« DG-174 きりしま 週末下関に入港してました | トップページ | 幸せな結末。 洞海湾の奥で解体される退役護衛艦 »

2009年4月14日 (火)

週末は"きりしま"だけではなくて艦隊そろい踏みだったみたい

門司港の魚住です。
昨日の"きりしま"の写真につづいて、門司側に停泊していた護衛艦の様子です。
小森江の岸壁に停泊していたのは、
DD-155 はまぎり
DD-158 うみぎり、
もそっと門司港側にDDH-142 ひえい。
DD-106 さみだれとDD-113 さざなみがソマリア沖に海賊対策で展開中なので、この狭い関門海峡に艦隊そろい踏みというなかなか壮観な状態だったのですね。
(いなずまとはたかぜはどこだ、の問いはとりあえず忘れてください^^;)

北朝鮮からの"飛翔体"の空襲警戒で、きりしまは岩手沖にいたそうですが、単艦で動いていたのではなくて、艦隊で行動していたのかな。

岩手沖を航行する第四艦隊・・・。
台風で艦首もげたり船体鋲が飛んだ艦が続出しなくてよかったよかった・・・。
って、いつの第四艦隊だよ^^;
(資料 第四艦隊事件)

PS
正しくは「第4護衛隊群」。第四艦隊とは呼ばない。いざというときも連合艦隊は組まない^^;
司令部は呉。艦隊旗艦(ってこのご時世まだあるのかな?)はDDH-142 ひえい。
(気がつくと、蒸気タービンはもうこの最古参のひえいだけなんですね。あとは全部ガスタービン艦じゃん)

画像左は接岸しているあさぎり型二隻。沖合はくねっと曲がって日本海へ抜ける関門海峡の小瀬戸と彦島(これが香港化していたら、日本史はもっとねじれていたろうなぁ)
右は、もそっと手前に停泊しいるひえい。
あさぎり型のヘリ格納庫って、前も書いたけど、ほんと「対艦ミサイル上等です」と言っているみたい。これを並べて文字通り身を挺して船団を守ろうというドクトリンだったのだろうか・・・。

20090413dsc03096
20090413dsc03122

|

« DG-174 きりしま 週末下関に入港してました | トップページ | 幸せな結末。 洞海湾の奥で解体される退役護衛艦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/44665952

この記事へのトラックバック一覧です: 週末は"きりしま"だけではなくて艦隊そろい踏みだったみたい:

« DG-174 きりしま 週末下関に入港してました | トップページ | 幸せな結末。 洞海湾の奥で解体される退役護衛艦 »