« 花 雄蕊と雌蕊 200の2.8 | トップページ | まだ、のどは痛いけど »

2009年5月 2日 (土)

どぎうどん

北九州は小倉南区にしかない超レアなうどんらしいのですが、何げにはやっているらしいのです。

それで、先日ネット上の感想サイトをヒントに店を探して食べてみました。
おおくは午前中で売り切れる、という話なので、妻には用事があるとか理由を構えて昼飯前にそそくさと車を走らせて。

待ち時間なし、即出てくる。と聞いていましたが、その通りでした。
出てきたどんぶりを覗いて驚愕しました。
関ヶ原以西ではありえんだろう、といいたくなるまっ黒なおつゆ。底、見えん。
そのだしの中にこれでもかとボコボコと浮かぶ黒い肉塊。こんなに入れていいのか?と思った量です。
そして、その上にこんもりと盛られたのはネギではなく生姜のすりおろし。
実は、苦手なんです、生姜。おもわず後ずさりしそうになりました。

黒い肉塊の正体が、牛のほほ肉。これを「どぎ」と呼ぶから"どぎうどん"なのだそうです。
口に含んでみると、柔らかい肉でした。ハラミとかの脂いっぱいの柔らかさとはちがう、細胞の密度の薄さによくしみたダシを一杯に含んだ感じでしょうか。ところどころ脂身ではなくゼラチン質を感じるのがあぁなるほど頬肉なんだ、という感じです。そして牛のお肉らしい風味(というか獣の肉の匂い)は消えずに残っていました。これを消すのにてんこ盛りの生姜のすりおろしが効果的で、臭みか風味かのぎりぎりのところで味わいになっている感じでしょうか。一般的な肉うどんの甘辛くした牛肉とはまったく違う味わいです。
麺もシコシコと腰が強く、つゆも美味しいものでした。が、飲むと喉がぴりぴりとします。生姜が効く効く。鼻風邪くらいは吹き飛ばしてしまいそうでした。

とっても野趣溢れた一品。体を使って汗かいて仕事するなら朝めしや昼めしにかき込むと腹も満たされやる気も出そうな感じです。
ごちそうさまでした。

これは、見当違い、といわれたこともあるのですが、この「どぎうどん」にしてもあるいは「じんだ煮」にしても、元々豊前の食文化なのかなぁ・・・小笠原が信州から持ち込んで進化した食文化なのでは?という気がするのです。
どこに異質さを感じるかというと、この"どぎうどん"の生姜とか"じんだ煮"の山椒、この手の刺激の強いものの活用に、です。
魚肉の匂いを芳香の強い刺激物で消す、というこういう手法って、筑前博多から長門周防、芸州広島まで広げても周囲にあまりないのでは?門司の対岸下関なんて、日本一醤油の甘いところと言われてますし。

私のこの妄想って、どんなものでしょうか?ご意見募集です。

|

« 花 雄蕊と雌蕊 200の2.8 | トップページ | まだ、のどは痛いけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/44875493

この記事へのトラックバック一覧です: どぎうどん:

« 花 雄蕊と雌蕊 200の2.8 | トップページ | まだ、のどは痛いけど »