« ことしも行うのか「きもの日和」 | トップページ | はぁ?自分で何を言っているのか、分かって喋っているのだろうか? »

2009年10月10日 (土)

亀井さんの罵りに思い出したニコンとキャノンの比較記事

「日本で家族間の殺人が増えているのは、経団連に責任がある」そうです。
一国の大臣が言ったのですからただの放言ではないですね。これを麻生さんが言ったら、こんなに朝野をあげてこうも冷静な状態ではなかったでしょうね。なんでだろ?

niftyにココログニュースというサービスがあるのですが、そこのネタになっていて、色々とコメントがついています。
http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/domestic-200910071629/1.htm
殺人増加 経団連に責任? - 2009.10.07 17:01
その中にこんな"褒め殺し"が
みんな、亀井さんの意図を誤解してますね。
あの人は、こう言いたいのですよ。
「おまえら、この国はもうダメだから、ここまで言ってやるから、心おきなく世界に出て行け」
亀井さんは、後世の悪評を一心に引き受けて、優良日本企業が将来のない日本を脱出する口実をつくってやったんですよ。ここまで言ったら決裂して席を立つのは当然の悪罵を投げつけることで、国を後にする後ろめたさを彼らから取り除いてやったんですよ。
うん、えらいねぇ、漢だねぇ。

それに対して、
出て行く企業は出て行けばいいんだよ
企業が日本から出て行くには、かなりの覚悟が要ります。昔、ハオハンが失敗したように、ただの商売ではないのです。資本と金融の戦争に巻き込まれて、飲み込まれるのが堕ちです。
日本国内で政界と攣るんで、甘い汁を吸ってきた経済界が営んできた経営なんて、野球で言えば草野球のようなもので、プロでは通用しません

と、いうコメントがついてました。

ああいう無責任な場に浮かんでくる反応は、総じて亀井よく言ったえらいぞわっしょい系みたいですし、日本の企業という基本他所(世界)で通用しないダメ連中が社会正義をねじ曲げて甘い汁吸っている系の世界理解がスタンダードみたいな感じを受けるのでが、そうかなぁ・・・。

実は、この話で半年くらい前か、あるルポを思い出したのです。
それがこれです。
「キヤノンの一眼レフで不良事故が多発する理由、製造請負依存の死角」(上下)
http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/523d7307d7465dc8c5293f541b6a0e3c/page/1/
http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/44dfb22fc8e7ad2fba4e5ebd41f5e9fb/page/1/
ルポ中に画像で纏められているのですが、品質のニコンと利益のキャノンの対比で注目は、製造地。
実は品質のニコンはタイ製で、不良品激発と批判されているキャノンは日本製なんです。
http://lib.toyokeizai.net/public/image/2009042200165794-1.jpg

この記事は、キャノンが請負や派遣を使って勤労者人民を搾取している、という取り方もできますが、真逆に、ニコンを見てみろ、さっさと海外で作ればちゃんと利益も出て品質も守れる、人殺しと罵られることもない、という見方も可能なわけです。

工場って、実はちゃんと仕組みをつくって仕切りをしっかりすれば同じ品質は出せるのでは?
別に日本人の手に特殊なハンドパワーがあってハイテク製品が生み出されているわけではないでしょう。

亀井人殺し発言とそれに喝采を叫ぶ人々を見て、世界的に経営サイドの日本人忌諱が高まらねばいいけど、とちょっと心配です。

人口は減る、特に若者は減って、残るのは上から目線で俺様な年寄りばかり。品質に要求は高いが要求のピントが得手勝手に外れているから作り手として参考にもならない"いちゃもん(因縁)"でしかない、大して儲かるわけでもなし、敬して遠ざけとけ、というのが対日本人のトレンドになる日がくるかもしれないなぁ、とか思う今日この頃です。
あー、ブルーな朝だなぁ。


追伸
大前研一氏がこんな事書いていたのですかね。
産業空洞化はここまで進んでいるのか、そりゃ雇用もないわね、と驚きです。

大前研一の日本のカラクリ
http://president.jp.reuters.com/article/2009/09/24/3CEC4D04-A1AE-11DE-8B38-94113F99CD51-1.php
日本は「富の創出」どころか、「富の流出」という大問題を抱えている。メーカーは国内の高賃金を嫌ってさっさと海外に出ていった。もはや国内に滞留するのはサービス業だけ、と思うかもしれないが、それも認識違いだ。
たとえば、スーパーで売っている鰻。日本で焼くと高くつくから、今はほとんど中国で焼いている。鰻をさばいて焼いて、タレにつけてパックして、スーパーのラベルと値札まで中国でつけて日本に送ってくる。焼き鳥も同じような過程を経て店に並ぶ。
つまり商品の産地だけではなく、店内作業も海外に移っているのだ。日本のスーパーの店頭で行われるのは商品を陳列するだけ。これはサービス業における「雇用の喪失」である。時給1000円になれば、それがもっと徹底される。アメリカのハイパーマートのように、陳列棚に並べないで、輸入した箱の中から商品を勝手に持っていけ、という感じになる。

|

« ことしも行うのか「きもの日和」 | トップページ | はぁ?自分で何を言っているのか、分かって喋っているのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/46445123

この記事へのトラックバック一覧です: 亀井さんの罵りに思い出したニコンとキャノンの比較記事:

« ことしも行うのか「きもの日和」 | トップページ | はぁ?自分で何を言っているのか、分かって喋っているのだろうか? »