« 小森江の貯水池の桜 | トップページ | 門司港駅 広石の路線脇の桜 »

2009年4月 7日 (火)

大和轟沈の日と、インド海軍に守られる今日の日本の海運

早出の仕事前。mixiなどをぺらぺら眺めてFumiさんの日誌で知ったこと。
64年前の今日が、坊の岬沖海戦。戦艦大和轟沈の日。とのこと。

それから、らくちんさんのblogにお邪魔。ソマリア海賊の話を読む。

>日本の船は、よくインド海軍の擁護を受けています。インド海軍は、日本人に親切で、強い。インド人に感謝。そして、昔、インド人に親切をした日本人に感謝です。
(引用)
とのこと。
なぜ、親日なのだろうか?

もしかして、チャンドラ・ボーズと共に独立のために戦った戦友として遇して呉れているのかな?

うーん、気持ちたけでもめかりの方に一礼して一日をはじめようかな。
めかり=パコダ(ここ)ですから。

インパール作戦は酷い作戦であり、牟田口という人は人格的にも問題のあった人だったらしいのですが、もし「我々日本人全滅してでもボース率いる国民軍をインドに突入させろ」と命令を出していたら、百年後は歴史上の偉人の一人になっていたかもしれない、とか思ったところで時間なので仕事行ってきます。

|

« 小森江の貯水池の桜 | トップページ | 門司港駅 広石の路線脇の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/44592304

この記事へのトラックバック一覧です: 大和轟沈の日と、インド海軍に守られる今日の日本の海運:

« 小森江の貯水池の桜 | トップページ | 門司港駅 広石の路線脇の桜 »