« 八重桜 昨日、白野江植物園にて | トップページ | たかが酔っぱらいが騒いだくらいのことだろうに »

2009年4月23日 (木)

電子ポスターシステムって、なんか面白そうじゃない?

毎年、市民サミットの懸案として会場の発表をブース展示のコーナーに中継できないか、というのがあったのですが、先日の市民サミットではそれが実現してました。

3Mの「 Vikuiti」というリアープロジェクションフィルムを貼ったアクリル板に後ろからケーブル引いてもって来たカメラ出力をプロジェクターで写す、という拍子抜けするほど簡単なシステム。

プロジェクターに出力だから、暗くて何が映っているのか分からんかも、と最初思ったのですが、最近の技術って凄いですね。十分な輝度と黒濃度でした。何しろ出力メディアがぺらぺらの紙ですから、ブラウン管じゃないから軽くなったとはいっても重くて高価なモニターデイスプレーがいらない、というのは凄いんじゃないか、と思います。
このフィルムを使えば動画利用したPOPとか、面白いことができるかもしれないなぁ、とか思いました。何しろ、切り貼りができるのですから、フォーマット(枠)に縛られない。

3Mはこの電子ポスターシステムと表示情報のサーバによるネット配信システムを組み合わせたデジタルサイネージというシステムを提案して売り込んでいるそうです。

たとえば、その気になれば、多国籍企業の社員たちが、地球の裏側で開催している支店対抗草野球大会を、ワールドカップよろしくどこかの店で集まって酒飲みながら観戦することもできるわけかぁ・・・。
妙な時代になったものだ、と思います。


先日市民サミットに協力いただいた代理店は、アイル・ジャパンさんという会社だそうです。
ご協力感謝です。

アイルジャパンさんのwebでのサービス紹介はこちら

20090423dsc03235

|

« 八重桜 昨日、白野江植物園にて | トップページ | たかが酔っぱらいが騒いだくらいのことだろうに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/44762535

この記事へのトラックバック一覧です: 電子ポスターシステムって、なんか面白そうじゃない?:

« 八重桜 昨日、白野江植物園にて | トップページ | たかが酔っぱらいが騒いだくらいのことだろうに »