« これはうけたぞ、B52艦載バージョン | トップページ | なぜだろう?徳野雅仁さんの名前で検索して来られる人が続いている »

2009年6月25日 (木)

「ローマ人の物語」を読みながら

読書再開した「ローマ人の物語」、ようやく"三世紀の危機"、いわゆる衰亡史の時代に突入。今からカラカラが殺されるところです。
困ったなぁ、「最後の努力」以降の三巻分は、年内には文庫は出ないんですよね、確か。
このペースなら夏中に全巻読み終えるだろうと思うけど、文庫が出るのを待つ気にはならないし、途中から単行本を買うことになるかなぁ・・・。
まぁ、いいけど。単行本と文庫と両方家に置いといても。

これと陳舜臣さんの小説十八史略は、とりあえず一度読んでおけ、と明子と新司には先々勧めたいと思っています。
賛否も多分欠陥も多々あれど、とりあえず一人の人間が全部書いた通史(十八史略は陳舜臣さんの編纂じゃないけど^^;)というのは、一読しておく方がいいと思いますから。

もっとも、馬鹿親父の言う事なんかを将来聴くかどうかは神のみぞ知る、ですけど。

それにしても、読んでいると、地中海世界というのを直接見てみたくなりますね。

|

« これはうけたぞ、B52艦載バージョン | トップページ | なぜだろう?徳野雅仁さんの名前で検索して来られる人が続いている »

コメント

追い越されちゃいました(笑)
まだカラカラ帝が殺される前で2ヶ月経ってます(^^;)。

投稿: seamoon | 2009年6月25日 (木) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/45446930

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローマ人の物語」を読みながら:

« これはうけたぞ、B52艦載バージョン | トップページ | なぜだろう?徳野雅仁さんの名前で検索して来られる人が続いている »