« 昔の写真 今の門司港ホテルのあたり | トップページ | 思い出した。門司駅の地下道だった »

2009年7月30日 (木)

紫鳥さんの功績

防長両豊を襲ったもの凄い豪雨も、とりあえず一服したみたいです。
被害に遭われた方には、心からお見舞いを申し上げます。

北九州も各地で被害が出た様子ですが、実は、マイミクさんの日誌で知ったのですが、小倉のど真ん中を流れる紫川も、水面が両岸を超えそうな結構ヤバい瞬間があったみたいです。

で、先日、全く別の件で市の方にお会いした時、その話をしたら、
「あれねぇ、紫川がもったのは、末吉さんの功績だよ」と。
「橋ばっかり作って、って言われ続けたけど、本当の目的は河川自体の改修だったんだよねぇ。特に河口近くの、あの水上ステージ作ったあたりとか火の橋のあたりがボトルネックになっていたから、そこを触って、橋も橋脚減らして抵抗減らすのが立て替えの目的だったんだよねぇ。」
「あれしてなかったら、今度の雨で小倉の中心部は魚町のあたりまでどうなっていたやら・・・。」
と、いうことでした。

私は、末吉さんは一期長く勤めすぎた感があるし、前回の選挙での北橋市長への交代の民意も妥当なものだと今でも思っていますが、治山治水というものが為政の根本だし、稀にしかおこらないことや遠い未来を憂えて行うのが百年の大計というものだろうと思いますから、今回の話をきけば、この事に関しては
 Good Job!! 
と感謝するべきだろうな、とか思いました。

とかなんとか、一応、私自身の備忘録として。

先日こんな変痴気論を書いたのですが、こんな話をきくとなおさら、政治家の評価というものは、本当に微妙で難しいものだ、と思います。さりとて、政治家もそれを評価する有権者も、リアルタイムで判断を要求される以上は、様子見で済ませる訳にはいきませんし・・・。

|

« 昔の写真 今の門司港ホテルのあたり | トップページ | 思い出した。門司駅の地下道だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/45781387

この記事へのトラックバック一覧です: 紫鳥さんの功績:

« 昔の写真 今の門司港ホテルのあたり | トップページ | 思い出した。門司駅の地下道だった »