« そりゃそうだ | トップページ | 土曜日に新田祭りというのがあるそうです »

2009年10月15日 (木)

「雇用のない荒野」日本の若者への一時的救済方法

「雇用のない荒野」と化しつつある日本。
仕事がないというのは、辛いものです。金がないことももちろんですが、特に日本の場合、精神的にも寄る辺がない、という部分も大きいです。

実は、相当に安易で使い古された方法ですが、若い奴だけ、一・二年の期限限定ですが、確実に救済できる方法が一つあります。
徴兵制をひけばいいのです。

18から25位までの間の任意の二年ほど、兵役につくことを義務づければ、最低限いい若い者が金もなくぷらぷらせざるを得ない、どこに行っても「いらないよ」と言われつづける屈辱状態は回避できます。
兵営にいる間は、何も鉄砲もって走らせる訓練ばかりではなくて、護身術・応急手当等の知識も得ることになりますし、武器のみならず、円滑な命令伝達のためにも必要となる国語力(と場合によっては英語力)の確保+PC等通信機器の原理と使用の訓練も科されることになるし、雀の涙でも日当を出すことにしたら、基本生活全部国が丸抱えですから溜めれば結構な金額で除隊の時には起業なりの元手が得られるかもしれません。

国としても、結構なインフラ事業が社会に提供できるでしょう。兵営で着せて食わせて寝かせることが必要ですから、そのための備品も用意しなければいけないし、それらは営繕してゆく必要があるのですから。そして、彼らの健康管理はもっとも重要なポイントですから、現在の任意中心では市場のか細さから技術革新以前に存続も危うくなっているらしい予防接種等の公衆衛生分野なんかは、岩盤市場が成立することになりますから、産業規模として一定のサイズが確保できることから生まれる供給力は、国民全体の利益と考えてよいのではないでしょうか?

今の日本で、彼らを戦場で危険に晒したり戦死させるリスクがどのくらいあるか、また、そうしたい奴がいるのか、と考えると、国防というよりも雇用対策と社会的訓練の機会として兵役を考えるのもありうるのではないかと思うのですが、いかがでしょうね。
こんなことを考える私は、許されざる右翼でしょうか^^;

まぁ、アフガンに連れて行かれるかも、というのは怖いのですが、そうさせないために大人の政治があるわけですし、泰平の世の中でも、ぐれて珍走族にでもなって事故で死ぬリスクやら金のなさと無聊さに妙な薬に溺れたり世間を恨んで刃物振り回すリスクというものはあるわけで、人生棒に振るリスクは実はそんなに変わらんのではないか、という気がするのですが、いかがでしょう。

なんでも、隣の大国は今時時代錯誤だとも言われた大軍事バレードを挙行した影響か、志願兵激増で嬉しい悲鳴らしいです。
軍事パレード効果? 中国で入隊希望者が急増
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091014-00000511-san-int
10月14日9時42分配信 産経新聞
 【上海=河崎真澄】中国で人民解放軍への入隊希望者が急増しているようだ。軍機関紙の解放軍報などによると、北京地区では今月の募集で通常よりも40%近く応募者が増えた。軍関係者は建国60周年を迎えた国慶節(1日)の軍事パレードで若者や親が刺激を受けたためではないか、とみている。就職難が続く大学生の入隊希望者も増えている。

 ここ数年、進学率の向上などで入隊希望者は減少傾向にあったが、北京地区など各地で今月に入って大幅な増大に転じた。今月応募してきた若者の約90%が、国慶節の軍事パレードへの感動を理由にあげた。

 大学生の間でも就職先として軍の人気は高まってきており、今年は12万〜13万人の大卒者が入隊する見通しだ。大卒者の入隊が年間10万人を超えるのは初めてだ。金融危機で外資系企業が採用数を減らすなど就職難が背景にあるが、「軍事パレード効果」も大きいと軍の関係者はみている。

 こうした動きの中で、軍は7日の「全国徴兵工作テレビ電話会議」で各軍区に対し、募集の重点をこれまでの農村青年から大学生にシフトするよう指示した。「軍事パレード効果」をテコに、軍の人材高度化を進める作戦か?


「作戦か?」って、いつから産経はスポーツ新聞になったんだよ、な突っ込みを入れたいところですが、あの巨大バブルの旋回している国でも、「大学は出たけれど・・・」な状態だそうですから、兵役は手っ取り早くご飯食べる方法なのでしょう。国としても、彼らの不満が爆発して愛国無罪で暴れられたら屋台骨に響きそうですから、兵営に入れちまえば監視もきくし、もっとも手っとり早い解決策でしょう。

|

« そりゃそうだ | トップページ | 土曜日に新田祭りというのがあるそうです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/46489400

この記事へのトラックバック一覧です: 「雇用のない荒野」日本の若者への一時的救済方法:

« そりゃそうだ | トップページ | 土曜日に新田祭りというのがあるそうです »