸ポケットのチョコレートのようにみんな溶けちゃいました、なんてことあるはずないのですけど、こんなこと書いておけば、誰かがイージスシステムを"白燐弾"のような大量殺戮のスーパー超兵器に仕立て上げてかってに大騒ぎはじめてくれて退屈しないかもしれん。(オイ)

昨日の日曜日、我慢できなくなり子供を風呂に入れるのをさぼって、きりしまのある海峡夕景の撮影へ行ってきました。
下記画像はその「成果」ですが、この時も思ったのですが、ダークグレーの護衛艦って、風景にとけちゃってほんと撮りにくいですね。

そういえば、ソマリア沖で海賊対策してますけど、笹舟のようなボートの海賊たちが各国正規軍の艦艇を襲って返り討ち(前書いたこれ)、という信じられん話が時々入ってくるのですが、これは今の艦艇がスマートで色も地味だから、田舎者のソマリアン冦たちには軍艦だと分からないからかもしれん。
第二次大戦時の駆逐艦が残っていたらなぁ。いかにも軍艦ってシルエットだから、機銃座でも増設して、これみよがしに航行したら、海賊も怪しがって近づかんかもしれない。抑止力になるな。
吹雪型(写真)なんて、走っている姿きっとかっこいいぞ。
いっそ麻生さん作らせたら。今なら「景気対策」といって金使うなら何だって許されそうだし^0^
「軍備云々」とかいわれれば、「趣味のフィギアだ」で押し通せ。

えっ、台湾にギアリンクが浮いてるって?(これ)
まだ本当にあるのかよ、大戦型駆逐艦なんて。
それの派遣が実現したりしたら、同海域の各国海軍は頭痛いだろうなぁ。
真っ赤な旗を振り回すフェリペ二世の臣下のただ中に、ネーデルランドの三色旗がはためくみたいな話で、折角第二次国共合作で併呑一歩手前なのに、国旗かかげた軍艦が出て来て各国艦隊と轡を並べているのを座視したら事実上の独立容認宣言になりかねないし、これは当然撃たなければ、となって、海賊そっちのけで海戦が始まるかもしれない。

20090413dsc03080
20090413dsc03114

|

« 潮風号で結婚式のニュースがRKBのサイトで紹介されていました | トップページ | 週末は"きりしま"だけではなくて艦隊そろい踏みだったみたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/44655832

この記事へのトラックバック一覧です: DG-174 きりしま 週末下関に入港してました:

« 潮風号で結婚式のニュースがRKBのサイトで紹介されていました | トップページ | 週末は"きりしま"だけではなくて艦隊そろい踏みだったみたい »