« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

肉うどん"たまや"

ちょっと前に老松に出来たうどんやさん。
たまやという名前は、なるほど、と思います。
(隣は菅沼ビリヤードさん)

20090930dsc00787

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

リバーサイドコンサート

六回目を数えるリバーサイドコンサートが、10月3日に開催されます。
今年は、一風かわった企画ですね。

■第6回リバーサイドコンサート
     〜音楽とファッションが出逢う水辺〜
 ●日時:2009年10月3日(土)13:30~19:30
 ●会場:第1ステージ 水環境館
      「エコな心を見つめよう」 13:30~16:00
      :第2ステージ 
       勝山公園大芝生広場横水上ステージ
      「 聞くほどエコなコンサート」17:30~19:30
 ●出演:第1ステージ
        弓場 さつき[オカリナ]
        楓雅[Vn.Va.Pf]
        田中 陽子[ピアノ]
        ○(マル)[ファッション]
      :第2ステージ
        SION[PF.Fl.Mar]
        なかざとゆりえ[布クリエーター]
        コンフォート・ウインド・アンサンブル
               [サックス4重奏]
        CDK[コサージュ]
        黒崎 愛[ピアノ]
        山﨑 真理子[ソプラノ]
        NHKレディースコーラス[合唱]
        村岡 慈子[パーカッション]
        Atlier Ta.a.Na[ファッション]
 ●入場料:無料

その他詳細は、下記websiteで
http://www.krmb.info/

20090929rc6o091003_2
20090929rc6u091003

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

昨日ベラベラ喋って来た「街じゅうアート」の件

魚住です。
昨日、仕事帰りに「歌う果物屋さん」こと山形さん(web)たちに会って酒飲んだ後、なぜかそのままFM北Qのスタジオにお邪魔して、「街じゅうアート」と「レトロカーミーティング」の紹介をくっ喋る羽目になりました。
闖入、失礼しました。って、私はポスター渡して帰る筈だったんですけどねぇ・・・^^;

と、いうことで、昨日、関係者でもないのに喋って来た「街じゅうアート」というイベントのご紹介です。

「街じゅうアート in 北九州 2009 −産芸ものがたり・前編−」
ARTS×TECHNOLOGY 2009 / Here Goes Art !

北九州市内および近郊の企業(=産業)と全国から招致した作家の力(=芸術)を結びつけた、全国でも珍しい切り口のアートプロジェクト「街じゅうアート in 北九州」。
産学からもう一歩進めた「産芸」、個性的な産業芸術連携の門を開きたいとの思いから始まったアートイベントだそうです。

「ものづくりの街」が持つ潜在力を深く多面的に掘り起こし、近代化産業を支えた工場と工場を支えた人々、工場以前の風光と歴史を、北九州に滞在して体感した作家たちが、アートの視点から作品に昇華する試み、ということになるのでしょうか。

そして、これ、「前編」だそうです。
来年の大掛かりな展示に向けての始まりとして、今年のイベントがなされるそうです。

主催:特定非営利活動法人 創を考える会・北九州
共催:北九州市、北九州市教育委員会
助成:アサヒビール芸術文化財団
協賛:リバーウォーク北九州
企画:特定非営利活動法人 創を考える会・北九州
企画協力:花田伸一 (キュレーター)
参加作家/
青木野枝 、牛嶋均、きむらとしろうじんじん、久保田弘成、 坂井存、冨永剛

詳細は、主催団体「創を考える会・北九州 」の下記URLで
http://www.sohkai.or.jp/

イベント色々あるようですが、お勧めは「大人の遠足2009 秋の工場見学ツアー」
「特別公開・財閥の足跡と現在を訪ねる一日」と銘打って、大里赤煉瓦ツアーだそうです。
鈴木商店夢の跡ですね。


20090928_art1

20090928_art2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

あいかわらずアクティブだなぁ

バナナマン、また何か始めたみたいです。

http://ameblo.jp/mojiko-bananaman/

あいかわらず、アクティブだなぁ。

さて、仕事行ってきます。
はぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

彼岸花

先日、シルバーウィーク中に撮影した彼岸花です。
撮影は、門司の某所。

20090926dsc00815

20090926dsc00805

20090926dsc00811

20090926dsc00820_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

照空陣地という可能性もあるのかな

昔、大里の青葉台公園は砲台の跡地じゃないか、という話があったのです(ここ)が、先日、唐突にそのことを思い出して、久しぶりに現地まで行ってみました。
高校卒業してから、ですから、あそこまで登ったのはもう四半世紀以上前の話です。

あれ、こんなに小さい公園だったかなぁ、というのが第一印象。
あったのは対空機銃座かも、とか思いながら、ふと思いついたのが「照空陣地」。
探照灯(でかいサーチライト)と聴音機が置いてあったのかも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

「オイばか親父、変なモノ家に置くんじゃない」と息子の目が語っている気がする今日この頃

去年の春先、機会をいただいて長府の下関美術館に作品を展示することができました。(その件のbog)
展示したB0サイズに伸ばした作品たち、その後捨てることもできず三枚重ねてずっと居間に置いていたのですが、先日、そのうち一枚、web"mojiko.com"のトップページに表示している"海峡夕景"が展示希望を受けてめでたく貰われていきました。

で、今はその下に重ねていた"壁面"という作品が自動的に展示されている形なのですが、一般家庭の家族団らんの間には、いささか、いやかなり似つかわしくないビジュアルで・・・。

最近、息子(9ヶ月)が這っていっては後ろに手を入れて「よいしょ」と倒そうとしているみたいです。
多分、口がきければ表題のような事を言っているような気がして、いささか目線が痛い気がする小心な父親をやっている今日この頃。

誰か、うちのオフィスに、待合室に、引き取って飾ろうという物好きな方がいたらお声掛けください。

画像は、美術館に展示されていた時の様子と、作品を背景にした息子のスナップ

20090924pict0059

20090924dsc00733

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

夕方は少しだけ日が顔を出しました

門司港の魚住です。
一日曇っていたシルバーウィーク最後の日でした。
昼前には小雨も降ったのですが、夕方になってちょっと晴れました。
久しぶりに夕日の画像です。ちょっとリハビリっぽいです。


20090923dsc00830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと懐かしいなぁ。MSNに金春湯が紹介されている

門司港の魚住です。
昨日の門司港は、車の窓越しに「どうしたの?」と思ったほどもの凄い人がわらわらと歩いていました。
お散歩マルシェ、結局顔を出せませんでしたが、あの調子なら盛況だったのでは?
あまりお金のかからない手頃な観光地、としてツボに嵌ったのかもしれませんね。

それはともかく、朝からぼーっしながらネットにつないでいたら、MSNに銀座の銭湯を紹介する記事がいりました。
【GINZA】銭湯「金春湯」 146年の歴史を刻む街の社交場

門司港Nowのコーナーにありますが、実は十年前に入ったことがあるので、ちょっと懐かしかったです。
http://mojiko.com/now/old/2001/now1023.htm
ここに限らす、東京で入った銭湯はどこもめちゃくちゃ熱かったんですよね。足突っ込んだ時に「痛ぇ!」と言いそうになったとこばかりだったなぁ。
日本中そうでしょうけど、門司港も銭湯はついに一軒を残すのみになってしまいました。
もっとも、スーパー銭湯は流行しているのですから、日本人の風呂好きは変わらないのでしょう。

考えてみれば、各家庭で家風呂を焚くというのも効率的なエネルギーの利用とは言えないですね。
昔、江戸幕府は家に風呂をつくることを許可制にして牧民に活用していたそうですね。
「長い間よく頑張りました。功績に免じて隠居屋敷に風呂釜つくるの許してやるぞ」って感じで。
幕府が最も恐れたのは江戸の火災で、風呂を焚くことで火元が増えてリスクが跳ね上がるのを家風呂禁止と風呂屋という専業を作る(だからといって官営ではないのが明治以前だね)ことでコントロールしていたらしいのですが、昨日、鳩山首相が世界中に大見得切ってしまったのを横目に見れば、家風呂制限銭湯奨励ってのがCO2削減に有効だ、とか言い出す人も出てきそうな気がする今日この頃。

いっそ、風呂屋づくりを一つの産業として育成して経済の成長戦略にしましょうか。
けっこう波及効果は大きいかもしれませんし。
せっかくだから水なんかも凝って水源地から水道橋を引いて来たら。きっとかっこいいぞ、街の真ん中まで水道兼歩道橋がくねくねと・・・。
「ダムは作りません、でもお台場まで水道橋つくりますから仕事はありますから」といえば、ダム止める話に困惑する地元に代替提案になるかもしれないし・・・。
風呂屋の熱源は、重油ボイラー禁止。エコキュートみたいなヒートポンプとか燃料電池をメインに色々工夫する(地下で輝くニュークリアパワー、高温ガス炉で瞬間沸騰エルルギー無制限とか^^;)ってことで、化石燃料の使用とCO2の発生を抑える。
みんなで家風呂を極力使わずに銭湯を使い、子供はここで公共の場での礼儀や遠慮も自然に学ぶ。どうせ広いスペースいるのだから、ジムだの塾だのも入った巨大雑居ビルにすれば家賃収入も手に入る。図書館ならぬ漫画喫茶でも併設すれば、アニメの殿堂を作れなかった前首相の無念も晴れようというもの。最初から割り切って補助金で料金低廉におけば、老いもニートも入り浸れる「居場所」が確保できる。口入れ屋も人探しはまず街の風呂屋から。仕事なさそうな若者に「君、いい体しているね、・・・(お好きな言葉を。「自衛隊に入らない?」でも「上海で土方仕事が」でも「マグロ釣らない?」でも可)」と囁く、と。

行政で社会福祉の一環と割り切って作るのだから、たまには首相だって入りにこないとねぇ。
当然、首相の入る日は、一般庶民はタダですよね。首相持ちで。
鳩山さんだか返り咲いた麻生さんだか、河野さんだか、誰だか知らないけど首相が入る日は、ニートの連中がこれみよがしに壁に背中を擦り付けてお出迎え(*1)と。

あー、また貴重な休みの午前中をくだらぬ戯言に消費してしまった・・・。

*1
ローマ皇帝ハドリアヌスがある日浴場を訪れた際、老人が石鹸のついた背中を壁面で擦り落としているのを見た。彼が自分の指揮下にいた元百人隊長であることを思い出したハドリアヌスが声をかけると、体を清める専門の奴隷すら雇えないからこうしている、との答え。同情した皇帝はその老人に奴隷を手配してやった。
しばらくしてハドリアヌスが入浴に訪れると、老人たちが並んで浴場の壁面に背中をこすり付けながら出迎えてくれたという・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

残念なニュース お悔やみを申し上げます

「クレヨンしんちゃん」作者死亡 今後の掲載未定
9月20日22時25分配信 産経新聞
群馬・長野県境の荒船山で見つかった遺体が20日、臼井儀人さん(51)と確認されたことを受け、人気漫画「クレヨンしんちゃん」を平成12年から連載している「まんがタウン」(双葉社)の編集局では、今後に向けての対応に追われた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090920-00000572-san-soci

行方不明になっていた漫画家が最悪の形で見つかりました。

仮に〆切からの逃避だったとしても、いつかこういう作品が読めるだろう、と思っていましたが、残念です。

お悔やみを申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

willcomちゃけた・・・。認可したことは問題にならないのだろうか

ウィルコム私的整理へ 銀行団に返済期限延長を要請
9月19日10時28分配信 産経新聞
 PHSのウィルコムが、三菱東京UFJ銀行などの取引金融機関に、1000億円規模の債務返済期限延長を求める方針を固めたことが19日分かった。来週にも、私的整理の一種で第三者機関が仲介する、事業再生ADR(裁判外紛争解決)の手続きに入る。

 ウィルコムはPHSで約450万人の顧客を持つ。サービスを継続しながら経営再建を進め、政府が近く設立する企業再生支援機構への支援要請も検討する。

 ウィルコムは現行PHSの20倍の速度を持つ無線通信サービス「XGP」を開始する電波利用免許を取得、10月からサービスを始めるが、多額の有利子負債を抱え、今後5年間で必要な1400億円規模の設備投資の資金調達を巡り銀行との交渉が難航。筆頭株主の米ファンド、カーライル・グループへの追加出資要請や経営陣の刷新で事態の打開を図ったが調整がつかなかった。産経新聞の取材に対しウィルコムは「現時点で決定した事実はない」(広報)としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090919-00000511-san-bus_all

この間まで長くユーザーだったので、淋しいニュースでした。

それにしても、次世代通信の設備投資がこの事態を招いたというのなら、普通なら、申請を認可した判断の是非は問われてしかるべきなのではないか、と思うのですが、そういう疑問をもつことの方が破廉恥で許されないのかも、という気がする今日この頃。

“次世代PHS”にゴーサイン――ウィルコム「1日も早いサービス開始を」
次世代高速無線通信で使用する2.5GHz帯について、ウィルコムの「次世代PHS」への割り当てが決定した。同社は「1日も早いサービス開始に向け取り組む」という声明を発表した。

 総務省は12月21日、周波数2.5GHz帯を利用した次世代高速無線通信について、KDDIら6社による「ワイヤレスブロードバンド企画」と、ウィルコムの「次世代PHS」(2.5GHz帯の周波数を使用する広帯域移動無線アクセスシステムの特定基地局の開設計画)に電波を割り当てるよう、電波監理審議会(電監審)に諮問。電監審は同日、2陣営への免許交付を答申し、総務大臣が正式に認定した。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0712/21/news136.html

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年9月20日 (日)

おさんぽマルシェ

こんどの火曜に開催されるそうです。蚤の市、という感じのイベントでしょうか?
面白そうですね。春に開催されたらしいのですが、私はあったことすら知らなかった有様で・・・。
こんどの火曜日は幸い休み(の予定)ですから、覗いてみたい、と思います。

おさんぽマルシェ
マルシェをイメージしたヨーロッパのオープンマーケットの雰囲気をイメージして、アンティーク、ナチュラル、オーガニック、ロハスをコンセプトに各種お店が出店。

日時:9月22日
場所:レトロ中央広場(国際記念図書館の近く)
後援:門司港レトロ倶楽部 門司港レトロ室
主催:おさんぽマルシェ実行委員会
http://www7b.biglobe.ne.jp/~osanpomarche/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

四年目の門司港レトロカーミーティング

来月、開催四年目となる門司港レトロカーミーティングが開催されます。

■開催日時:2009年10月18日(日)
      午前9時〜午後3時(雨天決行)
 
■会場: 福岡県北九州市門司区 
    門司港レトロ地区多目的広場一帯
 
■イベント内容:
カーショー、スワップミート、バンド演奏、小倉祇園太鼓、その他ただいま企画中。賞も多数用意致しております
 
■特別ゲスト: 津々見友彦
      (元日産・トヨタ・いすゞワークスドライバー)
 
■入場料: 無 料
 
■エントリー資格:
1975年(昭和50年)迄に製造された3、4輪車とその同型車で自走可能なものと、主催者が特に認めた車両。但し、外観、内装、車高、エンジン等が著しくオリジナルと異なる車輌はお断り致します。 
 
■主催: 門司港レトロカーミーティング実行委員会
 
■お問い合わせ: 門司港レトロカーミーティング実行委員会事務局
        093−321−4006

 
第3回門司港レトロカーミーティング写真集
http://mojiko.com/event/2008_1019_RCM/

第2回の写真集はこちら。 
http://mojiko.com/event/2007_1021_RCM/ 
  
第1回の写真集はこちら。
http://mojiko.com/event/2006_1022_RCM/

画像は、今年のポスターと私の撮った元絵になった画像です。ぱっと見、合成と思われるらしいのですが、ご覧の通り手前のバンと友好図書館とレトロハイマートの三点は合成したのではありません(^o^)v。
ポスターデザインは富豪2夢路(ふごふごゆめじ)さんという方。プロレスラーにしてクリエイターという異色の二足のわらじを履くアーティストです。


10/19追記:  無事終了しました。今年も盛会でした。
          →取り急ぎここここをどうぞ。


20090917dsc00748

20090917dsc02102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

ナンと蕎麦屋と 久々に街を歩けば・・・

門司港の魚住です。

うちの会社どうなるんでしょうねぇ、な今日この頃。
担当大臣が決まったそうで。
ふーん、所管は総務大臣じゃないんだ、ふーん、とちょっとそこが興味深いところです。まぁ何がおこるか拝見させてもらいます。生暖かく。実際それしかできないわけですし、どう転んでも幸せな未来図は期待しない方がよさそうな悪寒。我々は相変わらず贄か綱引きの綱ってところでしょう。


さて、精神的尻餅状態で月・火曜と二日も休みがとれてぼさーと久しぶりに門司港をぶらぶらしたりできました。
で、新しいお店が出来ていたのに気がつきました。

一つはレトロ地区のカレー屋さん。お店の人、みんなインド人でした。
焼きカレーじゃない、いわゆる本当の普通のカレーのお店です。
久しぶりに食べたナン、美味しかったです。
子供ができて、小倉のガネーシャにもいかなくなっていたので、門司港にこういう店ができることは歓迎です。

もう一つは、実家の近所、「仙」という蕎麦屋さんができています。
へぇ、ここに、という場所。
私自身は、最近蕎麦を口にしなくなったのですが、繁盛してほしい、と思います。

20090916dsc00728

20090916dsc00743

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

ん? なんか妙なイベントがあるみたいだ

門司港もイベント会場としてメジャーになってきた、ということでしょうか?
来てもらえる、ということは基本ええことやと思います。
しかしどういうビジュアルになるのだろうか・・・。

着物日和なんか、ごく自然に普通の風景でしたけど、これで来た皆さんが普通に日常風景にとけ込んでいたら、ある意味怖い街です^^;

「コスプレピクニックin門司港レトロ」
http://picnic.lime-and-peach.com/mojiko/index.html
いつかはロケしてみたい!と、コスプレイヤーなら一度は憧れた門司港レトロで初のコスプレイベントを開催!
門司港レトロ地区のほとんどで行動可能です!

いや、憧れてくださって、ありがとうございますm(..)m
金田さんたちのベネチアカルネバーレ(参考)を見ているから、こっちは結構免疫ある気がします^^;
鉄系の人、ぜひそのカッコでトロッコ列車も乗ってやってくださいm(..)m
http://www.retro-line.net/

蛇足ながら、
折角の記念に、切手買って風景日付印とか押してハガキでも出して帰られたらいかがでしょう。
元の職場(郵便事業会社門司港支店)は9時から12半まで商売してますんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備忘録 自民党のネガティブキャンベーンについての戯言

小泉さんは自民党を公約通り壊しましたけど、新しい立ち位置はちゃんと見せた訳ですが、安倍さんが見事に台無しにしましたね。
あのネガティブキャンペーンくらい自民党が根無し草になってしまったことを表したものはなかったと思いますが、あのネガティブキャンベーンって私は春の鳩山騒ぎから必然的に導き出されたものではないか、と思います。
ああいう成功例からあのキャンペーンの実施に繋がる思考の流れがあったのではないか、と思います。
そう考えたら、"健全野党としての自民党"の再建は期待薄な気がしています。同じぼろ負けでも、小泉路線堅持だったら、それは「右の自民、左の共産」的に一つの政治思想の立場で一定の岩盤支持を保てたのでしょうけど・・・。

mixiで書いたコメントです。備忘録として。
それにしても、あの政党大丈夫なんでしょうか?
「貸し剥がし倒産」の危機
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090914-00000001-aera-pol
野党転落、議席激減でピンチとなるのが自民党の台所事情。実はずっと「借金浸け」だった。
政党交付金と献金の減少で、「倒産予測」も出始めた。

なんて記事も出ていますけど・・・。
銀行融資を受ける際には歴代の幹事長と経理局長が連帯保証してきたなんて、ちょっとびっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

わぁ、この画像いいなぁ・・・

とっても良い画像を見つけて、ちょっと気分が良いです。
今日も気分は森の中。:星巡るベンチで
http://blog.livedoor.jp/fuuma_mfuk/archives/51666158.html

最近忙しくて画像upできなくてスミマセン。
こういう画像を見ると、撮りたい意欲が出てきますね。
どうやら暇になりそうですし。

私らどうなるのやら。
無かった事になって現状復帰なのか、それとも志願した事自体が犯罪視されどこかで配所の月を眺めることになるかも・・・
敗残の身、何処に置くことになるのでしょうね。
(まぁ大臣の言う「無理でしょ。準備できてないでしょ?」という判断には最前線の一兵卒として全く同意しますけどね。西川さんのミステイクは、今隷下にいるのは"野武士集団"と呼ばれた住友の人々ではない、というところでしょうか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

これは「国民の共同財産」の「外資への切売り」と罵られないのかな

日航 デルタ航空と資本提携へ
深刻な業績不振に陥っている日本航空は、世界最大のデルタ航空と資本提携し、数百億円規模の資本支援を受ける方向で、本格的な交渉に入ったことが明らかになりました。日本航空は今後、世界最大の航空グループの一員として経営の抜本的な改革を目指すことになります。
NHKニュース 9月11日 19時42分
http://www.nhk.or.jp/news/t10015451101000.html

これって、「国民の共有財産」が「外資への切売」をされた、とヒステリックに騒ないの?

ついこの間、内情のよく分からんホテルチェーンを国内の金融会社に売却しようと当の親会社が決めた時ですら、そういって騒いでその会長は刑事告訴だって話になっているのに。
これこそ税金で育てて来た国民の空の足を外資に売り払う売国行為じゃないの?

さぁ、宇宙人兄弟よ、立ち上がれ。きっと金星人が告げている。
そもそも今までの改革すら間違っている。路線廃止なんてサービス低下は許されない。
官営に戻すべき。
なに金?
大丈夫、金ならある。
なんたって日本には郵貯・簡保の三百四十兆円という世界に冠たる膨大な金融資産がある^0^

あぁー、寒い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

だから言ったじゃあーりませんか

「昨秋ならこんな負けなかった=麻生首相」
 麻生太郎首相は9日午前、首相官邸で海洋政策研究財団の秋山昌廣会長と会談した。首相はこの中で、衆院選の自民党惨敗に関し「昨年秋に衆院選をしていたら、こんなに負けていなかった」と述べた。
 首相は昨年9月の就任直後にも衆院解散のタイミングを探ったが、米国発の世界同時不況への対応を優先し、解散を今年7月まで引き延ばした経緯がある。秋山氏によると首相は、「(昨秋解散していれば)経済対策はできなかった。その辺は民主党にも分かっている人はいる」とも指摘。また、「選挙前で1キロ、選挙中で1キロやせた」と厳しい選挙戦を振り返っていたという。

 (2009/09/09-12:38)
時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009090900377

だから、内需拡大をテーマに腐敗選挙を、と言ったのに^^;
景気刺激は選挙だ!! 酔っぱらいの戯言
景気対策を口実に・・・嘘っぱちじゃん高速道路1000円化で鷺を見に行こうってか
景気刺激選挙の論 コメントを受けて補足

と、朝から怪しいこと呟いて、ついでにこんな記事も読んでちょっとブルーになって、さぁ仕事いこうか。

私の職場は、さていつまでこの世にあることを許されるやら・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

は? 国会の首班指名は白紙で投票って、本気でそんなこと言っているの?

「雪斎の随想録」というblogがありますが、最近のエントリーに、
敗戦責任における「礼儀」」という一文があり、
自民党議員は、断固として首班指名選挙で「麻生太郎」と書け。これが自民党再起の第一歩である。
という激が書かれていたのが実は私は不思議でした。
だって当たり前のことでしょ?麻生さんの後継決まっていないのですから。この党の代表は今でも麻生太郎氏でしょ?

それが、さっきテレビつけたら、「首班指名で麻生太郎と書きたくない」と言う国会議員とか「ならば鳩山一郎と書け。吉田はそうさせたぞ」と叱りつける老政治評論家とか、わぁわぁやっている・・・。

本気の話だったんですね。皆で白票投じましょうよ、って呼びかけている議員がいるって話。

情けない。
国会の首班指名は、党首選挙じゃないでしょ。選良たる平等な議員の互選による自分たちの首領選出でしょう。政党作っておいて、今の自分たちの党の代表が気に入らないし誰に入れても角が立つから皆仲良く白票で、なんて真似するくらいなら、堂々と自分の名前書けばいいだけの話では?
選挙が苦戦だったなら、なおさらのこと、自分をその場に送り込み一票与えた国民・支持者の顔くらい浮かべろよ。自分勝手にそこにいるわけじゃないでしょに。そんな仲間内の話で神聖な信託裏切るような人々は、国会始まる前に自主的に議員やめてほしい。
以下略
(批判と余生の提案が悪口雑言に過ぎたので削除しました。
まぁ、読んで鶏冠に来る位悔しいと思えるならまだ目はあるのでしょうけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

ショックだったこと (その時が来たらしい)

一昨日の夜のこと。請け負っている小包の配達が、配置した外務員だけでは間に合いそうにない、ということで事務方の私も配達に走ったのです。
(前に報告した通り、私は今"JPエクスプレス"という日通と合弁の小包取扱会社へ出向してます)
足立山の麓、そもそも知らない夜の住宅街の中、うろうろして二時間かけて四つしか配達できない惨状の中で、その事に気がつきました。

道脇に車を止めて、外の家にある住居表示を見て、薄暗い車内灯で住宅地図の細かい字を凝視する。
なぜだろう?何と書いているのか、読めない・・・。
暗いせいか、とも思いさらに顔を近づけて凝視する。
視野は明るくなったが、全く分からない・・・。

時間がないのと気がついた健康上の異常に殆どパニックになりそうでした。
「こんな症状の病気って何かあったか? 目か、視神経か、はたまた脳か? いや、"頭"ってことなら、確かに元々"変"かもしれんが・・・。」
と一通り怯えてから、ふと気がつく。
「なぜ、隣の店の看板はちゃんとクリアーに見える?(乱視だから多少二重だが) なぜ車の運転に支障がなかった?(視野も十分広い)」

はっ、として、地図を少し顔から遠ざけてみる。
文字にきちんとピントがあう。(もっとも小さい字だから読めないことにかわりない)
・・・。
これって、加齢性の遠視?(一般的名称の方は、使いたくない!!)

それで、翌日気がつきました。私、本や書類を読む時、普通は無意識に顔を書類に近づける筈なのに、無意識に少し距離を取って読もうとすることに・・・。

ちょっと前に、「それに気がついたからショックだよ」と言われたことがある、個人的エポックメーキングが、いつの間にかやって来ていたとは・・・。
なんか最近急に星見ようか、という気になったのも、よく分からない心境の変化ではなくて、肉体的な要求だったのか。とちょっと納得。

一度検査してもらって、眼鏡作ろうかなぁ。
対インフルエンザ用装備としてゴーグルもっているのですが、さすがにこれは日常使えないなぁ、と思っていたので、あるいは目からの感染にガードを始める良い口実なのかも。

さて、今日の夜勤は、総動員令もスクランブルもなしということでお願いしたい・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

この意見は正しいと思う。

ちょっと古いエントリーなのでしょうが、読んで納得したのでご紹介。こちらの最後にある
「2009年7月1日 水曜日   ビール税制改革のススメ」
は本当に実施してほしいと思います。

梅本さんのサイト
http://homepage2.nifty.com/itsuro_umemoto/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

目新しい事しなきゃいけないし、とりあえず「役所から判子取り上げる」とでも言い出したらいかが?

民主党政権、できるだけ早く新機軸を打ち出して斬新を売り出さないといけないのでしょうけど、このままでは政権発足までに政権協議を「団体交渉の場と勘違いしているかもしれない人々」と国民に思われる危険のある人々と、「あの小泉さんすら自民党を再興するために切って捨てた旧利権政党の残滓」と国民に思われる危険のある人々と、徹底抗戦の小田原評定を繰り返させられて、あっというまに幻滅を与えるかもしれませんね。果たして来年夏の参議院まで人気は保つかな?
(某公明党さん、出番ですな)

とりあえず目新しいことを、ということで、「役所から判子取り上げる」、って言い出したらいかがでしょうか?

いえ、稟議で廻る文書の認めに印鑑押しても認証としては認めません、サインしなさい、そう文書管理の法律を変えます。と通達するのです。

言葉の使い方次第手は、なんか凄いこと始めそうな感じを受けるでしょ?
世間に斬新さを打ち出せてけっこう役所の中の人々も驚かせて、でも本当は仕事の内容には何も影響は与えない、というその実せこいPRジャブです^^;

まぁそんなことしているうちに、本当の仕事を始めたら、誰もそれがどうなったかをいちいち気にしたりしないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

戦い済んで (「日が暮れて」もらっては困るのだけど・・・)

麻生さんは、res publica に殉じたということでしょうか。

私は、「日本国の経済をどん底に落とすことを防いだ」その果断な財政政策を見て、自民型政治の命数が尽きたことを人々が確信したのではないか、という感想を持ちます。「ここまで届くまでなんぼ消えんのか?」「なんであれに寺銭払わんと得られんねん」と。

そして、国民はエンドユーザーに直接お金を配分することを約束した民主党を新しいシステムとして選んだ、ということではないでしょうか?
二十年一剣を磨き続けた巌窟王の執念を裏書きと信じて。

願わくば男爵にはかくも老いたものではない、健全・健康な手足を与えたかったものです。

極東ブログの「God Bless You, Mr. Aso, or Father in secret」というエントリーににコメントした駄文です。
備忘録として。

日頃廻っているサイトやblogにも今回の選挙が終わって色々とコメントが出ていますが、激多忙であんまり読めてない状態です。
かんべえの不規則発言の9/1の「総選挙から2日たったら、もう政治の話が消えてしまった。 フォロワーシップの問題が大きい 選んだ側にも責任がある」という内容の記事とか、ホリエモンのコメントや観測とかも、とても面白いなあ、とか思いますが、ゆっくり読めない今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »