« JAL再建のため、融資と出資を腹一杯受けたところでモラトリアム発動・・・とか | トップページ | おっさん、またやるんかい »

2009年10月 2日 (金)

日式牛肉麺

肉うどん、そう呼ぶのも可能なんですね。
最近、香港・台北のみならず、上海等中国本土でも日本式の「うどん」が進出しているらしくて、 「烏冬麺」(ウードンメン)とか「烏龍麺」(ウーロンメン)と呼ばれて食べられているそうです。
いや、これは"たまや"の旦那さんの受け売りですが^^;

先日の仕事帰り(もうすぐ日付がかわる頃^^;)に「かすうどん」ってのを食べました。
前から、名前が気になっていたのですが、ああいうホルモンの使い方もあるのですね。

丸腸とかを煮込んで煮込んで油を捨てたものを油かすと呼んで、それを天かすと一緒に具に使う。出汁もかなり濃い目でした。
店を出た後に唇をねぶったら、なんか口紅のように油が塗っているような感じがずっと残ったので、見た目よりも油ぎとぎとなうどんだったです。

普通の肉うどん、かすうどん、どきうどんと、それに温・冷とで、肉うどん専門店ってのもありなのかも、とか思いながら、その日は最終一本前に乗って帰宅しました。

さて、その仕事に行ってきます。
本当なら、今ごろは会社立ち上がりで職場となりのバーパスから出勤も覚悟していたのだけどなぁ・・・。参考
事務屋に戻れる最後の機会だろうと思って行って、碌に事務が無く(誕生前におじゃんだから残務整理すらないわな)、ひたすら配達の手伝いで小包配っている日々。
今日は雨かぁ・・・、雨具のある筈のない内務便(東京急行とでもよんでくれ^^;)は辛いな。

|

« JAL再建のため、融資と出資を腹一杯受けたところでモラトリアム発動・・・とか | トップページ | おっさん、またやるんかい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137940/46367969

この記事へのトラックバック一覧です: 日式牛肉麺:

« JAL再建のため、融資と出資を腹一杯受けたところでモラトリアム発動・・・とか | トップページ | おっさん、またやるんかい »