« 週末は"きりしま"だけではなくて艦隊そろい踏みだったみたい | トップページ | ITmediaが北九州を紹介してます。やはり門鉄ビルを"鉄の聖地"に・・・ »

2009年4月15日 (水)

幸せな結末。 洞海湾の奥で解体される退役護衛艦

護衛艦についてのエントリーが続いたので思い出してHDDの中探って見つけました。

三年、四年前かな。若松の倉松酒販さんまで、たしかシルフィー(参考)を買いにいった帰りに撮影した、解体されていた退役護衛艦です。

建造以来訓練以外で一発も撃つ事なく、抑止力としてのみ働いて後継艦に席をゆずり退役、湾の奥深くで静かに解体をまつ軍艦の姿は、それだけの期間国が平和であったことを象徴していると思いました。

願わくば、これからも海上自衛隊がサイレントネイビーであってほしいと願います。

ところで、この船、なんでしょうね。
やまぐも型DDKかなぁ、と思ったのですが、主砲の後ろボフォースロケット置くスペースがあるのかないのか分からないし、ちくご型DEかも。
誰か詳しい人、よかったら教えてください。

20090415pict4664

|

« 週末は"きりしま"だけではなくて艦隊そろい踏みだったみたい | トップページ | ITmediaが北九州を紹介してます。やはり門鉄ビルを"鉄の聖地"に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/44675751

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな結末。 洞海湾の奥で解体される退役護衛艦:

« 週末は"きりしま"だけではなくて艦隊そろい踏みだったみたい | トップページ | ITmediaが北九州を紹介してます。やはり門鉄ビルを"鉄の聖地"に・・・ »