« TVQさんの「きらり九州めぐりあい」で再び門司が紹介されるそうです | トップページ | 発熱センターって機能するのだろうか? »

2009年5月17日 (日)

新型インフルエンザはいつから国内にいたのか

もともと、先月の季節外れのA型の流行自体が、本当に季節性なのか、新型なのかは誰も調査していなかったのでは?
メキシコで騒ぎになって、精密な検査がはじまって初めて新型のA型だと分かったのではないか、という可能性はないのだろうか・・・。
海外直近情報集のオーナーの疑いを私も同意します。

神戸での高校生で見つかったH1N1インフルエンザは、診察したドクターが、地方衛生研究所に検体の分析を依頼したから分かった訳であり、依頼してなかったら、今だに水際作戦大成功中だったはずだ。
 夜に入ってから、神戸の他高校、大阪の高校でも感染者が見つかったり疑い者が出てきた。さらに他地域でも出てくると思う。

 高校生達はどこで感染したかは不明だ。
 海外帰国者からの2次感染である保証もない。
 神戸で感染したのかも知れないが、ウイルスを運んで来た人は、どこからやってきたかも分からない。しかし、決して夜空の星から来たわけではない。
 東京かも知れないし、九州かも、北海道かも知れない。
 要するに感染が確認された高校生達が、海外からウイルスを持ってきて国内に入った人から数えて何人目の感染者かは分からない。だから3次感染かも知れないし、5次感染かも知れない。
 言えることは、今が、国内で感染が始まった発生初期である保証はないと言うことだ。
 にも関わらず行動計画に従って、「発生初期における早期対応」をなぞってゆくのはおかしいのだ。神戸のドクターが検査を依頼してなかったら、まだ発生初期ではなかったろうし、今月初旬、または先月中旬、神戸のドクターと同じく、どこかのドクターがA型インフルエンザ患者の検体を地方衛生研究所に分析を頼み、その地方衛生研究所が快く引き受けていたなら、既に発生初期は通り越していた可能性だってあるのだ。
 単に検査をするか、またはしたかで、発生初期が変わるという現実の中で、几帳面に行動計画に従って対策を進めるのは、完全に詭弁的であるか、稚拙な作業である。

鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集 - 徒然日記

でも、稚拙は仕方が無い、とも思います。目に見える対人の軍備すら忌諱する日本人と彼らの作る日本国には、CDCのような役所を置いて想定した脅威に予め備える、という勇気はないのですから。
おこったときに転けつまろびつ対策を積み上げて行くしかないわけで、いきなり死亡率60パーセントの鳥インフルエンザ由来の新型に襲われず、訓練の機会を得たことを幸運とするべきではないか、と思います。

CDC = アメリカ合衆国保健社会福祉省の感染症対策総合研究所
感染症に対する監視と、対策の中核となる研究所。保健省の中核組織。
保健省は、陸・海・空・海兵隊の四軍と沿岸警備隊及び海洋大気局と並ぶ 連邦政府七つの制服組織の一つ。
(こんな組織を整備していること、権威ある勧告と情報を世界中に提供するところ、さすが現代のローマ帝国だわ)

|

« TVQさんの「きらり九州めぐりあい」で再び門司が紹介されるそうです | トップページ | 発熱センターって機能するのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/45038065

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザはいつから国内にいたのか:

« TVQさんの「きらり九州めぐりあい」で再び門司が紹介されるそうです | トップページ | 発熱センターって機能するのだろうか? »