« むかーしの写真 セピアな写真 7 | トップページ | 鎖 »

2009年6月18日 (木)

「君辞めたまふことなかれ」

ああおとうとよ 君を泣く 君辞めたまふことなかれ
末に生まれし君なれば  奇行失言まさりしも
親は刃をにぎらせて 支持率下げろと をしへしや
太郎困らせ死ねよとて 六十までを そだてしや

日の本の国の まつりごとの 旧家をほこる ぼんぼんの
親の名を継ぐ君なれば 君辞めたまふことなかれ
かんぽの宿は売れたれば 安かろうとも何事ぞ
君は知らじな、あきびとの 世のおきてに無かりけり

君辞めたまふことなかれ 君の友人の友人は
テロルで人の血を流し おほみづからは出でまさね
チョウの道に耽よとは 死神と呼ばれるをほまれとは
酒に飲まれて全裸より 最低の人間と思されむ

: bogusnews"「君辞めたまふことなかれ」与謝野財務相が辞めゆく鳩山氏に詩"

与謝野大臣は歌人与謝野夫妻の子孫だからこのギャクになるのでしょうね。
因に、「旧家をほこる ぼんぼんの」祖父は、以下の抜群の功績をもっています。

1930年、第58帝国議会のロンドン海軍軍縮条約の批准をめぐる論議では軍縮問題を内閣が云々することは天皇の統帥権の干犯に当たるとして濱口内閣を攻撃、濱口首相狙撃事件の遠因となった(なお、狙撃事件後傷の癒えぬ濱口に執拗な登院要求を行った。濱口は登院の5ヶ月後に死去している)。統帥権干犯論は議会の軍に対するコントロールを弱めるものであった為、これを根拠として軍部が政府決定や方針を無視して暴走し始め、以後、政府はそれを止める手段を失うことになって行く。

1933年の京都帝国大学の滝川幸辰の学説・思想を非とするいわゆる滝川事件の際には、京大総長に対して滝川教授の免職を要求し、これが拒絶されると文官分限令によって一方的に滝川教授を休職処分にした。

Wikipedia:鳩山 一郎

気がついてみれば、2月からこの方、随分色々書き散らしてきたな、と、ふと思う。

|

« むかーしの写真 セピアな写真 7 | トップページ | 鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/45374763

この記事へのトラックバック一覧です: 「君辞めたまふことなかれ」:

« むかーしの写真 セピアな写真 7 | トップページ | 鎖 »